実際に出版を決意して商業出版を目指そうとすると、多くの人は挫折してしまいます。理由は簡単であり、なかなか出版が決まらないからです。

そこで、既にビジネスで成功している人であるほど自費出版を行おうとします。ただ、結論から言うと、自費出版はお金の無駄であり、デメリットしかないのでやめた方がいいです。

自費出版では平均200万円以上もの高額なお金を支払うことになります。そのような金銭的余裕があるのであれば、その費用の何割かを出版コンサルタントへ支払ってサービスを受けてください。そうすると、自費出版で後悔するどころか、商業出版によって大きなブランドを作れるようになります。

自費出版というビジネスモデル

そもそも、自費出版というビジネスモデルが世の中に存在すること自体が「悪」だと私は思っています。なぜなら、著者にとって不幸でしかないからです。

金さえ積めば誰でも自費出版は可能です。そのため、本を出しているとは言っても、自費出版であればむしろマイナスに働きます。自費出版は何のブランドにもならないどころか、私であれば「商業出版するレベルに達しておらず、見栄のために自費出版した人」という目で見てしまいます。

実際、大半の人が見栄のために自費出版をします。私の偏見かもしれませんが、医者に自費出版をしている人が多いのは、そのためなのかもしれません。理由は簡単であり、筆力は足りていないが見栄の大きい人が比較的多く、さらにお金をもっているという条件にピッタリと当てはまるからです。

商業出版を目指して出版社へアプローチしても、まったく相手にされないことが多いです。厳しいコメントが返ってくるならまだしも、無視されることがほとんどです。

商業出版を行っている出版社は、必死で本を売っていくことが利益に繋がります。遊びで本を作っているわけではないので、実績の乏しい著者の話を聞くほど暇ではないのです。

一方、自費出版を行っている会社に行って原稿を見せれば、間違いなく大絶賛されます。「これは素晴らしい」「すぐに本を出すべきだ」と言われるでしょう。これは、自費出版のビジネスモデルが「著者から出版費用を徴収すること」にあるからです。

褒めまくることで著者を良い気にさせ、大したことのない本を世の中に出すことが自費出版のビジネスモデルです。別に本が売れなくても問題ないため、どれだけ自費出版したい人を集められるかによって利益の額が変わってきます。

自費出版の費用を広告費にまわす

あえて厳しいことを言いますが、前述の通り自費出版を行うような人は見栄のために行っている人が大半です。「本を出した」という事実が欲しいだけであり、著者のエゴの上に全てが成り立っています。出版することで「どのようなメッセージを発したいのか」という理念が全くありません。

そして、残念なことに自費出版ではあなたのブランドは一つも上がりません。それどころか、自費出版している残念な人というマイナスのイメージが常に付きまとうようになります。

だからこそ、どうせ自費出版に何百万円ものお金を使うのであれば、他のところにお金を投資しなければいけません。サイトやブログを立ち上げて情報発信しなければいけませんし、実績のある出版コンサルタントのセミナーへも出席しなければいけません。

これらの努力を少しずつ積み上げていくことが、本当の意味で商業出版への一番の近道です。要は、正しい努力をしていくということです。これらの努力を全て行ったところで、金額が100万円を超すことはありません。

そして、実際に商業出版が決まった際は新聞広告やネット広告に出すことで、著者自ら本を売ってください。自費出版しようと思っていたのであれば、これを商業出版へと切り替えることで200万円くらいのお金が浮くはずです。これだけあれば、相当大がかりなプロモーションができるはずです。

自費出版をしようと考えている人は、努力の方向性やお金の使い方を大きく間違えています。これに気がつくだけでも、商業出版へ近づくことができます。

出版コンサルティングの実施

book-onsulting2 botton3