ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

負債コストと株式資本コストの違いから、資本コストを学ぶ

 

企業が活動するとき、どうにかして資金を用意しなければいけません。お金がなければ商品を仕入れることができませんし、従業員を雇うこともできません。

 

このときの資金調達の最も分かりやすい例は「頑張って稼ぐ」ことです。自力でお金を生み出せば、誰にも文句をいわれることなく好きに活用することができます。ただ、実際は会社がすべて自前でお金を用意するのは稀です。銀行から借りたり、投資家に出資してもらったりします。

 

当然ながら、借金をしたり投資をしてもらったりすると、それだけコストがかかります。ファイナンスでは、このときのコストを負債コストと呼んだり、株式資本コストと呼んだりします。ここでは、この考え方について学んでいきます。

 

 負債コストとは
銀行などからお金を借りる企業は多いです。自分だけの力ではできなかった事業であっても、借金をすれば新たな設備投資を行うことができます。ただ、このとき借りたお金は後で利子をつけて返さなければいけません。

 

簡単に考えれば、このときの利子が負債コストに当たります。債権者(お金を貸す人)にとってみれば、企業に貸した利子の分だけリターンを要求します。ただ、このリターンの部分は、会社側にとってはコストになります。例えば、銀行からお金を借りるときの利子が2%だとすると、負債コストは2%になります。

 

会社によっては、社債を発行することがあります。社債とは、国債の会社バージョンだと考えてください。投資家からお金を出資してもらい、数年後にいくらかの利子をつけて返す契約を結びます。社債も負債コストです。

 

 株式資本コストとは
負債コストに対して、株式資本コストとは「株主が要求するリターン」のことを指します。株主であれば、出資することによって、当然ながらリターンを要求します。このときのリターンは、企業にとってコストとなります。

 

ただ、株式資本コストを測るのは難しいです。株主によって、要求するリターンが異なるからです。ある株主は、「この会社の株は危険なため、多くのリターンを要求したい」と思うかもしれません。その反対に、他の株主は「将来にわたって事業が安定しているため、リターンは少なくても我慢する」と考えることもあります。

 

また、株主が考える見返りには2通りあります。1つは配当です。インカムゲインとも呼ばれますが、主要株主にとって重要なのはこちらです。

 

一方、デイトレードをしている人であれば、株価の方が重要です。キャピタルゲインとも呼ばれ、株価の差額によって儲ける方法です。

 

いずれにしても、株式投資している人からすれば、「投資しているのだから、配当や株価上昇でリターンをくださいね」と思うわけです。このときのコストまで考えなければいけません。

 

 資本コストとは
これら負債コストと株式資本コストをあわせたものを、資本コストといいます。ファイナンスでは資本コストが重要であり、これを考慮しながらビジネスを動かさなければいけません。

 

多くの人は負債コストだけに着目します。銀行からの借り入れによる利子など、負債コストは損益計算書に「支払利息」として表れるため、とても分かりやすいからです。しかし、株式資本コストは会計上のどこにも表れません。

 

しかも、負債コストよりも株式資本コストの方が大きいです。これは、「お金を貸して利子をもらう」という場合よりも、「株式投資を行う」という場合の方がリスクが大きいからです。

 

前者であれば、会社がつぶれない限り、期限がくれば利子を上乗せして払ってくれます。しかし、後者の株式投資では、株価が下落すれば元本割れします。また、業績が悪ければ配当はありません。このようにリスクが大きいため、それだけ大きなリターンが要求されます。結果として、株式資本コストは高くなります。

 

そこで、本来は負債コストと株式資本コストを合わせた「資本コスト」で考えなければいけません。銀行からの利子だけに捉われていては、会社運営は成り立たないのです。

 

なお、株式資本コストというのは、「株価の下落」という形で表れます。株主の期待に応えられなかった場合、株主たちはその会社の株を売ります。その後、同じリスクではあるものの、より大きなリターンを期待できる会社の株を購入するのが基本だからです。

 

株価の下落というのは、企業価値が下がることを意味します。これを防ぐためにも、株式資本コストまで意識しなければいけません。

負債コストと株式資本コストの違いから、資本コストを学ぶ

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

会計学を学ぶ前に理解すべきポイント
損益計算書で把握する売上と利益の種類
損益計算書から経費(費用)の概念を学ぶ:直接費、間接費
貸借対照表の見方・読み方を学ぶ:資産、負債、純資産
貸借対照表の資産(流動資産、固定資産)を読み解く
貸借対照表の負債(流動負債、固定負債)を読み解く
貸借対照表の純資産(株主資本)を読み解く
売上原価の求め方:在庫(棚卸資産)による罠
決算書から会社の成績・健康状態を把握する
お金の流れ(手元の現金)をみるキャッシュフロー計算書
「営業」「投資」「財務」で分析するキャッシュフロー計算書
決算書の分析法:実数分析、比率分析、時系列分析、他社比較分析
営業利益率は収益性の基本である
総資産利益率(ROA)と自己資本利益率(ROE)の概念
決算書から「付加価値率」や「労働生産性」を読み解く
損益分岐点からみる固定費・変動費の関係
会社が借金をする理由:レバレッジをきかせる
自己資本比率、流動比率、固定比率からみる会社の安全性
キャッシュフロー計算書から把握する会社の安全性
倒産寸前の会社で起こる「債務超過」とは:企業が破産する条件
売掛金の増加や大量の棚卸資産で「黒字倒産」が起こる仕組み
会社の成長性を読み解く:有機的成長とM&A
会計(アカウンティング)と財務(ファイナンス)の違いとは
リスクとは何か:人間は「不確実」なことを嫌う
ハイリスク・ハイリターンの原則:リスクが高いほど得るものも大きい
リスクは努力によって大幅に減らすことができる
リスク分散の原理・原則を学び、相関と組み合わせを理解する
リスクプレミアムとリスクリーフレートの関係
現在価値と将来価値から考えるリターン(報酬)の考え方
ファイナンスで考えるネットビジネスのリスクは「時間」である
機会費用を大切にして、埋没費用(サンクコスト)は無視する
企業の資金調達コストを示すWACC(加重平均資本コスト)とは
ファイナンス理論から考える「株式会社」の仕組み
株価が上がったり下がったりする理由:株価の変動
ファイナンス理論から考える「保険会社」の仕組み