ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

想像のしやすさが好意の度合いを分ける

 

相手の頭の中で想像しやすいかどうかはとても重要な要素の一つです。スッと頭の中に入ってこない場合、人間は思考を止めてしまいます。

 

これは、講義で少しでも難しい事を言われれば、すぐに眠たくなってしまうのと同じです。相手の言っている事が意味不明であるため、そもそも聞く気が失せてしまいます。

 

ただし、心理学を考える上ではもっと踏み込んで考えていきます。

 

難しい事や考えにくい事を言われた時、ただ単に思考停止状態に陥るだけでなく、その相手に対して悪い印象を持つようになります。逆に考えれば、想像しやすければその分だけ好感を得るようになります。

 

そのため、これを認識すれば「何かを説明する時はできるだけ分かりやすく説明しなければいけない」と理解できるようになります。

 

 質問方法を考える
例えば、友達から次のような質問を受けた時にあなたはどのように思うでしょうか。

 

「私の長所を1つだけ教えてくれない?」

 

多分、すぐに答えることができるので何ともないでしょう。一つだけ答えれば良いので、とても想像しやすく考えやすい質問です。

 

それでは、この質問を次のように変えてみるとどうでしょうか。

 

「私の長所を10つ挙げてみて」

 

この場合であると、多くの人がかなり悩みながら回答していく必要があります。なかなか質問に答えられないと思います。

 

そして重要なのは、「長所を1つだけ教えて欲しい」という質問と「長所を10つ挙げてほしい」という質問では、前者の方がよりその人に対して好感を持つことが分かっています。

 

その逆に「長所を10つ挙げてほしい」という質問では、相手に対して頭を使わせてしまうので好感度が下がってしまうのです。

 

このように、想像しやすいかどうかは「その相手に好意を抱かせる」という事に関してとても重要な要素となります。

 

 ビジネスでの想像しやすさ
「想像のしやすさによって好感度が分かれる」という原理は人に限らず、商品においても同じです。ある車のアンケートを取るにしても、その車に関する好きな点を「1つ教えてほしい」と「10つ教えてほしい」では、後者の質問の方が好感度は下がってしまいます。

 

そのため、ビジネスとして商品販売を行う場合は「できるだけストレスなく相手の頭の中に情報が入ってくる」という状態を作り出す必要があります。人間は考えることを嫌う生き物であるため、想像のしやすさによっても商品が売れるかどうかが分かれてしまいます。

 

これを考えると、パソコンをはじめとする電化製品の説明書はいかにビジネススキルのない人たちが作成しているか理解できると思います。

 

あまりパソコンが得意でない人であれば、写真や絵をつけて「小学生でも分かるような説明書」を情報として付加させるだけで他社製品より多少高くても売れるようになります。重要なのは、相手が想像しやすいかどうかです。

 

こう考えると、難しい専門用語はできるだけ排除した方が良いと分かります。特に難しい言葉が飛び交っている分野であれば、その難解な言葉を初心者向けに翻訳するだけで誰も真似できない差別化を実現させることができます。

 

しかも、そちらの方がファンになってくれる確率が格段に高いです。

 

ちなみに、私の保有する薬学系サイトも「薬学生など、大学生ができるだけストレスフリーで理解できる中級レベルの教科書」というコンセプトで書いています。そのため、毎日のように感謝メールが届くようになります。

 

もしこれが難解な言葉で埋められていれば、ここまで人気サイトになることはなかったはずです。

 

このように、難しい言葉を排除して分かりやすく伝えることを意識すれば、相手に好感を抱かせやすくなります。

 

なお、私の場合は人によって「むしろ言葉を噛み砕きすぎて、説明が長くなっている」と言われることもあります。理解の早い人にとって私の説明は少し遠回りのようですが、それでも分かりやすい説明の方が良いと考えています。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

「影響力の武器」から学ぶ心理学
固定的動作パターン(高級商品で勝負するためには)
固定的動作パターン(理由をつけて頼むことで行動させる)
コントラストの原理:商品を安く見せる方法
上位商品を出す本当の意味とは:極端の回避性(松竹梅の法則)
選択肢が多くなると人は買わなくなる
先に弱点を見せ、相手から大きな信頼を得る
ポイントを素早く溜めさせ、売上を上げる方法
特典の価値を上げるために
創造的な考えをチーム内に生み出す方法:反対意見を取り入れる
返応性の法則とは:与えられると返さなければいけない
返応性の法則を利用する方法:先に与えて反応率を上げる
自分よりも上のレベルの人と親しくなる唯一の方法
拒否された後に譲歩(ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック)
一貫性の法則:積極的なコミットメント
クロスセルと一貫性の法則
フット・イン・ザ・ドア・テクニック
コレクター精神:欠けていると気になって集めてしまう
「社会的証明の原理」によるメッセージ
社会的証明の原理を利用して人を動かす
ラベリング・テクニック:言葉で人を変える方法
集団的無知による社会的証明の原理
オークションに出品する時の値段設定:安くするか高くするか
名札を付けて鏡を置けば正しい人間になる法則
3ヶ月待ちの商品を作る本当の意味:製品の期待度を高めて売る
ザイオンス効果:会う回数が多いほど親しくなる
類似性:似ていると好感を持ちやすくなる
サプライズによって顧客満足度を上げる:キャンディーの価値
真似をすることで好感を得るためには
バーナム効果:誰でも占い師になれる理由とは
人は権威によって動かされる:機長症候群
権威付けの証明:他の人に説明してもらう
連合の法則:虎の威を借りて自分を良く見せる方法
希少性(限定性)の原理:人を行動させるには
得られる物よりも、失う恐怖の方が大きい:損失回避性
値上げは悪い、失うのは最悪:希少性の原理