ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

オークションに出品する時の値段設定:安くするか高くするか

 

ネット上でオークションに出す時に最初の値段を高くするか低くするか迷ってしまうと思います。多分、多くの人は最初の値段を高く設定しようと考えます。入札された時にある程度の値段が確保されるため、値段を高くした方が安心します。

 

しかし、ビジネスでは多くの人が行うことの反対をする人が成功します。商品の種類にもよりますが、オークションの場合であれば値段を敢えて低く設定することで収益性が上がることを認識してください。

 

 値段を比較できないもの
ビジネスでは値段を比較することができない商品であるほど有利です。例えば、生活雑貨であればすぐにネット上で値段を比較されるために、一番安いところで購入されてしまいます。

 

しかし、同じ家具でも年代物でプレミアが付くと高い安いの区別が難しくなります。素人には何が良くてプレミアが付いているのか判断できないため、急に値段設定が曖昧になります。

 

このように他の商品と値段を比較することができない商品の場合、オークションでは敢えて最初の値段を低く設定した方が高く売れるケースが多いです。ここにはいくつもの心理学の要素が絡んでいます。

 

最初から値段が高い場合であると、なかなか最初の一歩を踏み出すことができません。そこで、値段を低くすることで最初の障壁をできるだけ下げてしまうのです。これがフット・イン・ザ・ドア・テクニックになります。

 

 他の人に釣られて行動してしまう
また値段が低く最初の障壁が低いため、そのページに多くの人が訪れるようになります。最初の値段が低いために入札回数が上がっていき、その分だけたくさんの人の目に止まるようになります。

 

人は入札回数がゼロの商品のページを訪れようとは思いません。しかし、たくさんの入札がある商品であれば「この商品は一体何なのだろう」と思ってそのページを訪れます。これが、社会的証明の原理です。

 

人間は他の人の行動に合わせようとする習性があるため、多くの人が入札しているページには何かあると思ってしまうのです。

 

行列のできるラーメン屋で出されるラーメンが無条件でおいしそうに思ってしまうのと同じように、多くの人が訪れるページはそれだけで良い商品が置いてあるように思えてしまうのです。

 

また、オークションの最後ではどんどん値段が釣りあがっていきます。これには、一貫性の法則が関与しています。

 

一旦入札すると、何とかしてその商品を手に入れたいという思いに駆られてしまいます。そのために入札の最後の方になると引くに引けない心理状態となってジリジリと値段が上がっていくのです。

 

最初から値段を高く設定すると、そもそもオークションに参加する人の人数が少なくなります。そのため、入札回数が少なくなってページを訪れる人も少なくなります。入札に参加する人が減るため、結果としてあまり高い値段では売れなくなります。

 

このように考えると、オークションを出品する際は「最初の値段」に関して勇気を出して下げてみることも必要です。値段をネット上で比較できる商品はこの手法がなかなか難しいですが、値段が曖昧な商品であればこのような手法はそれなりに有効です。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

「影響力の武器」から学ぶ心理学
固定的動作パターン(高級商品で勝負するためには)
固定的動作パターン(理由をつけて頼むことで行動させる)
コントラストの原理:商品を安く見せる方法
上位商品を出す本当の意味とは:極端の回避性(松竹梅の法則)
選択肢が多くなると人は買わなくなる
先に弱点を見せ、相手から大きな信頼を得る
ポイントを素早く溜めさせ、売上を上げる方法
特典の価値を上げるために
創造的な考えをチーム内に生み出す方法:反対意見を取り入れる
返応性の法則とは:与えられると返さなければいけない
返応性の法則を利用する方法:先に与えて反応率を上げる
自分よりも上のレベルの人と親しくなる唯一の方法
拒否された後に譲歩(ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック)
一貫性の法則:積極的なコミットメント
クロスセルと一貫性の法則
フット・イン・ザ・ドア・テクニック
コレクター精神:欠けていると気になって集めてしまう
「社会的証明の原理」によるメッセージ
社会的証明の原理を利用して人を動かす
ラベリング・テクニック:言葉で人を変える方法
集団的無知による社会的証明の原理
名札を付けて鏡を置けば正しい人間になる法則
3ヶ月待ちの商品を作る本当の意味:製品の期待度を高めて売る
ザイオンス効果:会う回数が多いほど親しくなる
類似性:似ていると好感を持ちやすくなる
サプライズによって顧客満足度を上げる:キャンディーの価値
真似をすることで好感を得るためには
想像のしやすさが好意の度合いを分ける
バーナム効果:誰でも占い師になれる理由とは
人は権威によって動かされる:機長症候群
権威付けの証明:他の人に説明してもらう
連合の法則:虎の威を借りて自分を良く見せる方法
希少性(限定性)の原理:人を行動させるには
得られる物よりも、失う恐怖の方が大きい:損失回避性
値上げは悪い、失うのは最悪:希少性の原理