ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

株価が上がったり下がったりする理由:株価の変動

 

株式会社の株価というのは、時間経過と共に上がったり下がったりします。いわゆるデイトレードをする人であれば、日々の株価が重要になります。これは、需要と供給で成り立っています。

 

早い話、人気のある株は値段が高くつきます。それだけ需要が大きいため、多少値段が高くても売れてしまうのです。その企業の業績や期待などに対して、株価が変動していきます。

 

ただ、当サイトは株式投資の解説ではなく、あくまでもビジネスで重要となる内容がメインです。そこで、ベンチャーとして起業したあと、どのようにして株価が上がったり下がったりするのかについて話を進めていきます。この理由を学ぶことで、株式会社の考え方をより深めることができるでしょう。

 

 株価と利益には大きな関係がある
会社の使命は利益を出すことです。利益額が大きいほど、たくさん社会貢献をしていると言い変えることができます。そのため、会社は利益額を大きくするために必死で努力しなければいけません。

 

ただ、会社の立ち上げ当初というのは信頼がないため、商品を売って利益を出すのは難しいです。そのため、特に最初は株の価値(株価)は下がる傾向にあります。

 

例えば、100万円の資本金で設立し、10株を発行した株式会社があるとします。このときの株価は1株当たり「100万円 ÷ 10株 = 10万円」です。資本金が100万円であるため、当然ながら銀行の預金通帳には100万円が用意されています。

 

ここから、ビジネスを行うために必要な経費が差し引かれていきます。事務所を借りるお金が必要かもしれませんし、新たなパソコンを用意しなければいけないかもしれません。

 

こうして半年間が経過しましたが、ビジネスをしていて経費が出ていくものの、売上がなく銀行の預金が50万円に減ってしまいました。この場合、1株の価値は「50万円 ÷ 10株 = 5万円」にまで減ってしまいます。

 

ただ、半年間頑張って努力した結果がようやく実るようになりました。お客様から多くの電話がかかってくるようになり、売上も順調に伸びていきます。必死でビジネス展開していった結果、もう半年後には利益500万円を出すことに成功しました。

 

法人税30%を支払ったとしても、「500万円 × (1 - 0.3) = 350万円」が手元に残ります。これと先ほどの50万円(銀行口座に残っていたお金)と合わせると、合計400万円になります。

 

このときの1株の価値は「400万円 ÷ 10株 = 40万円」です。最初に出資した人にとって、ここで株券を1枚売れば「40万円(現在の1株の価値) - 10万円(会社設立時の1株の価値) = 30万円」の儲けを得ることができます。

 

大企業では難しいですが、ベンチャーであれば投資したお金が何十倍にも膨れ上がることはよくあります。この数値は、その会社が業績を伸ばしただけ増えていきます。

 

なお、一株あたりの純資産をBPSといいます。ある会社に投資したとき、「どれだけ割安か」を示す指標としてBPSがあると考えてください。

 

 会社の社長がもの凄い資産を保有している理由
ここまでの話を理解すれば、一代で成功した社長が莫大な財産をもっている理由を理解できます。

 

起業をする場合、その多くは社長のポケットマネーから出されます。つまり、社長自ら資本金を全額出資して、その株を自ら保有するのです。

 

会社が上手い具合に軌道に乗れば、年を追うごとに成長していきます。当然ながら、会社が保有する財産・資産も大きくなります。それに伴い、株価も上昇していきます。

 

そのため、その会社のすべての株をもっている社長というのは、株だけで多くの資産をもっていることになります。ただ、資産が大きいだけであり、大量の現金をもっているわけではありません。投資家のように「(自分の)会社の株を売って稼ぐ」ことは、なかなかできないのです。

 

自由に使える現金がないため、多くの社長は自分が莫大な資産を抱えている認識はそこまでありません。ただ、会社を成長させた分だけ、保有資産も多くなることは確かなのです。

株価が上がったり下がったりする理由:株価の変動

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

会計学を学ぶ前に理解すべきポイント
損益計算書で把握する売上と利益の種類
損益計算書から経費(費用)の概念を学ぶ:直接費、間接費
貸借対照表の見方・読み方を学ぶ:資産、負債、純資産
貸借対照表の資産(流動資産、固定資産)を読み解く
貸借対照表の負債(流動負債、固定負債)を読み解く
貸借対照表の純資産(株主資本)を読み解く
売上原価の求め方:在庫(棚卸資産)による罠
決算書から会社の成績・健康状態を把握する
お金の流れ(手元の現金)をみるキャッシュフロー計算書
「営業」「投資」「財務」で分析するキャッシュフロー計算書
決算書の分析法:実数分析、比率分析、時系列分析、他社比較分析
営業利益率は収益性の基本である
総資産利益率(ROA)と自己資本利益率(ROE)の概念
決算書から「付加価値率」や「労働生産性」を読み解く
損益分岐点からみる固定費・変動費の関係
会社が借金をする理由:レバレッジをきかせる
自己資本比率、流動比率、固定比率からみる会社の安全性
キャッシュフロー計算書から把握する会社の安全性
倒産寸前の会社で起こる「債務超過」とは:企業が破産する条件
売掛金の増加や大量の棚卸資産で「黒字倒産」が起こる仕組み
会社の成長性を読み解く:有機的成長とM&A
会計(アカウンティング)と財務(ファイナンス)の違いとは
リスクとは何か:人間は「不確実」なことを嫌う
ハイリスク・ハイリターンの原則:リスクが高いほど得るものも大きい
リスクは努力によって大幅に減らすことができる
リスク分散の原理・原則を学び、相関と組み合わせを理解する
リスクプレミアムとリスクリーフレートの関係
現在価値と将来価値から考えるリターン(報酬)の考え方
ファイナンスで考えるネットビジネスのリスクは「時間」である
機会費用を大切にして、埋没費用(サンクコスト)は無視する
負債コストと株式資本コストの違いから、資本コストを学ぶ
企業の資金調達コストを示すWACC(加重平均資本コスト)とは
ファイナンス理論から考える「株式会社」の仕組み
ファイナンス理論から考える「保険会社」の仕組み