ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

インターネットを使い、「販売」と「集客」を融合させるには

 

ネットビジネスでは、文字通り主に「ネットを使って」ビジネスを行います。そのため、全て自動化が可能であり、非常に利益率が高いです。

 

ただ、だからといって、全てインターネットだけで完結していてはダメです。少なくとも、インターネットだけで小さくまとまらないでほしいと思います。

 

 リアルとネットを融合させる
ビジネスを行うのであれば、たとえネットビジネスに興味をもっている人であっても、ここに少しでもいいのでリアルビジネスで行われている要素も取り入れてください。

 

例えば、

 

・電話セールスを行う

 

・企業に出向いてコンサルを行う

 

・出版を実現させる

 

などがあります。これを行えば、ビジネスが飛躍的に伸びていきます。少なくとも、ネットだけで完結している人たちの何倍もの収益を生み出すことが可能になるでしょう。

 

考えてみてください。なぜ、世の中の99%の企業はリアルビジネスを行っているのでしょうか。それは、「販売」という面ではリアルビジネスが最も適しているからです。

 

ネット上では売れない商品でも、対面などリアルな世界ではいくらでも売れていきます。「売りやすさ」という面で言えば、ネットよりもリアルの方が圧倒的に有利なのです。

 

一方、リアルビジネスは「集客」にそこまで向いていません。これに関しては、お客様を自動でファン化させたり、24時間どこからでもアクセスできるネットが向いています。だからこそ、両方を融合させる必要があります。

 

どれだけ優秀なセールスマンがいて「販売」に特化していたとしても、そもそも商品を売るためのお客様がいなければビジネスは成立しません。そこで、

 

「集客」はインターネットで行い、「販売」はリアルで行う

 

という住み分けを行うのです。

 

これは、多くの企業が実践しています。これを理解すると、ようやくビジネス思考が働きはじめます。例えば、以下のようなものがあります。

 

・なぜ、住宅販売の会社はあの手この手を使って
 展示場に足を運んでもらおうとしているのか

 

・なぜ、保険の営業マンは無料説明会まで行って人を集めようとしているのか

 

これらの人たちの戦略は、「たとえネットを使った集客であっても、その着地点はリアルの場(対面)」です。この理由は簡単で、対面が最も商品を売りやすいからです。だからこそ、リアルビジネスを多くの人が行なっています。

 

しかし、前述の通り、リアルビジネスだけでは集客が圧倒的に難しいです。そのため、上手くビジネスを動かしている企業は「ネット」と「リアル」の両方を融合させているのです。

 

 ネットビジネスでは「集客」だけができれば問題ない
ただ、これからネットビジネスを始める人に限っては「集客」さえできれば問題ありません。なぜなら、「集客」ができるだけでビジネスが成り立つからです。

 

多くの企業は商品もあり、「販売」もできます。しかし、「集客」は素人です。ここに目をつけ、「集客」を代わりに行ってあげるのです。

 

その代わり、成果報酬でバックマージンをくださいという契約を結びます。これが、リアルビジネスを交えたアフィリエイト戦略です。

 

これは私も行なっています。薬学系サイトを利用し、例えば薬学生や薬剤師の方を企業へ紹介しています。このような人を集められる人は他におらず、私だからこそ可能なのです。

 

情報商材を売るねずみ講ビジネスやサイトアフィリ(サイト上で商品を売ること)だけがアフィリエイトではありません。

 

さらに言えば、「お客様を集められる」ということは、「超優秀なコンサルタントとして活躍できる」ということにもなります。だからこそ、経営コンサルタントになるのは簡単だと私はいつも言っています。

 

お客様の獲得に困っている企業は腐る程います。そのため、「集客」のできる人と組みたい企業はいくらでもいます。

 

要は、「集客」ができる人は最強だと思ってください。たとえ現時点で売るための商品をあなたが持っていなかったとしても、商品を持っている人を見つけてアプローチすればいいのです。

 

その代わりとして集客を手伝い、商品を販売した後に残った利益をバックしてもらいます。後は集客の人数を増やせるように努力した分だけ収入が増えていくはずです。

 

もちろん、既に事業を行っている人がインターネットを使って自ら集客を行えば、さらに飛躍することになります。既にリアルビジネスを行っている人の方が、インターネットの要素を取り入れることによる成果が表れやすいです。なぜなら、「集客 → 販売(セールス)」までの流れがスムーズになるからです。

 

ただ、これまで説明した通り、ビジネス初心者は「集客」だけを極めるようにしてください。特にネットを使って集客を行うのであれば、その最も基本となるものに「サイト」があります。

 

サイトという概念はネットの初期から存在します。そして、有用なコンテンツで埋められたサイトは今後無くなることはありえません。つまり、「サイト」を一度極めれば、それだけで延々と収益を出し続けることが可能になります。

 

これを理解した上で、たとえネットビジネスを行うにしても、「リアルと融合させる」という思考をもった状態でビジネスを組み立ててほしいと思います。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

ネットビジネスはアフィリエイトが全てではない
ビジネスでは自分が行わない事を選ぶ作業でもある
FAXDMの活用方法
ネットで売れる商品と売れない商品
ビジネスではアイディアは必要ない
将来、何十年にも渡って稼ぎ続けるには
新規顧客は必要ない:顧客リストの重要性
残業するなど、アイディアに時間をかけるほど発想力が弱くなる
リアルビジネスでの付加価値により、最短で現金を生み出す思考法とは
わずかな工夫によってリピート率を大幅に改善する
コアをなくすことで逃げられなくする
ハブを考えて売上を10倍にする方法
無料セミナーから学ぶ本物の営業手法
最強の参入障壁とは何か
会社(組織)によって優秀社員の定義が違う
値下げを行うと倒産への一歩を踏み出す
ニーズとウォンツの違い
ドミナント戦略:同じ地域に多店舗出店する理由
ノウハウではなく、「誰と組むか」がビジネスで最も重要
ゼロベースの人がビジネスを始めるに当たって考えるべき事
ビジネスでシナジー効果を生み出すジョイント思考
相手のメリットを提示してビジネスを加速させる
専門家になれば、あらゆるビジネス分野で勝負できる
高校生でも出来るリスト構築法により、ビジネスを加速させる
ライバル不在で一人勝ちするための「ズラし」のテクニック
誰でもビジネスで稼ぐチャンスがある
広告は短期間に出すと成果が高くなる
資格は必要ない:成果報酬で稼ぐ本物のビジネス
良質の客だけを引き寄せるビジネス手法
ネットビジネスの基本はメルマガではない
パレートの法則を知る:稼ぐために必要な絶対的な思考とは
お金をドブに捨てることができるか:正しい失敗をする
同じ顧客から何回も売上を上げる(リピートさせる)
商品を爆発的に売る手法
「高価格で高付加価値の商品」を欲しがるお客様は必ず存在する
お客様に喜ばれながら電話営業を行う方法