ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

人前でプレゼンする時の「目線の動き」を学ぶ

 

プレゼン技術はあらゆる場面で必要とされます。これは、セミナー講師で稼いでいる人や外部機関から講演に呼ばれる人に限りません。得意先での営業や社内会議での発表であっても、効果的なプレゼンを行うことを要求されます。内容はまったく同じであっても、あなたの話し方によって結果が左右されるからです。

 

営業現場であれば、販売成績に直結します。会議の場であっても、あなたの意見が通るか通らないかはプレゼン内容で決まります。

 

 全体を見て聴衆みんなと話を行う
あなたがプレゼンを行うとき、「目線の動き」についても注意しなければいけません。それでは、どこに目線を合わせて話せば良いのでしょうか。

 

たまに、セミナーなどで目線を下に向けたまま話す人がいます。聴衆と目線を合わさずに、淡々と内容を進めていくため、聞き手のやる気は次第に薄れてしまいます。

 

セミナーや講演、営業現場など、あらゆる場面で演者は聴衆とコミュニケーションを取らなければいけません。そのため、「聞き手と目線を合わせない」という行為を行ってはいけません。

 

そうではなく、「椅子に座っている聞き手全員と対話を行う」ことを意識しましょう。あなたと聴衆の目線が合えば、聞き手は「自分に向って話をしてくれている」と思ってくれます。そのように感じてくれれば、満足度は高まります。あなたが会場全体を見渡すことで、得することはあっても損することはありません。

 

ただ、人数が多くなると、一人一人と目線を合わせるのは難しくなります。全員と平等に接しなければいけないため、プレゼンで重要となる目線の動きを学ばなければいけません。

 

このときは「ジグザグの目線」を意識してください。まず、左奥に視線を合わせます。そこから右奥に移動します。ここから左手前に目線を移し、また右に移動するという具合に会場の奥から少しずつ手前に視線を移動させます。

 

ジグザグの目線

 

目線をジグザグにする今回の方法を「ジグザグ法」といいます。一点だけを見て話す人は多いですが、ジグザグの視線を意識するだけで多くの人と対話することができます。

 

なお、初心者であると、一番手前の人を見ない傾向があります。奥側だけをずっと見てしまうため、席の前に座っている人とのコミュニケーションを取れません。これを避けるため、前の席に対しても視線を意識しましょう。

 

ちなみに、視線の動きは他にも多くの手法があります。ただ、その中でも最も分かりやすく速効性のある方法が今回紹介した「Z型」の視線です。慣れてきたら、他の目線についても勉強してください。

 

 アイコンタクトを行う
視線を投げかけるだけでなく、アイコンタクトも行うようにしましょう。単に聴衆と視線を合わせれば良いというわけではありません。

 

例えば、左奥に目線を合わせるとき、同時にスピーチを行いましょう。左奥に座っている人に向けて語りかけるのです。すると、うなずいたり目線を合わせたりする人がいることを確認できるはずです。実際にプレゼンを行いながら、聴衆がどのような反応を示しているのか確認してください。

 

その次に視線を右にズラしていき、再び聞き手の反応を見ていきます。こうして、少しずつ視線を前へ移動させていきます。一番手前まで視線がいった後、今度は左奥に戻る、という具合に行っていきます。

 

これを何度も繰り返していると、必ず全員と平等に話しかけるようになります。聴衆にとっても、一度は「自分の方に向かって話してくれている」と思うことでしょう。そうすれば、休憩時間や懇親会のときに興味をもって話しかけてくれる確率が高まります。当然ながら、聞き手の満足度も格段に向上します。

 

このように考えると、目線の動きは意外と重要であることが分かります。目線を聴衆に合わせないと、大きな損をしてしまいます。聞き手全体に向けて語りかけることにより、対話することを心がけてください。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

プレゼン発表では、スライドを少なくしてコンテンツを絞る
キーフレーズがプレゼン成功のカギを握る
プレゼンで話すときは重点ポイント(要点)を3つに絞る
プレゼンはコンセプト(目的)を最初に考え、スライドを後で作る
プレゼンを成功に導く「紹介」の極意
セミナーや講演での聴衆の集中力は開始10~20秒が最も高い
オープニングで聴衆をひきつける3つのプレゼン術
コンテンツ作りで重要なプレゼンの5項目
プレゼンではコンテンツのつなぎ目(トランジション)を意識する
プレゼン後に聴衆に行動を促すクロージングの極意
魅力的なプレゼンではストーリー(物語)を語る
プレゼンでストーリーを語るための元ネタの探し方
プレゼンでストーリーを構築するための3ステップ
コンテンツを深める「振り返り」のプレゼン技術
締めくくりで行うべきスピーチの技術
聞き手に伝わるコンテンツ作成の条件:プレゼンテーション
統計データや偉人の証言などを載せ、話の信頼性を高める
本番までに原稿を用意・熟読し、プレゼンに備える
4つの視点からコンテンツを磨き、プレゼン内容を劇的に改善する
人前での発表で緊張しないための秘訣
発表では、シンプルなスライドが最も見やすい
スライドでは図や表を活用し、視覚(ビジュアル)に訴える
見やすいスライド作成の原則
ボディランゲージを使い、視覚・聴覚に訴えるプレゼン技術
正しい姿勢がセミナー成功の鍵を握る
時間経過と共に会場全体を活用し、聴衆にインパクトを残す
最高のプレゼン映像でプロのスピーチを研究する