リスクというと、多くの人は「危険」なことを思い浮かべます。しかし実際は異なり、ファイナンスなどビジネスで考えるリスクは「不確実性」を意味しているに過ぎません。不確実性とは、「リターン(リスクを取ることによって得られる報酬)のふり幅」と考えることができます。

リスクはピンチであると同時に、チャンスでもあります。リスクを取ることによって失敗すれば失うものは大きいですが、成功すれば多くの報酬を獲得できるのです。これが、リスクの簡単な考え方です。

リスクが高い場合、大きなリターンを要求する

例えば、サイコロを振って次のようなゲームをするとします。あなたはどちらを選ぶでしょうか。

A:確実に1000円がもらえる

B:サイコロを振って4以上であれば2000円をもらえるが、3以下であれば何もない

この条件では、多くの人は「A:確実に1000円がもらえる」を選択します。Bを選んでも2000円を受け取れるかどうか分からず、不確実性が大きいからです。それよりは、確実な方を人間は選択します。

それでは、次の条件ではどうでしょうか。

A:確実に1000円がもらえる

B:サイコロを振って4以上であれば1100円をもらえるが、3以下であれば何もない

これでは、誰もBに参加しません。Bを選んだところで、得るものが小さいからです。ただし、Bの条件が「サイコロを振って4以上であれば1万円をもらえるが、3以下であれば何もない」という条件に変われば、急にBを選ぶ人が増えます。当たり前のようですが、ここで次のような法則が分かります。

リスクの大小よりも、得られるリターンによって人は行動する

人がリスクを取る場合、それに見合うだけのリターンを要求します。リスクが少なければ、返ってくるリターンも少ないです。しかし、大きなリスクを取るのであれば、それだけ大きなリターンを要求します。これを、「ハイリスク・ハイリターンの原則」といいます。

もし賭けをすることで返ってくるリターンが今回のように1万円などのレベルではなく、何億円にもなる場合であれば、多少のリスクがあっても多くの人が挑戦します。宝くじはその代表であり、競馬やパチンコなどの賭け事も同じ考えで人は動いています。

賭け事は大きなリスクを含んでいます。本当に当たるかどうか誰も分かりません。しかし、テレビなどで「宝くじ1等当選!」などが放送されることから分かる通り、当たっている人はどこかにいるわけです。これを夢見て多くの人が参加するため、賭け事は大きなリターンを用意しないと成り立たないビジネスでもあります。

国債、社債、株のリスク

世の中の利率をみれば、ハイリスク・ハイリターンの原則が見えてきます。例えば、同じ投資であっても国債、社債、株ではリターンの率がまったく異なります。

国債は国に対してお金を貸す制度です。国が潰れる確率は圧倒的に低いため、利率は低いです。リスクが小さいため、返ってくるリターンも少ないのです。

一方、社債は国債に比べてかなり利率が高くなります。国債は国に対してお金を貸しますが、社債は会社に対してお金を貸す制度だと考えてください。

会社が倒産する可能性は国に比べてかなり高いため、それだけ多くの利率を付けなければ誰も加入しません。リスクが高い分、投資家はそれに見合うリターンを要求するのです。

これが株になれば、さらにリスクは大きくなります。株はその会社ごとに価値が変動します。「株価は時間と共に変化する」といった方が分かりやすいかもしれません。

社債であれば、「何年間かお金を貸した後に数%の利子を上乗せして返す」という契約をします。そのため、会社が潰れない限り元本割れすることはありません。しかし、株価は会社の業績によって大きく揺れ動くので、株を購入したとしても元本割れすることは多いです。

その代わり、株価が順調に上がっていき、高値をつけたときに売れば大きな儲けを得ることができます。つまり、リターンが大きいというわけです。

リスクの高さ(不確実性の高さ)でいえば、「国債<社債<株」の順番で大きくなっています。それと同時に、リターンの大きさも「国債<社債<株」の順番であることが分かります。世の中の現象は、すべてハイリスク・ハイリターンの原則に従っているのです。

こう考えると、普通の会社員で成功するのは難しいことが分かります。サラリーマンとして生活している以上はリスクが少ないため、「毎月決まった額が振り込まれる」というリターンしか得られないようになっているのです。

本気で大きな収益を得たいのであれば、「会社をやめて、自分で事業を起こす」というリスクを取らなければいけません。こうした不確実性の中で勝ち抜いてこそ、ようやく成功を収めることができます。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認