本を書きたいと思うのであれば、「何万部の本が売れればベストセラーとなるのか」という基準を知っておく必要があります。

ベストセラーの基準を知れば、あなたが出版したときにどれくらいを目指せば良いのか分かるようになります。また、本の売れ行きを見比べる時の指標にもなります。

3万部売れればベストセラー

現在、出版不況といわれて久しいです。本の売れない時代が続いていますが、これは本以外にもインターネットや携帯などの他の媒体によって情報収集が可能になっていることが一つの要因として挙げられます。必ずしも本から情報を得なくても済むのです。

この中でたくさん本が売れればベストセラーと言われ、多くの人の注目を浴びるようになります。このベストセラーの目安は3万部といわれています。これだけ売れれば、著者の中でもある程度は大きい顔ができます。

1万部売れる新刊は、全体の1%に満たないです。毎日200~300冊もの新刊が発売されているため、その中で1万部も売れるのは凄いことなのです。

実際、世の中にあるビジネス書のほとんどは4000~6000部程度しか売れません。初版(出版された本の最初の版)が最後の印刷になることが大多数なのです。そのように考えると、3万部売ることはかなり難しいと容易に想像できます。

ちなみに、3万部という基準は一般的な書物を対象にしています。難しい専門書であれば3万部は不可能に近い数値ですが、コミックであれば100万部売れてもミリオンセラーと言われないことがあります。要は、その本のジャンルによってベストセラーの基準が異なります。

ただ、このページを見ている人の多くはビジネス書や実用書の執筆を行いたい方がほとんどだと思います。そのため、まずはベストセラーの基準である3万部を目指しましょう。

10万部に届けば一流

本が3万部売れることは素晴らしいことですが、10万部となればさらにインパクトがあります。10万部というのは、いわゆる「一流」に属します。

5万部と10万部では、単純に売れた数は2倍です。しかし、そのインパクトは何十倍も違います。5万部が二流であれば、前述の通り10万部は一流です。全国の書店で本が展開され、多くの人に記憶として残ります。

10万部を超えると雑誌の巻頭ページを飾るようになり、大手新聞社からの取材依頼も舞い込むようになります。テレビ出演も夢ではありません。あらゆる媒体で特集記事が組まれ、講演依頼が大量に来るようになります。10万部というのは、それくらいインパクトがあります。

これが、10万部が一流といわれている理由です。10万部を突破すれば、本の帯に「10万部突破!」と書かれます。書店であなたの本が平積みされるようになり、多くの人の目に触れるようになります。

ただ、残念ながら「どのようにすればベストセラーになるのか」は出版社であっても分かりません。これは実際に本を市場に放り投げてみなければ誰も想像できないのです。

思いもよらなかった本がベストセラーになることがあれば、期待していた本が空振りに終わることもあります。こればかりは出版社や著者の力ではどうにもならない部分があります。

実際、2年間で500万部が売れた超ベストセラー「五体不満足」の初版はわずが6000部でした。社会現象を起こした本であっても、実際に投入する前は期待値が低かったことをうかがえます。

また、200万部を超えるミリオンセラーになった「世界の中心で愛を叫ぶ」は初版8000部です。2001年に発売された本ですが、売れ始めたのは2003年からです。売れるまでに時間差があり、有名人が紹介したことがきっかけで爆発した事例です。

このように、本の売れ行きは謎だらけです。最初から順調に売れることがあれば、マスコミで取り上げられるなど、何かのきっかけで売れるようになることもあります。

出版コンサルティングの実施

book-onsulting2 botton3