これから出版を行うとき、最も近道のできる方法が「出版コンサルタントを使う」ことです。私もこの方法を利用して出版を行いました。

当然ながら、出版コンサルタントに頼るとお金がかかります。ただ、出版コンサルタントはそれ以上の価値を提供してくれることは間違いないです。実績のある著名な出版コンサルタントと巡り合うことができれば、実のところ出版はそこまで難しくありません。

出版コンサルタントとは

出版を行うためのコンサル料を取り、出版が決まった後にも印税の何割かを徴収するというビジネスモデルが出版コンサルタントです。

インターネットで検索すれば、著名な出版コンサルタントが何人も出てきます。彼らは定期的にセミナーを行っており、これに出席して話を聞くだけでも大きな学びになります。

もし「何万円もお金を出してコンサルを頼むのはもったいない」と思うのであれば、残念ながらあなたは著者には向いていません。なぜなら、著者の資産は「知識」だからです。知識や経験を得るための投資を渋っている著者の話は誰も聞きたくありません。

読者が聞きたいのは、知識と経験の2つを兼ね備えた「先生」からの話です。そのような意味では、実績のある出版コンサルタントの一番高いセミナーへ出席することをお勧めします。そこで得た知識は後の何十倍にもなって返ってきます。

当然ですが、情報商材系の会社が主催している出版セミナーには行かないでください。そうではなく、真っ当な出版コンサルタントを選ぶ必要があります。

なお、実際に私が出版コンサルタントを利用して思ったこととしては、「出版コンサルタントは単に出版社と著者をマッチングさせるだけではない」ということが挙げられます。

出版後は著者自ら本を売らなければいけません。出版コンサルタントは本の販売促進の方法を知っているだけでなく、出版業界での太い人脈を持っています。そのため、著者だけが参加できるクローズドな会に呼んでもらえることがあれば、販促に有利な人を紹介したもらったりすることもあります。

要は、本を出した後のことまで出版コンサルタントは熟知しています。彼らのノウハウや知識を吸収すれば、「著者がどのように本を売れば良いのか」を自然と理解できるようになります。

世の中には出版セミナーが存在する

出版社は「本を書ける著者」を探しています。これはあらゆる編集者が言っているので、事実なのでしょう。その基準を満たす著者がなかなかいないだけです。

そのため、出版コンサルタントと編集者は親密な繋がりがあります。出版コンサルタントは有能な著者を編集者へ紹介できるからです。出版コンサルタントの利用が出版への近道である一番の理由がここにあります。

インターネットなどで探してみれば、あらゆる出版コンサルタントが出版セミナーを開催していることに気がつきます。きちんとセミナー受講料を支払えば、出版コンサルタントに丁寧に指導してもらいながら、編集者とマッチングさせてくれる可能性が大幅に高まります。

しかも、その後の販売促進を手伝ってくれるというオマケ付きです。

本気で出版したいのであれば、出版コンサルタントにアプローチしてみてください。これが、私がアドバイスできる最短距離での出版方法です。出版業界にコネクションがない以上、最も確実な方法はお金を支払ってその業界の詳しい人に引き上げてもらうという方法なのです。

ただ、当たり前ですが出版コンサルタントに任せきりにしてはいけません。確かに、出版コンサルタントは編集者と引き合わせる機会を設けたり、販促の方法を教えたりすることはできます。しかし、実際に行うのはあなたです。

本を書かなければいけないのはあなたですし、出版後に本を売っていくのもあなたの行動次第です。執筆途中で編集者に「出版のレベルに達していない」と判断されれば、そのまま頓挫してしまうことがあるため、書店に本が並んでいる姿を見るまでは安心できません。

このように、出版コンサルタントを利用することが最も効果的であるのは確かですが、その前に「必死で努力し、貪欲に学びと行動を続ける」ことを必ず意識してください。そうすれば、意外と簡単に出版できます。

実際、私は出版を決意して2ヶ月後には大手出版社と打ち合わせを行っていました。その後は、真っ赤になって返ってくる原稿と向き合いながら執筆と修正を続け、半年で初出版を行うことができました。

出版できずに悩んでいる人は多いです。ただ、厳しいことを言うようですが、単に行動が足りていないだけです。「正しい努力」を続ければ、出版はそこまでハードルが高いものではありません。

出版コンサルティング

book-onsulting2 botton3

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録