ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

限界値(反応率)を知ることがビジネスでは重要

 

ウェブマーケティングに限らず、反応率を知ることはとても重要です。DM(ダイレクトメール)を出すにしても、メルマガを発行するにしても、「どれだけの反応があるか」を知っておくと集客や売上の予想を立てやすくなります。

 

そして、それと同時にある程度の限界値を把握しておくこともビジネスでは重要になります。

 

 なぜ限界値を知ることが重要になるのか
実際にビジネスを行っている人であれば問題ありませんが、特に初心者では限界値を知っていないと机上の空論だらけのビジネスになってしまいます。そして、思い通りに行かない時はすぐに挫折してしまいます。

 

例えば、サイト運営でどのようにアクセス数が推移していくかを知っているでしょうか? 実際に「知名度ゼロの状態から莫大なアクセスを集められる人」は皆無に等しいので、ほとんどの人はサイトにアクセスが集まってくる時の限界値を知りません。

 

このビジネス系サイト(ビジネス思考への転換)を例に出すと、最初の1ヶ月で200ページ更新しました。その半年後、何もしなくても月のアクセスが3万PV(ページビュー)を超えるまでになりました。この結果だけを聞くと、「おっ」と思ってくれると思います。

 

ブログはアクセスを集める仕組みがたくさんあります。トレンドとなるキーワードを入れたい放題なので、短期的なアクセスは簡単に集まります。しかし、サイトはアクセスを集める仕組みもなく、ブログとは性質が異なります。

 

そういう意味では、「何もせずにアクセスが集まる」というのはかなり大きいです。

 

これを踏まえた上で、ビジネス系サイトを作成して2ヶ月後のアクセス数がどうだったかと言うと、1日のアクセス数が「多くても16件」という数字でした。平均すると1日10件程度であり、ほぼアクセスがない状態です。

 

「半年後、放置で月に3万PV」と言うと、その結果だけに多くの人がとらわれてしまいます。しかし、実はそれより前はほとんどアクセスのない状況が続いていたという事です。このような現実を教えてくれる人もいないと思いますので、まずはここで限界値を知っておいてください。

 

検索エンジン経由でサイトに来てもらうようになるためには、どうしても時間がかかります。そのため、数ヶ月単位の時間を必要とします。

 

ちなみに、私は「1日平均10件のアクセス」でも何とも思いませんでした。なぜなら、「サイト運営のアクセス数の推移はそのようなものである」と限界値を知っていたからです。

 

しかし、何も知識のない人がサイト運営を始めた時、もの凄く頑張って2ヶ月後にアクセスがほとんどない状況だったら何を思うでしょうか。多分、「自分は能力がない」と思ってしまい、諦めてしまう人がほとんどなのではないかと思います。

 

だからこそ、ある程度の限界値を最初に知っておく必要があります。

 

 反応率など、あらゆる限界値を知っておこう
集客を行う方法はたくさんあります。その中でも、例えばFAXDMという方法があります。会社に行けば大抵はFAXを受けるための機械があります。そこに対してFAX版のDM(ダイレクトメール)を送る方法です。

 

このFAXDMですが、反応率の平均は0.1~0.5%くらいです。これを踏まえた上で、初めてFAXDMを1000件送った時に10通返ってきたらどうでしょうか。反応率は1.0%です。

 

もしFAXDMの限界値を知っているのであれば、反応率1.0%は大成功です。それだけで億万長者への道が開けます。しかし、何も知識のない人であれば、「1.0%しか反応が返ってこなかった」と嘆く事と思います。

 

限界値を知らなければ、実は大成功であっても「失敗した」と思い込んでしまいます。これが、限界値を知っておかないといけない理由になります。

 

アクセスを集めるにしても、アクセス数が集まってくる過程を知っておかなければ挫折してしまいます。メルマガを出すにしても、メルマガ内でオファーをする時の反応率を知っておけば売上の予想を立てやすくなります。

 

そして、これはFAXDMやDM、テレアポ(電話マーケティング)など、あらゆる集客において共通する事柄です。

 

机上の空論から抜け出す第一歩は「限界値を知ること」にあります。これは実際にあなたが行っても良いですし、実際に行っている人から聞いても良いです。少なくとも、不特定多数に対してオファーをした時に反応率が3割や4割を超える事は有り得ません。

 

この現実を知り、様々な場面での限界値を知るようにしてみてください。

 

ちなみに、限界値を知ればネットビジネスを行っている多くの人がウソを付いている事に気がつきます。ある程度の限界値を知っていれば、「それは有り得ないだろ」という事が自然に分かってきます。中には本当の事を言っている人もいますが、そのような人との区別ができるようになります。

 

これだけでも、「本物と偽物を区別できるスキル」の1つになります。このように言うと、限界値を知ることはとても重要である事が分かります。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

アフィリエイトやせどりでは稼げない理由
インターネットビジネスとネットワークビジネスの違い
ゼロスタートの初心者がビジネスを始めるために
高学歴で勉強ができてもビジネスで成功できない理由
情報発信するほど発想力・企画力が高まり、アイディアが浮かぶ
MBAなど、ビジネススクールに通うほど経営能力が落ちる理由
ネット上に名前や顔を公開するリスク:ハンドルネームの有効性
自動収益化システムの構築
ネットビジネスが高利益率である理由
ネットビジネスを始めるに当たって行わなければいけない事
人を惹きつける文章を書くために注意すべき事
情報公開を行うほどビジネスで稼げる理由とは
サイト運営ではアクセスを集めることが全て
ビジネスで重要なテーマ設定法
サイトやブログにアクセスを集める原理原則
ビジネスでどの分野に参入すれば良いか
ネットビジネスで顔と名前は出すべきか
アウトプットし続ければ人間の価値が上がる
どれくらい努力すればビジネスで稼げるようになるか
稼ぎながら勉強が出来る最強のビジネスとは
ネットビジネスで知識だけの最大の参入障壁を構築するには
稼ぐために必須となるネットビジネスの具体的ステップ
サイトとブログの違いを理解して稼ぐ
ネットビジネスで文章を書く上で必ず注意すべき点
ネットビジネスで稼ぐために必要なたった二つの方法(リスト、ブランディング)
誰も参入していない分野で独自のビジネス展開を図るには
セミナー・コンサルティング・ジョイントの方程式で稼いでいく
企業と組んでビジネスを加速させる手法とは
アメーバブログ(アメブロ)で大量のアクセスを集めるテクニック
アメーバブログ(アメブロ)を消されないために