ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

統計データや偉人の証言などを載せ、話の信頼性を高める

 

プレゼンを行うとき、話の信頼性を高めるにはどのようにすれば良いでしょうか。この問題は、「根拠のあるデータを示す」ことによって解決します。

 

ありきたりな内容を話しても、まったく面白みがありません。例えば、「ビジネスで成功するためには、他の人と違うことをしなさい」という話をするとします。ただ、これは事実を述べただけですし、言われなくても分かっています。そのため、聞き手は退屈して眠ってしまいます。

 

ただ、既に出されている統計データや偉人の証言などを交えると、急に話に信憑性が増してあなたの話を興味をもって聞いてくれるようになります。

 

 統計データを載せる
公の機関が発表しているデータを引用することにより、あなたの話がより真実であるように思わせることができます。空想で述べている内容ではないことを印象付けるのです。

 

例えば、先に話したようにビジネスでは他人とは違うことを行わなければいけません。この事実を伝えるとき、一般に公表されている統計データを用いて述べると以下のようになります。

 

ネットビジネスを始める人の話を聞くと、「年収1億円を目指しています」という人は多いです。ただ、そのような人であるほどアフィリエイトやせどりなど、既に世の中に出回っている手法で勝負しようとします。ただ、残念ながらそのような思考で年収1億円を稼ぐのは不可能です。

 

そもそも、日本全体で年収1億円を超えている人は全体の約0.01%です。国税庁の統計により、1万人に1人という明らかな数値が出ています。それにも関わらず、他人と同じことをして年収1億円に届くはずがありません。

 

だからこそ、自分オリジナルの手法を確立しなければいけません。「圧倒的な努力」と「年単位の時間」は当然にしても、年に1億円を稼ぐための手法自体も独自である必要があります。決して、既に出回っている方法を模倣したものであってはいけません。

 

今回は、国税庁が実施するデータを用いて話を行いました。このように既に知られているデータを用いることにより、単に「他の人と違うことをしなさい」という話をするよりも、信頼性の高い内容になります。

 

 偉人の証言を引用する
統計データを用いるメリットは、「あなたが空想で述べた内容ではない」ことを強調できることにあります。客観的な事実を述べるため、あなたの主張が補強されます。

 

同じように考えると、偉人の証言を引用することも効果的です。「既に知られている有名人も同じように言っている」ことを示せば、あなたの話の信憑性が増します。例えば、次のようになります。

 

グルコサミンを服用したとしても、ひざ関節がスムーズになることはありません。これは、何百年前から知られている事実です。

 

解剖学者としても知られる医師のウィリアム・ハンターは、「関節軟骨の構造と病気」について報告した論文の中で「軟骨が損傷すると、自然には治らない」と、既に1743年の時点で述べています。

 

軟骨が自然に増えることは難しいことを考えると、グルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントで軟骨が修復・再生されることはありません。

 

このようにして、主張したい内容に偉人や有名人の言葉を追加していきます。重要なのは、「○○として知られる」「△△で有名な」などの権威付けを行うことです。あなたが知っている偉人であっても、他の人は知らない可能性が高いです。そこで、過去に残した実績を簡単に述べる必要があります。

 

あなたの主張だけを述べても問題ありませんが、それだけでは信憑性が薄いです。これを補うために、客観的な事実が不可欠です。そのために「公のデータ」や「偉人・有名人の言葉」を利用してください。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

プレゼン発表では、スライドを少なくしてコンテンツを絞る
キーフレーズがプレゼン成功のカギを握る
プレゼンで話すときは重点ポイント(要点)を3つに絞る
プレゼンはコンセプト(目的)を最初に考え、スライドを後で作る
プレゼンを成功に導く「紹介」の極意
セミナーや講演での聴衆の集中力は開始10~20秒が最も高い
オープニングで聴衆をひきつける3つのプレゼン術
コンテンツ作りで重要なプレゼンの5項目
プレゼンではコンテンツのつなぎ目(トランジション)を意識する
プレゼン後に聴衆に行動を促すクロージングの極意
魅力的なプレゼンではストーリー(物語)を語る
プレゼンでストーリーを語るための元ネタの探し方
プレゼンでストーリーを構築するための3ステップ
コンテンツを深める「振り返り」のプレゼン技術
締めくくりで行うべきスピーチの技術
聞き手に伝わるコンテンツ作成の条件:プレゼンテーション
本番までに原稿を用意・熟読し、プレゼンに備える
4つの視点からコンテンツを磨き、プレゼン内容を劇的に改善する
人前での発表で緊張しないための秘訣
発表では、シンプルなスライドが最も見やすい
スライドでは図や表を活用し、視覚(ビジュアル)に訴える
見やすいスライド作成の原則
ボディランゲージを使い、視覚・聴覚に訴えるプレゼン技術
正しい姿勢がセミナー成功の鍵を握る
人前でプレゼンする時の「目線の動き」を学ぶ
時間経過と共に会場全体を活用し、聴衆にインパクトを残す
最高のプレゼン映像でプロのスピーチを研究する