e

本の執筆では、情報収集を行う作業が必要です。自分だけの経験や知識だけでは限界があるため、取材をしたり他の人の話を聞いたりしてネタ集めを多くの作家が行うのです。

一冊の本を作るとき、すべて自分だけの力で行おうとしてはいけません。さまざまな手法を用いて情報を集める必要があり、これには多くの手法が存在します。適切に情報収集して、執筆するための時間をとり、適切な環境を作れば出版に集中できるようになります。

情報収集の方法は無数に存在する

執筆活動をするとき、著者が書きたい内容で勝負しても多くのケースで空振りに終わります。自分のアイディアで勝負してもいいですが、売れる本を書くときは「読者が知りたい内容」で書かなければいけません。

そこで、作家の中にはマーケティング会社に頼んで特定の内容について調査をしてもらった後、その内容をもとに執筆をしてベストセラーにした人もいます。例えば、「相続について不安に思っていることを5つ教えてください」などの質問を集め、それらについて一つずつ答えていくという形式です。

または、SNSを活用してモニターを集めて出版するという方式を採用している作家もいます。SNSで本のテーマを集めたり、自分のノウハウをモニターに試させたりして悩みを聞き出すのです。

そうして、成功と失敗を分けるポイントや読者が興味をもつ内容などを洗い出していきます。こうしてベストセラーを出した本は実際に存在します。

情報収集の方法は、著者によって異なります。インターネットや書籍、テレビなどだけでなく、専門家の友達に聞いたり雑誌から情報を取ってきたりしてもいいです。論文を引っ張ってきてもいいし、前述の通りSNSで聞いてみても問題ありません。

いずれにしても、自分一人だけの力で執筆しようとしてはいけません。それではネタが切れてしまうだけでなく、自己満足のノウハウが詰め込まれたに過ぎない「誰にも読まれないマニアックな本」になってしまいます。これを避けるため、著者は多くの媒体を活用しながら情報を集めるようにしましょう。

そして、一番良い情報収集の方法は「人に会う」ことです。残念ながら、インターネット上に出ている情報だけでは、濃い内容を執筆することはできません。

ビジネスで大きな成果を出している人であるほど、本当に良い情報は人からしか伝わらないことを理解しています。これは執筆活動をするための情報収集でも同様であり、ネタ集めをしたい場合はたくさんの人と会って話すようにしましょう。

情報をキャッチするアンテナを立てる

そして重要なのは、情報を集めるため日常生活の中で常に「新たなネタがないかをキャッチするためのアンテナを立てる」ことです。要は、情報に対する感度を高めるのです。

例えば、車を運転しているときにガソリンが少なくなったとき、必死になって「ガソリンスタンドはどこにあるのか」を探すようになります。そして、それまで風景の一部に過ぎなかったガソリンスタンドが目に付くようになります。これは、あなたがアンテナを立てたからです。

脳が意識すると、その情報に対して敏感になります。そこで、あなたが執筆したいと思う内容についてアンテナを立て、常に「ネタが転がっていないか」を意識するようにしましょう。それだけで、本を読んでいるときや人と会話しているときなど、あなたの執筆活動に必要な情報が勝手に集まってくるようになります。

そして、キャッチした情報はそのまま記事のネタにするのではなく、自分自身で取捨選択をするようにしましょう。例えば、集まってきたネタの中で「重要なものとそうでないものはどれか」「集まってきた情報を組み合わせたり、新たな見せ方を工夫したりすることで斬新な内容にならないか」などを考えるのです。

つまり、情報をできるだけたくさん集めた後、今度はそれらの情報を自ら編集するようにするのです。そうすれば、さらに情報に対する感度が上がっていきます。

良い本を書ける作家であるほど、人と会って情報収集を行い、その中から必要な情報とそうでないものを選んでいます。これと同じことをあなたも行うことで、執筆活動をするときのネタには困らなくなります。

非日常的な経験と高い授業料が良い本を作る

また、著者として本を書きたいと思うとき、どのように日々を過ごしているのかによって名作を作れるかどうかが違っていきます。それ以前に、「出版できるかどうか」についても、どのような考え方で生きているのかが重要になります。

より具体的にいうと、作家として非日常的な経験や高い授業料を支払っている必要があります。こうしたことを行わず、平凡に生きている人が出版できるはずがありません。

良い作品を残し、ビジネスを円滑に進める人はそれだけの代償を支払うことで多くの経験を手に入れ、豊かな感性を育てているという事実を認識する必要があります。

非日常的な経験をするため、主体的に行動する

非日常的な経験というと、普通では味わえないような特殊な体験を思い浮かべてしまいます。ただ、実際のところ本当の意味での特殊なことは体験しなくてもいいです。そうではなく、あなたが普段の仕事や趣味で行っていることをどれだけ深掘できているのかにかかっています。

例えば、あなたが日常の中で行っている仕事や趣味などは、他の人にとって非日常であることが多いです。例えば、あなたが看護師として働いているとすれば、それは他の人にとって非日常の世界を常に体験していることになります。

それなりに大きい病院であれば、看護師として働いていると常に死と隣り合わせの患者さんと向き合うことになります。20代にして若くガンを患った人がいれば、難病で苦しんでいる人など、普通に生活していると接することはないであろう人たちと心で対話することになります。これは、一般人にとって非日常に当たります。

そうした出来事を看護師が本としてまとめ、ベストセラーになった実例が実際にあります。このように考えると、たとえそれが普段の仕事や趣味であっても、他の人が経験したことのない非日常体験であることは多いです。

チャレンジしなければ本を書けない

ただ、多くの人はリスクを取らずに平凡な毎日を生きようとします。そのため、そのような人が本を書くにしても内容が薄っぺらいものになります。そこで、同じように日々を生きるにしても、その日々の生活を濃くしなければ、濃い内容の本を書くことはできません。

先ほどの看護師であっても、医師から指示されたことを行うだけであれば何も感性は磨かれないです。

一方、勉強会へ積極的に通い、医師とも討論を行い、自ら主体的に行動する人であればどうでしょうか。明らかにこちらの方が濃い内容の本を書けるようになります。

高い授業料を払う人が本をかける

このように、どれだけ毎日の生活を濃くしているのかが重要になります。ただ、そのためには高い授業料を払わなければいけません。勉強会に行ったり、高い技術を学んだりするためには高額のお金と時間が必要です。それだけのお金を払ってまで学び取ろうとするからこそ、本を書くだけのコンテンツが溜まっていくのです。

例えば、世の中には恋愛術やナンパに関する本を出している人がいます。単なるナンパかもしれませんが、女性を誘った後の飯代はその人の奢りであることがほとんどです。また、服装に気を遣う必要があるため、洋服代もかなりの額になります。もちろん、女性を誘っても断られることが多いため、何度も失敗を繰り返しています。

自分自身へ投資するほど出版で成功する

このようにお金と時間を使うため、普通の人と比べて多くの授業料を支払うようになります。そうして自分独自の経験や法則を見出すことにより、質の高いコンテンツが蓄積していきます。こうした非日常的な経験を積み重ねているからこそ、出版することができるのです。

一冊の本を書くためには、どれだけ少なくても100万円以上の授業料を払わなければいけません。それだけお金と時間を削ることで、人の心を揺さぶる本になっていきます。

本を書いて出版したいと思うとき、あなたはどれだけの授業料を払っているでしょうか。また、どれほどの時間を費やしているでしょうか。

先ほどの看護師やナンパの例と同様に、普通の人では考えられないほどの行動を行い、高い授業料を払える人だけが本を出すことができます。出版を考える前に、まずは高額なお金を払って非日常的な経験を積み、いまの仕事や趣味を深掘りするようにしましょう。そうすれば、出版できる可能性が高くなるはずです。

本を書く環境と時間作り・場所選び

このように本の執筆活動をするためには、情報収集が必要です。ただ、いまあなたが保有している知識や経験だけで執筆するのは現実的ではありません。他の人が書いた本を読む必要があります。

より具体的にいうと、あなたが出版しようとする本に似たテーマの書籍(類書)を読まなければいけません。さらには、いまの時代で情報収集するツールとしてインターネットも欠かせません。

そして、本を書くための場所を確保するようにしましょう。あなた一人で集中できる場所が必要です。こうした環境を整えた後は、執筆に必要な時間を確保するだけです。

類書を読み、ネット環境を整備する

企画書が通って実際に執筆する段階になる前であっても、類書を読むことが重要です。つまり、企画書を書く段階で3冊ほどの本を読んで「同じようなテーマで出版している人がどのような内容を書いているのか」を把握しておくのです。もちろん、類書はベストセラーである必要があります。

たまに、「類書がない」という人がいます。ただ、本当に類書がない場合、その本は確実に売れないので諦めた方がいいです。ただ、実際のところ斬新なテーマはそこまで存在しないため、必ずベストセラーの類書は存在すると考えてください。

例えば、独自手法によって腰痛を治す本を書きたい場合であれば、「猫背を治す本」「睡眠不足を解消する本」は体の不調を改善させるという内容なので類書と言っても問題ありません。さらに大きい括りであれば、これらは「医療本」になります。医療本であれば、100万部を超える本がいくつも存在します。

そうして類書を読み、実際に本を書く段階になったら参考になりそうな本まで目を通すようにしましょう。そうして、執筆に必要な情報を蓄えていきます。

そして、前述の通りネット環境は必須です。ビジネス書や実用書、小説など、どのジャンルであっても作家であればインターネットの環境が欠かせません。この環境がなければ創作活動に必要な情報収集ができません。そのため、必ずネット環境は整えるようにしましょう。

執筆活動に必要な時間作りと場所選び

一日のどの時間で執筆活動をすればいいのかについて、多くの作家は「朝の時間」だと答えます。夕方に近づくほど、それまで多くの仕事をこなしているため、頭が働かなくなってしまっています。そのため、良い創作活動ができません。

一方、朝であれば脳がスッキリした状態で執筆活動に取り組むことができます。そのため、朝一番に行うべきことは「出勤の準備」や「メールのチェック&返信」ではありません。朝の貴重な時間は執筆のために時間を確保するべきです。

また、朝の時間が過ぎて仕事の時間が近づいてくると、電話がかかってくるようになります。そして、電話に出て一瞬でも集中力が途切れると、もとの集中した状態に戻ることはできなくなります。こうなると、創作活動ができません。そのため、あらゆる邪魔が入ってこない朝に本を書くための時間を確保するのは作家としての基本です。

そして、著者は自分が集中できる場所をもっています。それは自宅かもしれませんし、家の近くにあるカフェかもしれません。

いずれにしても、作家は集中して執筆活動に取り組める独自の場所をもっています。コーヒー一杯で何時間も喫茶店に居座る著者もいるため、こうした場所を確保しましょう。

作家として大きな成果を出す人は、これまで述べてきたことを必ず実践しています。そして、言い訳をしません。「時間がない」「集中力が続かない」などの言い訳を考えた瞬間に執筆活動を行うことができなくなります。

できない理由を並べ立てて行動しないのは、圧倒的に楽です。ただ、本当に出版したいのであれば、「どのようにすれば時間や場所を確保できて、執筆に集中できるようになるのか」を考えなければいけません。考え方ひとつですが、こうした思考を行える人だけが作家として大きな活躍ができるようになります。

出版コンサルティング

book-onsulting2 botton3

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録