決算書では損益計算書と貸借対照表がメインとして扱われがちです。しかし、それだけでは不十分です。キャッシュフロー計算書を合わせた3つから会社の財務状況を把握しなければいけません。

キャッシュフロー計算書とは、その名前の通り「お金の流れ」をみるための書類です。お金がどれだけ手元にあるのかを分析するための指標でもあります。売上だけがあっても会社は成り立たず、現金がなければいけません。

多くの場合、会社の売上はツケで行います。将来、お金を支払ってくれるという前提で商品を送るのです。取引先に商品を送るたびに、毎日計算してお金を支払いを要求していては作業が煩雑になります。そこで、月末などに一括してお金を払ってもらいます。

しかし、中には問題が発生することもあります。取引先がお金なかなか支払ってくれなければ、会社にある現金が少なくなって、あなたは従業員に給料を払うことができなくなるかもしれません。もしかしたら、銀行への返済ができないかもしれません。

手元に現金がないために銀行への返済が滞ると、不渡りを起こします。言い換えれば、会社の倒産です。会社は赤字だから潰れるのではなく、手元に現金がなくなるから倒産するのです。どれだけ赤字でも、潤沢な現金をもっていれば倒産することはありません。

現金が手元になく、苦労している様子を「資金繰りが厳しい」といいます。こう考えると、「手元にどれだけ現金があるのか」の指標となるキャッシュフロー計算書が重要であると分かります。売上だけではなく、現金の流れまで会計で把握するのです。

手元に現金がない場合

それでは、手元に現金がない場合というのは、どのような場合があるのでしょうか。先に話した通り、この一つとして「売上代金が未回収」という理由があります。ツケでの支払いを約束されたお金を回収できていないケースです。

通常、商品を送り届けることで売上が発生します。ただ、ここで安心してはいけません。取引先が倒産すれば、お金は回収できなくなります。また、相手が売上代金を踏み倒すかもしれません。支払いが滞り、いつまでたっても入金されないこともあります。ずっと入金されないというのは、売上がないのと同じ意味です。

このように、売上の額は単なる指標でしかありません。そこから現金が振り込まれて、ようやく会社が回っていきます。

また、在庫(仕入れた材料や商品)が売れ残った場合もお金の流れは悪くなります。例えば、10万円の在庫を仕入れて1.5倍の値段で売るとします。全部売れば、「15万円(売値)-10万円(仕入れ)=5万円」の利益がでます。

しかし、2万円分しか売れなければどうでしょうか。在庫を仕入れるために10万円を支払ったにも関わらず、利益は「3万円(売値)-2万円(仕入れ)=1万円」しかありません。全体で考えれば、「10万円(全体の仕入れ)-1万円(2万円分の在庫を売ったときの利益)=9万円」のマイナスです。

このように考えると、在庫をもつ商売の難しさが分かります。在庫をもつと一瞬で手元のお金がなくなるため、資金繰りは苦しくなりやすいです。しかし、仕入れた在庫が全部売れる保証はありません。むしろ、売れ残ることの方が普通です。

意外と現金が手元にある場合

先ほどとは逆に、意外と手元に現金が残っている場合があります。これは、お金の支払いを先延ばしにしているケースです。商品を早々と売って現金を手に入れ、材料の仕入れ代金の支払いを数か月後にすれば、その期間の間は多くのお金が手元に残ります。

前に説明した「売上代金が未回収の場合」とは逆のパターンです。仕入れをツケにして、実際の支払いを後回しにするほど資金繰りは楽になります。

また、減価償却費が多い場合も残る現金が多いように感じます。高額商品というのは、すぐに価値がゼロになるわけではないため、年を追うごとに少しずつ経費として計上します。

例えば、300万円の車を購入した場合、いっきに300万円が手元から消えます。ただ、会計上では、「車は6年かけて減価償却を行う」とされています。つまり、1年では「300万円÷6年=50万円」しか経費にできません。

車を購入した次の年では、実際にお金が出ていかないにも関わらず、年に50万円の経費がかかります。購入年しか現金がでていかないため、本業で儲かっているが減価償却費が多いと、「経費が大きいわりには、意外と現金が手元にある」という状況が起こります。

現金商売は強い?

ビジネスでは現金をもつことが重要であり、単に売上を出しただけではいけないことを理解できたと思います。お金の回収をしなければ、会社が回らなくなるのです。

ただ、中には現金商売をしているビジネスが存在します。いわゆる店舗運営のビジネスです。あなたも、地元のスーパーでは現金を直接出して商品を購入するはずです。

商店などでは現金でやり取りするため、お金はすぐに入ってきます。一方、商品の仕入れに必要なお金は後払いのため、店舗運営では現金が先にたくさん入ってくるようになります。このようなビジネス形態であるため、一般的に現金商売のビジネスは資金繰りが良いとされています。

ただし、在庫を多く抱えて売れ残りが起こると、このページで述べてきた通り、一気に資金繰りが厳しくなります。現金商売であったとしても、結局は資金繰りに注力しなければいけません。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録