多くの企業は株式会社という形態をとっています。それでは、なぜ株式会社として運営されているのでしょうか。そもそも、株式会社とは何者なのでしょうか。

ここでは、株式会社の歴史や成り立ち、その仕組みについて解説していきます。ビジネスを動かしたりお金の流れを理解するためには、株式会社の仕組みを簡単にでもいいので知る必要があります。そこから、世の中の構造が少しずつ見えてくるようになります。

大航海時代からある株式会社

歴史を学べば、最初にできた株式会社は「1602年のオランダ東インド会社」であると習います。なぜ、このときに株式会社が作られたのかというと、当時の時代背景があります。

当時のヨーロッパは大航海時代であり、各国との貿易が盛んでした。インドを含めてアジアへの航路が開かれ、アメリカ大陸が発見されて多くの冒険家たちは海に繰り出しました。そこで貿易を始め、胡椒(こしょう)や香辛料を持ち帰ることで巨万の富を得たのです。

しかし、航海には大きなリスクがつきまといます。海賊に出会うかもしれませんし、台風で沈没するかもしれません。大海原で疫病が流行れば、誰も助けてくれません。

成功率がとても低かったため、運よく胡椒や香辛料をもって帰ることができれば、それだけで大金持ちになります。しかし、途中で船が沈没してしまえば、何も得ることはできません。

ただ、中にはお金がないけれども、航海で一山当てたい血気盛んな人はいるものです。この人たちはお金がないため、船や船員を雇うためのお金を金持ちに出資してもらいます。

しかし、このときに問題が発生します。船は高いため、大金持ちでしか出資してもらえません。そこで、小金持ちの人たちにも出資してもらう仕組みを考え出した結果、株式会社という概念が生まれます。1000万円を集めるにしても、50万円を20人で出してもらえば達成できるという考えです。

このときは「株式」を発行し、会社組織を作ります。そのため、株式会社というのは株主のものになります。そこに冒険家(船長)を置き、自分の代わりに航海に出てもらいます。現在に置き換えると、冒険家が社長に当たります。そこにいる船員たちは従業員といえます。

もし、航海が成功したとすれば、そこから冒険家に対して成功報酬で給料が支払われます。これが現在でいう役員報酬です。船長である冒険家は船員たちを誘導し、リーダーシップを発揮して導かなければいけません。まさに、社長業であるといえます。

また、従業員に対しては、労働に対する適切な対価を支払います。これが給料です。船長の命令のもと、適切な作業を行わなければいけません。

これら「冒険家(船長)への報酬」と「従業員への給料」を支払った後に残るお金は株主のものになります。このお金は「株主の出資割合」に応じて分けられます。リスクを負ってたくさん出資した人であるほど、多くのリターンを得ることができるのです。

お金を出した以上の責任を負わない「有限責任」

株主の良いところは、お金を出した以上の責任を負わないことにあります。例えば、100万円出資した場合、その会社が倒産しても出資した100万円までしか責任を負いません。たとえ、その会社がどれだけ借金をもっていたとしてもです。

このように、株主は会社の失敗から守られています。責任の範囲が決まっているため、これを有限責任といいます。

もちろん、このときは株券が単なる紙切れになります。ただ、それ以上でもそれ以下でもありません。株式投資は自己責任ですが、余計な責任まで負わなくてもいいのです。有限責任を採用しているため、出資しやすい仕組みになっています。

株式会社では、このような役割分担があります。お金をもっている人が会社を作り、それを上手に運営する人に任せるのです。お互いに足りない能力を補うことになり、リスク分散ができます。

ただ、現実世界で起業しようとするとき、「出資者=会社の社長」であることがほとんどです。会社設立のときに用意する資本金は全額社長のポケットマネーから出されることがほとんどであるため、実際は出資者と社長が同じなのです。

会社は株主のものです。つまり、自らのお金で会社を設立した場合では、「会社は社長のものである」といえます。そのため、会社が出した利益は株主(=社長)のものになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認