ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ネットで売れる商品と売れない商品

 

一言に「売る」と言っても、その対象によって多くの売り方があります。企業が個人に売る「B to C」や企業と企業との取引である「B to B」などがあります。

 

この中で、ネットビジネスを行う人のほとんどは個人に対して売ろうとします。しかし、売る対象としては個人だけでなく、企業へ売る方法もあることを認識した方が良いです。

 

さらに言えば、ネットだけが全てではないです。ネットで売れるものと、ネットでは売りにくいものがあるので注意した方が良いです。

 

 企業を対象とした方が良いもの
例えば、「ビジネスをスタートさせて金を稼ぐために、莫大なアクセスを集める方法を教えます」と言うとします。これは私が一番得意して誰にも負けない分野の一つです。

 

私が保有している薬学系サイト(役に立つ薬の情報~専門薬学)は専門サイトです。このような専門サイトを構築することにより、感謝されながら安定収入を手に入れることができます。

 

しかも、アクセスを集める基本はどれも同じなので、どの分野でも応用することができます。しかし、実はこのノウハウは個人に対して売りにくいです。

 

なぜなら、時間がかかるからです。半年以上は見てくれないと困ります。放置で稼ぎ、勝手にアクセスが伸び続けるのは事実ですが、半年など時間がかかってしまうので個人でモチベーションを保てる人は少ないです。

 

※ただし、ブログも同じように半年以上続けないと効果がないです。継続という意味ではどれも同じだと思ってください。

 

それではどうするかと言うと、これを法人に向けて売ります。会社は既に商品を持っており、働いている社員もいます。私の手法を取り入れてある程度の長期的スパンで考えれば、売り上げを2倍にするくらいであれば簡単に達成できます。

 

そのため、法人に対しては売りやすいノウハウとなります。

 

SEO業者に頼めば一時的に検索結果の上位に表示させることが可能です。しかし、SEO業者に頼まなくなれば元通りの状態となります。ただし、私の手法を取り入れれば永遠に検索結果の上位に表示され続けて莫大なアクセスを稼ぐことができます。

 

SEO業者に頼んでも、検索結果に上位表示されるのに早くても三ヶ月はかかります。こう考えれば、高い金額をかけてSEO業者に頼むよりも、私に頼んで永遠に上位表示させてアクセスを集められる方が良いと分かります。

 

このような理由があるからこそ、私のノウハウは法人に売れます。つまり、コンサルタントとして企業にアドバイスすることが可能になります。

 

 個人に売るにはどうすれば良いか
それでは、私の方法は個人に売れないかと言うとそうでもないです。要は見せ方を変えれば良いのです。

 

例えば、私はサイトアフィリエイトによっても月100万以上の収益があります。サイトアフィリエイトを行う場合、アクセスを集める作業がどうしても必要になります。

 

そこで、「専門サイトの構築によってアクセスを集める方法」ではなく、「サイトアフィリエイトによって稼ぐためにアクセスを3倍にする方法」という見せ方をすれば個人に対してもアプローチできます。

 

アクセスを集める基本はどれも同じです。そのため、サイトアフィリエイトにも十分通用させることができます。

 

また、既にある程度の実績を上げている方であれば、「集客のできるサイトの構築方法を学んだ上で企業とコンサルティング契約を結び、収益を一瞬で10倍にする方法」であれば飛びつくかもしれません。このように、見せ方が重要になります。

 

 ネットでは売りにくい商品
情報やノウハウを売ると言っても、ネットで売りにくいものがあります。そのため、いくらネットで集客が自動でできるとは言っても、商品のコンセプト次第となります。

 

例えば、弁護士が分かりやすいです。いくら敏腕弁護士だったとしても、「法廷で裁判を有利に進める方法を教えます」と言われたところで、個人にして見れば全く欲しくありません。

 

法律用語を見ても理解できないですし、そもそも裁判として法廷に出ることすらほとんどないです。つまり、この場合はやはりリアルの現場で活躍するしかありません。

 

ただし、見せ方や商品コンセプトを変えればネットでも個人に売ることができます。例えば、法律に関することであれば、男性に対して「離婚時に相手から慰謝料を取られずに、より自然な状態で別れるための法律の抜け道」であれば売れるかもしれません。

 

このように、商品コンセプトによってネット上で売れる相手とそうでない相手を見極める必要があります。

 

ネットを活用した方法が最も利益率が高くて最強であることは事実です。また、集客に関してはどの分野でもネットを活用することができます。

 

しかし、必ずしもネットだけが全てではありません。「商品を売る方法」に関してはネット以外にも電話営業やセミナー、FAXDMなど多くの方法があります。これらの性質を理解した上で、どの販売手法が適しているかを見極める必要があります。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

ネットビジネスはアフィリエイトが全てではない
ビジネスでは自分が行わない事を選ぶ作業でもある
FAXDMの活用方法
ビジネスではアイディアは必要ない
将来、何十年にも渡って稼ぎ続けるには
新規顧客は必要ない:顧客リストの重要性
残業するなど、アイディアに時間をかけるほど発想力が弱くなる
リアルビジネスでの付加価値により、最短で現金を生み出す思考法とは
わずかな工夫によってリピート率を大幅に改善する
コアをなくすことで逃げられなくする
ハブを考えて売上を10倍にする方法
無料セミナーから学ぶ本物の営業手法
最強の参入障壁とは何か
会社(組織)によって優秀社員の定義が違う
値下げを行うと倒産への一歩を踏み出す
ニーズとウォンツの違い
ドミナント戦略:同じ地域に多店舗出店する理由
ノウハウではなく、「誰と組むか」がビジネスで最も重要
ゼロベースの人がビジネスを始めるに当たって考えるべき事
インターネットを使い、「販売」と「集客」を融合させるには
ビジネスでシナジー効果を生み出すジョイント思考
相手のメリットを提示してビジネスを加速させる
専門家になれば、あらゆるビジネス分野で勝負できる
高校生でも出来るリスト構築法により、ビジネスを加速させる
ライバル不在で一人勝ちするための「ズラし」のテクニック
誰でもビジネスで稼ぐチャンスがある
広告は短期間に出すと成果が高くなる
資格は必要ない:成果報酬で稼ぐ本物のビジネス
良質の客だけを引き寄せるビジネス手法
ネットビジネスの基本はメルマガではない
パレートの法則を知る:稼ぐために必要な絶対的な思考とは
お金をドブに捨てることができるか:正しい失敗をする
同じ顧客から何回も売上を上げる(リピートさせる)
商品を爆発的に売る手法
「高価格で高付加価値の商品」を欲しがるお客様は必ず存在する
お客様に喜ばれながら電話営業を行う方法