ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

思考停止に陥るビジネスでの要注意ワードとは

 

戦略を考える事がビジネスでは重要になります。何の考えもなしにビジネスをスタートさせても良いですが、大抵は行き詰まってしまいます。

 

ただし、この戦略を考えるときに多くの人は「思考停止に陥ってしまう要注意ワード」を多用してしまいます。そのため、このページで説明する要注意ワードを必ず避けて、戦略を組み立てていく必要があります。

 

 要注意ワードとは
思考停止に陥る要注意ワードとして、以下のような言葉があります。

 

 ・高品質
 ・高性能
 ・安心安全
 ・非日常
 ・おいしい

 

これらの言葉が出てきたら危険信号が灯ります。

 

例えば、これから掃除機を売るとします。この時、「値段は張るが、高品質の掃除機を価値の分かってくれるお客様に売る」と言えば、表面上は何だか問題ないように思えます。

 

しかし、実際は何の戦略にもなっていません。そもそも、誰にとっての高品質か答えになっていません。

 

高品質と言っても、人によっては「強力な吸引力のある掃除機」が高品質かもしれません。

 

子供を持つお母さんであれば、子供が起きないように「できるだけ静かに動く掃除機」が高品質になります。

 

一人暮らしの人であれば、「あまり場所を取らないコンパクトな掃除機」が高品質です。

 

このように、人が違えば高品質の意味も異なってきます。そのため、「高品質の商品を売る」と言ったところで何の意味も持ちません。

 

 思考停止状態に陥らないために
これから戦略を考えるために、上記に挙げた要注意ワードを使ってはいけません。例えば、ラーメン屋で「おいしい料理を出す」とは言っても、人によって「こってりしたラーメン」がおいしいかもしれませんし、「あっさり系のラーメン」が美味いと思うかもしれません。

 

これらの要注意ワードに共通する事として、「誰にでも適応できる言葉である」という事があります。人が違えば求める物も違うため、誰にでも適応できる言葉ほど当てにならないものはありません。

 

そこで、ターゲットを明確にしておく必要があります。しかも、細かいターゲット選定が必要です。

 

20代の男性をターゲットにするにしても、

 

 ・サークルやバイトなどで毎日遊ぶことだけを考えている学生
 ・社会人一年目でこれから仕事を頑張ろうと思っている人
 ・結婚し、子供も生まれて家族を養うために働いている人

 

などと分けることができます。そして、それぞれの人達が望んでいる物は全く違うことが分かります。

 

また、同じ社会人であっても、例えば女性と遊ぶことが好きな人に対しては「キャバクラが今だけ50%OFF」というオファーに飛びつくかもしれません。

 

しかし、真面目一筋で生きている人にそのようなオファーをしても無視されるだけです。

 

その代わり、「いつもお世話になっている奥様が喜ぶ顔を見たくないですか? 最高のサプライズを提供するプレゼントサービスが今だけ50%OFF」であれば、内容によっては申し込んでくれるかもしれません。

 

このように、人によって求めている物が違います。

 

戦略を考える場合、まずはターゲットとする人を細かく設定する必要があります。この過程を無視して、多くの人は「高品質」、「最高の」、「おいしい」などの曖昧な言葉を使いたがります。そのため、稼ぐことも出来ません。

 

こう考えれば、マーケティングの基本である「分野を絞る」という本当の意味が見えてくると思います。分野を絞らなければ、そもそも戦略を考える事が出来ません。お客様の心に刺さることもないです。

 

分野を絞ってお客様を明確にしない結果、出てくる言葉が先に挙げたような「高品質」などの思考停止に陥る言葉です。

 

これから戦略を考えるとき、ここで紹介した要注意ワードが出てきたら「ヤバイ!」と思ってください。思考停止状態に気がついた時点では、まだ戦略を立て直すことができます。しかし、一度ビジネスをスタートさせてしまったらやり直しが難しいです。

 

このように、ビジネスで稼げない人がどのような言葉を使っているか理解できたと思います。戦略を考えるとき、あなただけは要注意ワードを使わないように心がけてください。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

肌感覚マーケティングの重要性:分析手法は必要ない
お客様の将来像を想像すれば勝手に商品が売れていく
商品が売れていく原則を学ぶ:お客様は商品を欲しくない
商品が売れるには、その価値に全ての答えがある
競合は業界内だけではない:マーケティング戦略
戦場が変わると自社の強みも変わる:マーケティングの基礎
一度でも関係するサービスを利用した人は強力な見込み客になる
ビジネスで成功するブルーオーシャン戦略
ド田舎の町を活性化させるためのビジネス戦略
USPによるポジショニングの確立
優れた戦術の違いは「想像力」にある
口コミが一瞬で広がって認知度が急上昇する「爆発点の理論」
売れない商品の典型例と売れる商品の条件
ネットビジネスで行うリサーチ手法
競合分析を行うためのリサーチ手法
第三者の目から商品のリサーチを行う
集客と収益を分け、爆発的な利益を出す手法
クロージングの基本と考え方
画期的な戦略を組み立てる方法
付加価値をつけて商品を売る方法
特典の付け方を工夫して商品を爆発的に売る方法
分野を絞れば売上が上がる:顧客セグメンテーション
マーケティングでの差別化とは一番を狙うことである
市場を開拓して、見込み客を倍増させる思考法とは
ビジネスで1位になれない場合の対処法
無料では最高の物を提供しなければいけない
問題解決メソッド:原因を「他人のせい」にすると思考停止に陥る
ペルソナマーケティング:ペルソナを意識して商品を売るビジネスメソッド
水漏れ分析:新規顧客よりリピート客の方が重要
アンケートだけではお客様の「本当に欲しい商品」は分からない
Youtubeによる動画マーケティング
動画マーケティングのデメリットと活用方法
バズマーケティングとは(口コミを起こす方法)
ビジネスで稼ぐ近道を作る:自分のブランディング化
炎上マーケティングによるブランディング化
意図的に口コミを起こすバズマーケティング手法
自社サービスの認知度拡大には、「仕組み」と「簡便さ」が必要
プロダクトローンチとは一体どのような手法か
プロダクトローンチを行うための基本的な思考法
プロダクトローンチの最大の利点はコメントにある
リアルビジネスで行われるプロダクトローンチ:告知を活用する