ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

差別化戦略によってライバル引き離すセミナーモデル

 

ビジネスでお金を稼ぐ以上、必ず差別化を行わなければいけません。これはセミナーを開催するときであっても同じです。要は、「他のセミナーと何が違うのか」を明確にする必要があります。

 

差別化を明確に行えていなければ、セミナー受講者を集めるのは難しいでしょう。

 

例えば、「起業セミナーを開催」と言われたところで意味が分かりません。起業といっても、お金を稼ぐ方法はいくらでもあります。株式投資やFXなどのリスクの高いものがあれば、フランチャイズなどで起業する方法もあります。

 

ネットビジネスであっても、「情報商材系アフィリエイトのようなグレーなビジネス」から、私が教える「サイト運営を基盤として企業コンサルをする方法」、「広告モデルを構築するビジネスモデル」など、その内容はさまざまです。

 

人によって求めていることが違います。起業セミナーという大ざっぱな括りでは刺さらないのです。そこで、他と何が違うのか明確にするのです。ただ、差別化と言ってもものすごく難しいことを行うわけではありません。これを行うためには、2つのステップに従うだけです。

 

 強み・USPを見つける
「サイト・ブログを使った情報発信」や「書籍の出版」、「セミナー講師として話す」など、これらのビジネスを行うときは必ずあなたの強みを見つけなければいけません。このような「その人独自の強み」はUSP(Unique Selling Proposition)という言葉で表現されることもあります。

 

この「強み・USPを見つけること」が第一ステップです。これは、自分の過去を思いだし、他人に聞きながら地道に見つけていくしか方法はありません。例えば、

 

・他人に相談されることは何か
・過去に最もお金や時間を費やしてきたことは何か

 

などを必死で思い出していきます。この時の注意点は、先に述べた通り「他人に聞くこと」です。

 

自分にとっては当たり前のようにできてしまうため、何もせずに自分の強みに気がつくことはありません。あなたの強みを一番良く知っているのは身近にいる他人です。そこで、上司や部下、家族、友達などに聞く必要があります。

 

このような過程を経て何日も必死で考えた結果、よくやく他人にはできない自分独自の強み・USPを発見することができるようになります。

 

 ビジネスの見せ方を工夫する
自分の強みを見つけた後、今度は「見せ方の工夫」をしなければいけません。例えば、私であれば薬学系サイトを運営する時に「大学課程の薬学」という見せ方をしています。このような解説をしているサイトは他にありません。しかし、サイトを見ると内容は「医療」を全般に解説しています。

 

また、ビジネス系サイトでは「ポータルサイトビジネス」という見せ方をしています。実績などを含め、この分野で私に勝てる人は他にいません。しかし、ビジネス系サイトには「起業」に関わることであれば、あらゆる知識を載せています。

 

このように見せ方を工夫するのです。「医療」や「起業」というありきたりな内容であっても、見せ方を工夫するだけでかなり斬新になります。それでは、以下に差別化戦略を行う方法をいくつか提示していきます。

 

 ・カリスマ美容師の法則
世の中には「カリスマ美容師」と言われる方々がいます。ただ、「自分はカリスマ美容師です」と宣言したところで、他人から馬鹿にされるだけです。では、なぜカリスマ美容師と言えるのでしょうか。

 

それは、カリスマ美容師の場合には「お客様が凄い」ということがあります。カリスマ美容師はモデルや芸能人などをお客様としてもっています。つまり、「これだけ凄いお客様がいるので、自分はカリスマ美容師なのだ」という理論なのです。

 

これであれば、誰もが納得します。モデルや芸能人がお客様にいるため、そのような人を相手にする美容師は誰からも信頼されます。ビジネスでは、このような現象を「信頼の移動」といいます。この場合に限り、カリスマ美容師と名乗っても問題ありません。

 

これは、ビジネスでも同様です。例えば、セミナーを開催するときに「その分野で誰もが知っている人と共同開催する」などを行えば信頼の移動が起こります。受講者にとって、あなたも凄い人であると勝手に思われるようになります。これがカリスマ美容師の法則です。

 

 ・異分野を組み合わせる
他にも、最も一般的な差別化戦略として「2つの分野を組み合わせる」ことがあります。そもそも、1つの分野でトップに立つことは物凄く難しいです。例えば、野球で頂点に立てる人はほんのひと握りです。よほどの才能がない限り、ほぼ不可能と言ってもいいでしょう。

 

では、この視点を変えて「野球で甲子園に出場したことがあり、かつ芸人の方」であったらどうでしょうか。急激に競合が少なくなります。甲子園に出場しただけで大々的に注目されることは少ないですが、芸人であればこれをネタとして使えるわけです。

 

ビジネスもこれと同じです。実際、先ほど述べた通り、私もこのビジネス系サイトで「ポータルサイトビジネス」という見せ方をしています。「起業」について教えるとは言っても、私よりも圧倒的な実績を出している人はいくらでもいます。これはネットビジネスであっても同様です。

 

しかし、「ネットビジネス×ポータルサイト」となると、急に誰も私に勝てなくなります。これが、組み合わせるという意味です。

 

世の中にはいろいろな物を組み合わせている人がいます。例えば、「医師×タレント」という人がいれば、という人がいれば、「モデル×おネェ系」という方もいます。

 

1つの分野だけではダメです。2つの分野を組み合わせることにより、ようやく自分独自の強み・USPを活かせることができます。ビジネスでの見せ方を変えるとは、こういうことを指します。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

ビジネスで稼げる人は全員セミナーを行っている
セミナーで稼ぐためのビジネスモデルを理解する
セミナー講師が絶対に行ってはいけないこと:失敗経験から学ぶ
ジョイントセミナーは成功しにくい
ジョイントセミナー開催での有名講師の招待法
セミナーで懇親会を開く際の注意点
人数を集めないセミナーほど成功する
開催日を決めるとセミナーが動き始める
講師はセミナーで謙遜してはいけない
ボランティアスタッフをセミナーで募集するには
値段の高いセミナーであるほど満足度は高い
セミナー講師が話し方を上達させるためには
セミナーやイベント企画の参加者が予想外に少ないときの考え方
セミナーの開催日時や会場の決め方
セミナー集客のタイトル決めに必要な6つのポイント
2時間のセミナーを構築するためのステップ
セミナー満足度を高める3つの法則
セミナーの9割は準備で決まる
セミナー内容をレジュメに全て書いてはいけない
セミナースタッフに「名札」を付けさせる理由
セミナー当日の持ち物チェックリスト
セミナー集客は会場予約から始まる
セミナー受講者を集める際の集客状況の推移
効果的なセミナー集客の極意
サイトやブログを使ってセミナー受講者を集める
メールマガジン(メルマガ)がセミナー集客に最も効果的
受講者数を1.5倍にするセミナー集客法
リアル媒体とインターネットを駆使したセミナー集客法
業種・地域を絞った法人向けセミナーでのFAXDM集客
士業が効果を発揮するセミナー集客法
セミナー参加費を決める3つの法則
参加費が高額なセミナーを開催して集客を行う
高額商品を作る5ステップ
最強のバックエンド販売の勉強方法
セミナー後に行うバックエンドの販売方法
セミナー映像を教材・特典にする