現在、自費出版まで含めると1日に200~300冊の本が新たに出版されているといわれています。1年間では約8万冊です。これだけの本が出ているため、本を売るのはとても大変です。

一方、それだけたくさんの本が毎日出ているため、無名著者であっても本を出しやすい環境であるともいえます。年間8万冊もの本が出ているのであれば、その中の一冊くらいあなたの本が紛れていてもおかしくないように思わないでしょうか。

出版を実現できる人は、1日に200~300冊も本が出ていると聞いたときに「これはチャンスだ!」と思える人です。前述の通り、本を出せるチャンスが多いからです。たとえ新人であっても、本を出せる人はすぐに出せますし、いつまで経っても出版できない人はいくらでもいます。要は、その人の考え方次第です。

新人も既存の作家も関係ない

既にベストセラーを何冊も出した大御所なら別ですが、既存の作家も新人作家も大きな違いはありません。出版社にとって「内容の良い本が仕上がり、後はそれが売れるかどうか」が最も重要な要素だからです。

そういう意味では、しっかりした企画提案ができるのであれば、既存作家よりもあなたの企画が採用される可能性は高いです。既に出版を行っている人も同じように企画提案して出版社へ売り込んでいるため、同じ土俵で戦って勝てばいいだけなのです。

そもそも、普通に社会に出て働いているのであれば、誰でも一冊くらいの内容を書けるコンテンツをもっているはずです。

別に輝かしい実績を持っている必要はありません。むしろ、普通のサラリーマンが頑張った結果として作り上げた成果の方がコンテンツになります。

例えば、東大を卒業後にハーバードへ留学し、大手商社へ就職した人の話をあなたは聞きたいでしょうか。多分、「それはあなたのようなスーパーマンだから出来たのであり、自分にはどうせ無理だ」と思うでしょう。これと同じように、普通の人が成功した話を多くの人は知りたいのです。

つまり、「普通の人であること」が一番に強みになります。あなたが自分のことを凡人だと思い、かつサラリーマン経験があるのであれば本を書くことができます。

今の職業で給料をもらっている以上、あなたは何かしらのプロフェッショナルです。そうでなければ、お客様から対価(お金)をもらうことはできません。他の人よりも知識があり、サービスを行えるからこそ給料をもらえるのです。

もし自分のことをプロだと思っていないのであれば、今すぐに意識を変えてください。それだけで、仕事への取り組み姿勢が変わってきます。

出版とビジネスの考え方は同じ

私がビジネスを教える時、「小学生の方や今まで社会貢献をしたことのないニート以外であれば、誰でもビジネスができる」と話します。それまでに積み重ねてきた経験により、誰でも他人より優れているものがあるからです。これをビジネスにすれば稼げます。

実際、私がサイト運営を始めたときは大学二回生のときであり、このときにサイトへ広告を張るだけで月4000円くらいの収入がありました。当時は何も考えていませんでしたが、今から考えると「お金を得ている」という時点で立派なビジネスです。

当時の私の強みは、「薬学部で薬を勉強している」ことでした。薬剤師経験がなく、深く薬のことを知らなかった大学生の私であってもビジネスが可能だったということです。

これは、出版にも同じことがいえます。普通の人が他の人よりも少し優れた部分をもっていれば、それが出版するときのコンテンツになります。だからこそ、一般人であっても出版は十分に可能です。

さらに言えば、インターネットを活用してアクセスを集められる人であれば、さらに出版が容易になります。アクセスを集められる人は「他人が面白いと感じさせる文章を書く」ことができるからです。

インターネットを使ったビジネスでは、サイトとしてあなたの知識をウェブ上に情報発信し、そこにアクセスを集めることで収益化を図っていきます。これを紙の媒体として情報発信すれば本になります。要は、情報発信の方法が「ウェブ」になるのか「紙」になるのかという違いだけです。

これは、学生であっても問題ありません。前述の通り、私がサイト運営を始めたのは大学生のときです。在学中に人気サイトへと育ってしまったのですが、これを紙媒体として出版すれば本になります。

これらの事実を認識し、「自分なら確実に出版を行うことができる」と信じることのできる人だけが本を出すことができます。なぜなら、出版を行うこと自体に特別な才能は必要ないからです。

出版コンサルティングの実施

book-onsulting2 botton3