ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

発表では、シンプルなスライドが最も見やすい

 

人前で発表するとき、初心者であるほどスライド作りを最初に行おうとします。しかし、スライド作成より前に、話のコンセプトやストーリー、原稿の作成を先に行わなければいけません。この過程を飛ばしてスライドを作ると、何が言いたいのかよく分からないプレゼンになります。

 

そこで、スライドはあくまでも補助であることを認識する必要があります。スライドに沿って話をするのではなく、コンテンツやストーリーを補足するためにスライドを活用するのです。

 

 スライドの枚数は少ないほど良い
20分のプレゼンをおこなうとき、あなたは何枚のスライドを用意するでしょうか。初心者であれば、20枚のスライドを用意しようとします。しかし、20分の時間で20枚も使うとなると、1分で次々と変わっていく計算になります。スライドが目まぐるしく切り替わるため、聞き手は話の内容を理解できません。

 

20分のプレゼンであれば、スライドは多くても5枚です。「1枚のスライドにつき5分を使う」と考えると、20分の場合はスライド4枚が妥当です。

 

発表の上手な人を観察すると、多くのスライドを用いていないことが分かります。できるだけ少ない枚数で訴えかけ、聴衆の心を動かそうとします。重要なのはスライドの数ではなく、コンテンツの質です。内容を作り込んでいれば、聞き手は満足してくれます。

 

意識すべきポイントは「最も重要な箇所だけをスライドに書く」ことです。あなたの言いたいことをスライドに全て書き込んではいけません。スライドに書かれている重要箇所をヒントにして、後は話の中で補足していくのです。

 

スライドに全てを記載してしまい、それを読み上げるだけであれば、資料を配るだけで事足ります。聞き手は「スライドや資料に書かれていないことを聞きたい」と考えているため、読むだけのプレゼンでは聴衆は不満ばかりが溜まります。

 

 シンプルなスライドを目指す
重要箇所だけを記載していけば、シンプルなスライドになります。さらに、スライド枚数も少なくなります。こうして、見やすいスライドが完成されます。

 

目指すべきは、シンプルなデザインです。よくある失敗は情報を盛り込み過ぎてしまうことです。多くの情報が詰め込まれると、理解に苦労するため、何が言いたいのか分からないスライドになってしまいます。

 

シンプルなスライド

例として、私が過去にセミナーを行ったときのスライドを右に記します。見てわかる通り、多くの文字はありません。

 

少ない文字と図によって示されたシンプルなスライドであることが分かります。

 

ここに多くの文字情報が羅列されていたらどうでしょうか。多分、大体数の人はその時点で話を聞きたくなくなるのではないでしょうか。

 

最も難しいのは、「できるだけ簡単に、そして分かりやすくする」という行為です。難しい言葉で長く話すのは誰でもできます。それよりも、短い言葉で相手に理解させる方が難易度は高いです。プレゼン能力の高い人であれば、次のように言うでしょう。

 

「今回は話が長くなります。なぜなら、話を短くするための時間がなかったからです」

 

相手に伝わる発表をしたい場合、時間と労力をかけて言いたいことを絞る必要があります。こうしてシンプルなスライドにしていきます。

 

言葉は短いほど伝わります。長く話せば話すほど、内容が薄まってしまうことを認識しなければいけません。これはスライドでも同様であり、本当に重要な箇所だけを簡素にまとめた内容であるほど、相手に理解してもらいやすくなります。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

プレゼン発表では、スライドを少なくしてコンテンツを絞る
キーフレーズがプレゼン成功のカギを握る
プレゼンで話すときは重点ポイント(要点)を3つに絞る
プレゼンはコンセプト(目的)を最初に考え、スライドを後で作る
プレゼンを成功に導く「紹介」の極意
セミナーや講演での聴衆の集中力は開始10~20秒が最も高い
オープニングで聴衆をひきつける3つのプレゼン術
コンテンツ作りで重要なプレゼンの5項目
プレゼンではコンテンツのつなぎ目(トランジション)を意識する
プレゼン後に聴衆に行動を促すクロージングの極意
魅力的なプレゼンではストーリー(物語)を語る
プレゼンでストーリーを語るための元ネタの探し方
プレゼンでストーリーを構築するための3ステップ
コンテンツを深める「振り返り」のプレゼン技術
締めくくりで行うべきスピーチの技術
聞き手に伝わるコンテンツ作成の条件:プレゼンテーション
統計データや偉人の証言などを載せ、話の信頼性を高める
本番までに原稿を用意・熟読し、プレゼンに備える
4つの視点からコンテンツを磨き、プレゼン内容を劇的に改善する
人前での発表で緊張しないための秘訣
スライドでは図や表を活用し、視覚(ビジュアル)に訴える
見やすいスライド作成の原則
ボディランゲージを使い、視覚・聴覚に訴えるプレゼン技術
正しい姿勢がセミナー成功の鍵を握る
人前でプレゼンする時の「目線の動き」を学ぶ
時間経過と共に会場全体を活用し、聴衆にインパクトを残す
最高のプレゼン映像でプロのスピーチを研究する