ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

サイトやブログを使ってセミナー受講者を集める

 

もしセミナー講師を行いたいのであれば、まずセミナーで話したいことや言いたいことをサイトやブログに書いてしまいましょう。「セミナーで言うことを書いてしまっても問題ないのか」と思う人は多いですが、結論を言えば全く問題ないです。

 

なぜなら、文章だけを読んでも分からないものは分からないからです。実際にリアルの場で話を聞くことでようやく腑に落ちますし、セミナーでは「講師に直接質問できる」という大きなメリットがあります。

 

稼げない人はケチな人です。「ここから先の情報は見せれない」と考え、情報の出し惜しみを行います。そうではなく、セミナーを開催したいのであればインターネット上に情報を公開することの方が先決です。それも、全公開です。

 

そうすれば、「アクセスの多いページと少ないページ」が出てきます。人気コンテンツや訪問者が知りたい内容が分かってくるようになり、さらに質の高いセミナーを作れるようになります。また、情報を公開すればアクセスが集まるため、その分だけセミナー受講者を集めやすくなります。

 

つまり、メリットしかありません。この本質を学べば、情報を公開しないことがいかに愚かな行為であることを理解できます。

 

 情報を公開できる人であるほど集客ができる
かつて、情報発信は一部の大企業しかできませんでした。しかし、現在ではサイトやブログなどによって誰でも情報発信が可能な時代です。私は「サイト運営」を勧めていますが、このような情報発信を行うとで集客ができるようになります。

 

セミナー講師であっても、集客を行うためにインターネットを有効に活用している人はたくさんいます。見ず知らずの人に興味を持たせ、セミナーへ誘導することがインターネットでは可能です。たとえ、無名の講師であってでもです。

 

また、サイトを活用することであなたをブランディングできます。具体的には、サイトやブログに「セミナーを開催したときの様子」を詳細に載せます。当日の様子や講師の写真、セミナー内容などを記述するのです。

 

サイトやブログに訪れた人は、その内容を見ることで「この人はセミナー講師を行っている」ことを認識させることができます。もし出版しているのであれば、それらの情報も積極的に載せることでさらなる権威づけが可能です。

 

 サイトからセミナーへ集客する
実際にセミナーへ出席して聞かないことには、そのセミナーの良し悪しは分かりません。そこで、サイトからセミナーへ集客するためには、前述の通りサイト上に前回開催したセミナーの内容を詳細に書く必要があります。

 

もしセミナー経験のない方であれば、友達を数人集めて無料で開催し、その時の写真を掲載してください。このときのポイントとしては、次のようなものがあります。

 

 ①多くの写真を用いる
講師の写真を載せるのは当然ですが、「受講者と共にあなたが壇上で話している写真」を載せることで、訪問者に対して大きくアピールすることができます。このときは満席のセミナー写真を掲載します。

 

「わざわざ時間を作り、お金を払ってまであなたの話を聞きに行く価値があるのか」「あなたに講師としての実績がどれだけあるのか」などを訪問者は考えます。これに対して、文章と写真で答えていくのです。

 

セミナー内容を想像してもらいやすいように、「過去のセミナー映像を一部抜粋する」「講師からのメッセージを掲載する」など、動画を有効活用している人もいます。

 

 ②参加するメリットを提示する
あなたのセミナーへ参加することで、どのようなメリットがあるのか示さなければなりません。同じお金が関わるセミナーであっても、「毎月100万稼ぐ起業家向けセミナー」と「毎月1万円を節約する主婦向けセミナー」ではメッセージが異なります。

 

また、そもそも「セミナーを受けることで、どのような明るい未来が待っているか」を提示できていない人はたくさんいます。「なぜ、あなたのセミナーへ参加しなければいけないのか」に答えましょう。

 

 ③感想コメントを「お客様の声」として活用する
いくらあなたが「自分のセミナーは素晴らしいです」と言ったところで、他の人は信用してくれません。そこで、過去にセミナーへ参加したことのある人の「声」を掲載します。つまり、セミナーの募集ページに「お客様の声」を載せるのです。これには、アンケートを活用します。

 

たいていセミナー後はアンケートを書いてもらいます。このアンケート用紙をそのままお客様の声として活用するのです。もちろん、事前に承諾を得た上でウェブ上に掲載します。

 

他の人からの客観的な評価を載せることにより、「どのような学びがあったか」「セミナーの様子はどうだったか」をサイト訪問者に対して想像させるのです。これによって、価値のあるセミナーであると思ってくれやすくなり、サイト上から集客を行いやすくなります。

 

 ④セミナーの開催情報を入れる
当然ですが、セミナーの開催情報を入れなければ「セミナーに来れるかどうか」を判断できません。

 

開催場所や時間、タイムスケジュール、懇親会の有無、会場への地図を入れるなど、できるだけ詳細な情報を載せるようにしてください。

 

単純に考えれば、「セミナーに関する情報をできるだけたくさん載せること」がウェブを活用して集客を行うコツです。文章だけでなく、このときは写真や動画を活用します。過去のセミナー内容も入れる必要があります。

 

推薦者の声やあなたからのメッセージ、過去の参加者がどのような活躍をしているかまで載せれば、集客を行えるサイトが完成されます。セミナー集客のできるサイトは「多くの情報や実績が掲載されているサイト」であることを認識し、インターネットを活用して効率的な集客を行ってください。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

ビジネスで稼げる人は全員セミナーを行っている
セミナーで稼ぐためのビジネスモデルを理解する
差別化戦略によるセミナーモデル
セミナー講師が絶対に行ってはいけないこと:失敗経験から学ぶ
ジョイントセミナーは成功しにくい
ジョイントセミナー開催での有名講師の招待法
セミナーで懇親会を開く際の注意点
人数を集めないセミナーほど成功する
開催日を決めるとセミナーが動き始める
講師はセミナーで謙遜してはいけない
ボランティアスタッフをセミナーで募集するには
値段の高いセミナーであるほど満足度は高い
セミナー講師が話し方を上達させるためには
セミナーやイベント企画の参加者が予想外に少ないときの考え方
セミナーの開催日時や会場の決め方
セミナー集客のタイトル決めに必要な6つのポイント
2時間のセミナーを構築するためのステップ
セミナー満足度を高める3つの法則
セミナーの9割は準備で決まる
セミナー内容をレジュメに全て書いてはいけない
セミナースタッフに「名札」を付けさせる理由
セミナー当日の持ち物チェックリスト
セミナー集客は会場予約から始まる
セミナー受講者を集める際の集客状況の推移
効果的なセミナー集客の極意
メールマガジン(メルマガ)がセミナー集客に最も効果的
受講者数を1.5倍にするセミナー集客法
リアル媒体とインターネットを駆使したセミナー集客法
業種・地域を絞った法人向けセミナーでのFAXDM集客
士業が効果を発揮するセミナー集客法
セミナー参加費を決める3つの法則
参加費が高額なセミナーを開催して集客を行う
高額商品を作る5ステップ
最強のバックエンド販売の勉強方法
セミナー後に行うバックエンドの販売方法
セミナー映像を教材・特典にする