自身のブランド化を行うために出版はとても有効です。ただ、残念なことに出版することが目的となっている人がいます。

何でもいいから本が出れば良いわけではありません。そうではなく、あなたの実業と照らし合わせて出版を行う必要があります。あなたのビジネスと関連付けて出版を行えば、一冊の本が強力な威力を発揮することになるでしょう。

ゴールから物事を考える

多くの人はスタートから物事を考え始めます。出版であれば、「本を出すこと」を一番に考え始めます。ただ、そのような考え方をしてはいけません。

確かに、小説家を目指すのであれば「本を出すこと」を第一目標にすれば良いです。しかし、このページを見ている方はそうではないと思います。ビジネス書、実用書を書きたい方が大半だと思います。その場合、「本を出すことで、あなたのビジネスをどのように加速させたいのか」を考えるようにしてください。

つまり、ゴールから逆算していくのです。そのためには、どのような内容の本を書かないといけないのか見えてくるはずです。初めて出版を行おうと考えている著者の多くは特にこの視点が抜けているように思います。例えば、前述の通り出版すること自体がゴールになっている方がいます。

また、センセーショナルなことを書いて読者の注目をひくことだけを狙っている方もいます。この場合、多くの人の反感をかって出版が逆効果になってしまいます。このような愚かな行為をしてはいけません。

本来であれば、実業へ活かすためのブランディング化ツールとして本を活用しなければいけません。

出版によって本業のビジネスに勢いがつき、稼げるような仕組みをあらかじめ考えておくのです。これによってビジネスで稼げるようになれば、さらに広告費を投下して本を売っていってもいいですし、新たな出版をすることで知名度を広げていってもいいです。

このような好循環が生まれるようにすることが、出版を行う本当の意味です。そのために全ての力を注いだ本を書けば、その一冊があなたの価値を最大限まで高めてくれるようになります。

本を使ってリストを集め、バックエンド販売を行う

新書などの本は難しいですが、ビジネス書であればたいてい折り込みチラシが入っています。そこには、「メールアドレスを入力するとプレゼントがもらえる」というような、著者からのオファーがあります。これは何を行っているかというと、リストを集めているのです。

リストとは、顧客リストのことを指します。個人情報といった方が分かりやすいかもしれません。何万円もする有料級のサービス(教材や過去のセミナー映像など)を無料でプレゼントするのです。

本の内容が役に立ったのであれば、読者は高確率で無料サービスに応募してくれます。このときにリストとして、読者の「名前」と「メールアドレス」を手に入れることができます。

このメールアドレスは、あなたの本を読んでくれたかなり濃いお客様であることが分かります。あなたのために書籍代を支払い、わざわざ時間を取って本を読み、さらには本の内容に何かを感じて無料サービスに応募してくれた人だからです。

そこに対してセミナー開催してもいいですし、新しいサービスを開始したいときに告知をしてもいいです。よくある自称ネット起業家のように「無価値な情報商材をオファーしまくる」などの行為を行わず、誠実に読者に対して有益な情報を提供し続けていけば長い付き合いになることでしょう。

ちなみに、セミナーを開催するときはバックエンド(高額商品)の販売を必ず検討してください。

本を読んでセミナーへ来てくれた読者の中には、高額なお金を支払ってでもあなたの個別サービスを受けたいと思っている方がいます。このような方の不満を解消するため、セミナー後にあなたはバックエンドを販売しなければいけません。

ちなみに、本の中に挟むチラシはA5サイズでも、それより小さい紙でもかまいません。この時は、ピンクかブルーの紙であると反応率が格段に上がるといわれています。理由は簡単であり、目立つからです。白ではあまり反応は良くありません。

ただし、目立ちすぎる紙は良くないとされています。赤や黒のチラシでは逆に敬遠されるため、反応率は落ちてしまいます。

また、オファーのチラシをハガキ形式にしてもいけません。出版社が行うアンケート用紙と間違われるためです。ハガキ形式では反応率が落ちます。

今回はリスト収集のために「メールアドレスを集めること」を例に出しました。ただ、別にメールアドレスでなくても、「出版セミナーへ無料招待します」「無料DVDをプレゼントするので、この紙に必要事項を記入してFAXしてください」というオファーでも構いません。

この場合であれば、メールアドレスの他にさまざまな情報を入手できます。

要は、あなたが行いたいビジネスモデルによってオファーの内容が異なるのです。だからこそ、ゴールを見定めた後に出版を行うことが非常に重要なのです。

出版コンサルティング

book-onsulting2 botton3

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録