ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

情報公開を行うほどビジネスで稼げる理由とは

 

特に情報発信のビジネスでは顕著になりますが、情報を公開するほど稼げるようになります。頭では分かっていたとしても、多くの人は実際に行動できません。

 

それでは、なぜ情報を積極的に公開していくほど稼げるか解説してきます。

 

 情報発信するほど稼げる理由
ビジネスを行うとき、必ず2パターンの人間に分かれます。それは、次のようになります。

 

・できるだけ自分の持っている情報を隠そうとする人
・できるだけ自分の持っている情報を公開しようとする人

 

この中で、もしあなたが前者であるなら、残念ながらこれからビジネスで稼ぐのは難しいです。そうは言っても、世の中のほとんどの人が前者であるため、これから思考さえ変えていけば問題ありません。

 

ビジネスで稼げる人は後者の人です。私も同じように、多くの情報をできるだけ公開するように心がけています。そして、情報を発信する人のところに有益な情報が舞い込んでくるようになっています。さらに、その分だけお客様にも選んで貰えるようになります。

 

これは、想像すれば簡単に理解できます。できるだけ多くの情報を公開している人に対して、あなたも親近感がわくと思います。

 

例えば、あなたの胃が突然痛くなって医療機関を受診するとします。しかし、あなたの家の周りには多くの内科があります。多くの人は口コミを頼りますが、インターネットを使って調べる人もいると思います。

 

そこで調べてみると、ある診療所は「胃腸科専門」とだけ書かれたサイトを持っていました。東京大学を卒業したらしく、何やら凄い業績だけが並んでいます。

 

それに対して、もう1つの診療所は出身大学はそこまででもないけれども、確かな情報が公開されています。院長の経歴や専門の科目、どんな治療が可能で、治療ごとの大体の値段が載せられています。

 

さらに、その診療所のSNSを見ると、何百人もの患者さんからお礼のメッセージが書き込まれており、全て院長からの返信が返っていました。

 

これを踏まえた上で、あなたならどちらの診療所を選ぶでしょうか。これだけの情報で判断するのであれば、普通の人は後者の医療機関を受診します。

 

人は少ない情報しか与えられていないと、そもそもその選択肢を選ぶことがありません。情報が少なすぎると、「選ばない」という選択をします。つまり、選択肢は「No」しかありません。

 

きちんと情報が与えられて、そこでようやく「Yes」または「No」を判断するようになります。ようやく、「No」という選択肢に「Yes」が追加されるのです。このとき、商品が選ばれるかどうかは、お客様が考えや置かれている環境によって変わります。このように考えるのが、ビジネスの基本です。

 

そのため、本当に稼ぎたいのであれば「できるだけ情報を公開するにはどうすれば良いか」を考えてください。自分の持っている情報を隠そうとする「稼げない典型の人」と逆の行動をするのです。

 

稼げない人は自分のノウハウを売ろうとします。つまり、「これは無料では見せれない」と考えて隠そうとします。ここに大きな問題があります。

 

有料級の情報を公開するからこそ、多くの人が感動して集まってくれるようになります。しかし、隠しているようでは誰にも影響を与えることができません。

 

そこで、「本当にここまで公開しても大丈夫なのか」という部分まで情報を発信します。これが情報発信の基本となります。

 

 なぜ情報を公開しても問題ないか
私はポータルサイトビジネスに関して、そのほとんどを公開しています。しかし、別にこのように公開しても全く問題ありません。なぜなら、誰一人として私と同じような内容のサイトを作ることができないからです。

 

例えば、私は薬学系サイトを運営しています。しかし、これと同じようなサイトを多分誰一人として作ろうとは思いません。薬剤師でさえ大学課程の薬学を分かりやすく説明するのは困難であり、とても難しいです。

 

同じように、ポータルサイトビジネスという観点で個人で稼いでいる人は私しかいません。実際に莫大なアクセスが集まるサイトを提示するなど、証拠を見せることのできる人が残念ながら皆無なのです。そのため、私のようなオリジナルに勝つことはできません。

 

このような理由があるからこそ、私は情報を公開しても全く問題ありません。

 

ここで多くの人は、「情報を公開して真似されたらどうするのか」と思います。ただ考えて欲しいのは、もし情報を公開して簡単に真似できるようなビジネスであれば、「そのビジネスモデル自体が終わっている」と認識しなければいけません。

 

前述の通り、薬剤師が「薬学系サイト」の内容を真似しても私に勝つことはできません。細かいノウハウまでは盗むことができないからです。稼ぐための「理論」が分かったとしても、実際に何をすれば良いかという「行動」までは分からないのです。

 

本当に簡単に真似されてしまうビジネスであれば、他の人が既に行っているので止めた方が良いです。積極的に情報発信しても真似されにくいビジネスだからこそ、時間という最強の参入障壁を作りながら稼ぐことができます。

 

別にポータルサイトに限らず、あらゆるビジネスにおいて「情報を積極的に発信していく」という事は基本となります。この原理を理解すれば、情報を隠しておくことがいかに愚かな行動であるかを認識できるようになります。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

アフィリエイトやせどりでは稼げない理由
インターネットビジネスとネットワークビジネスの違い
ゼロスタートの初心者がビジネスを始めるために
高学歴で勉強ができてもビジネスで成功できない理由
情報発信するほど発想力・企画力が高まり、アイディアが浮かぶ
MBAなど、ビジネススクールに通うほど経営能力が落ちる理由
ネット上に名前や顔を公開するリスク:ハンドルネームの有効性
自動収益化システムの構築
ネットビジネスが高利益率である理由
ネットビジネスを始めるに当たって行わなければいけない事
人を惹きつける文章を書くために注意すべき事
サイト運営ではアクセスを集めることが全て
限界値(反応率)を知ることがビジネスでは重要
ビジネスで重要なテーマ設定法
サイトやブログにアクセスを集める原理原則
ビジネスでどの分野に参入すれば良いか
ネットビジネスで顔と名前は出すべきか
アウトプットし続ければ人間の価値が上がる
どれくらい努力すればビジネスで稼げるようになるか
稼ぎながら勉強が出来る最強のビジネスとは
ネットビジネスで知識だけの最大の参入障壁を構築するには
稼ぐために必須となるネットビジネスの具体的ステップ
サイトとブログの違いを理解して稼ぐ
ネットビジネスで文章を書く上で必ず注意すべき点
ネットビジネスで稼ぐために必要なたった二つの方法(リスト、ブランディング)
誰も参入していない分野で独自のビジネス展開を図るには
セミナー・コンサルティング・ジョイントの方程式で稼いでいく
企業と組んでビジネスを加速させる手法とは
アメーバブログ(アメブロ)で大量のアクセスを集めるテクニック
アメーバブログ(アメブロ)を消されないために