ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

本を出すとあなたのビジネスが加速する

 

自身のブランド化を行うために出版はとても有効です。ただ、残念なことに出版することが目的となっている人がいます。

 

何でもいいから本が出れば良いわけではありません。そうではなく、あなたの実業と照らし合わせて出版を行う必要があります。あなたのビジネスと関連付けて出版を行えば、一冊の本が強力な威力を発揮することになるでしょう。

 

 ゴールから物事を考える
多くの人はスタートから物事を考え始めます。出版であれば、「本を出すこと」を一番に考え始めます。ただ、そのような考え方をしてはいけません。

 

確かに、小説家を目指すのであれば「本を出すこと」を第一目標にすれば良いです。しかし、このページを見ている方はそうではないと思います。ビジネス書、実用書を書きたい方が大半だと思います。その場合、「本を出すことで、あなたのビジネスをどのように加速させたいのか」を考えるようにしてください。

 

つまり、ゴールから逆算していくのです。そのためには、どのような内容の本を書かないといけないのか見えてくるはずです。初めて出版を行おうと考えている著者の多くは特にこの視点が抜けているように思います。例えば、前述の通り出版すること自体がゴールになっている方がいます。

 

また、センセーショナルなことを書いて読者の注目をひくことだけを狙っている方もいます。この場合、多くの人の反感をかって出版が逆効果になってしまいます。このような愚かな行為をしてはいけません。

 

本来であれば、実業へ活かすためのブランディング化ツールとして本を活用しなければいけません。

 

出版によって本業のビジネスに勢いがつき、稼げるような仕組みをあらかじめ考えておくのです。これによってビジネスで稼げるようになれば、さらに広告費を投下して本を売っていってもいいですし、新たな出版をすることで知名度を広げていってもいいです。

 

このような好循環が生まれるようにすることが、出版を行う本当の意味です。そのために全ての力を注いだ本を書けば、その一冊があなたの価値を最大限まで高めてくれるようになります。

 

 本を使ってリストを集め、バックエンド販売を行う
新書などの本は難しいですが、ビジネス書であればたいてい折り込みチラシが入っています。そこには、「メールアドレスを入力するとプレゼントがもらえる」というような、著者からのオファーがあります。これは何を行っているかというと、リストを集めているのです。

 

リストとは、顧客リストのことを指します。個人情報といった方が分かりやすいかもしれません。何万円もする有料級のサービス(教材や過去のセミナー映像など)を無料でプレゼントするのです。

 

本の内容が役に立ったのであれば、読者は高確率で無料サービスに応募してくれます。このときにリストとして、読者の「名前」と「メールアドレス」を手に入れることができます。

 

このメールアドレスは、あなたの本を読んでくれたかなり濃いお客様であることが分かります。あなたのために書籍代を支払い、わざわざ時間を取って本を読み、さらには本の内容に何かを感じて無料サービスに応募してくれた人だからです。

 

そこに対してセミナー開催してもいいですし、新しいサービスを開始したいときに告知をしてもいいです。よくある自称ネット起業家のように「無価値な情報商材をオファーしまくる」などの行為を行わず、誠実に読者に対して有益な情報を提供し続けていけば長い付き合いになることでしょう。

 

ちなみに、セミナーを開催するときはバックエンド(高額商品)の販売を必ず検討してください。

 

本を読んでセミナーへ来てくれた読者の中には、高額なお金を支払ってでもあなたの個別サービスを受けたいと思っている方がいます。このような方の不満を解消するため、セミナー後にあなたはバックエンドを販売しなければいけません。

 

ちなみに、本の中に挟むチラシはA5サイズでも、それより小さい紙でもかまいません。この時は、ピンクかブルーの紙であると反応率が格段に上がるといわれています。理由は簡単であり、目立つからです。白ではあまり反応は良くありません。

 

ただし、目立ちすぎる紙は良くないとされています。赤や黒のチラシでは逆に敬遠されるため、反応率は落ちてしまいます。

 

また、オファーのチラシをハガキ形式にしてもいけません。出版社が行うアンケート用紙と間違われるためです。ハガキ形式では反応率が落ちます。

 

今回はリスト収集のために「メールアドレスを集めること」を例に出しました。ただ、別にメールアドレスでなくても、「出版セミナーへ無料招待します」「無料DVDをプレゼントするので、この紙に必要事項を記入してFAXしてください」というオファーでも構いません。

 

この場合であれば、メールアドレスの他にさまざまな情報を入手できます。

 

要は、あなたが行いたいビジネスモデルによってオファーの内容が異なるのです。だからこそ、ゴールを見定めた後に出版を行うことが非常に重要なのです。

 

出版コンサルティング


本を出すとあなたのビジネスが加速する

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

書店に行けば、ビジネスで必要なすべての動向を理解できる
出版したい奴は最初にサイトを作れ!
無名著者でも出版デビューは可能
本を出すと批判する側から批判される側になる
ベストセラーの基準を理解する
印税で稼ごうと思う人は出版に向いていない
原稿を書き上げた後に出版を考える
ビジネス書のほとんどはゴーストライターが書いている
ブログやサイトを更新し、雑誌投稿まで行うことが出版への近道
出版は最高のブランディング化ツール
出版でお客様を増やし、人材採用を円滑にする
出版するとマスコミから取材や講演依頼が入るようになる
出版したいことを宣言し、行動し続けると本を出すことができる
一般公募している出版社へ応募して本を出す
出版企画書に必要な項目と中身
出版セミナーや著者講演会に行くと本を出しやすくなる
出版コンサルタントを介して本を出す
ポータルサイトや雑誌へ記事を寄稿して出版する
出版社と編集者の特徴を知る
自費出版は無意味である理由
本はコンセプトが重要:類書を読んで差別化する
本を売るにはプロフィールが重要
本を売るにはタイトルが重要
一冊目の出版(処女作)に全ての力を注ぎこむ
最初の出版(処女作)は「得意なこと」で勝負する
冒頭に最も面白い話を書いた本が売れる
売れる本は読者の「読みたいこと」が書かれている
大量の文章を書いてスリム化させた本は内容が濃い
初の出版(処女作)は増刷させろ:印税は全て広告費(販促費)へ
本の増刷を狙うためには初速が重要
著者による書店営業(書店回り)を極める
Amazonのランキングを上げる方法
Amazonキャンペーンは無意味である
著者による大量買いは本の販売促進の基本
有力な人のメルマガ広告は本を売るために有効
インターネット広告で口コミを起こし、本を売るためには
新聞の半五段広告は本の販売に効果あり
出版したら地元のマスコミを回って献本し、取材依頼を頼む
発売日までの準備で本の売れ行きが決まる
ノウハウが凝縮された本だけがロングセラーになる
ベストセラーの出し方は誰も分からない