ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

自社サービスの認知度拡大には、「仕組み」と「簡便さ」が必要

 

自社のサービスを広げたり、商品を売ったりすることでビジネスを拡大させたいと考える経営者は多いです。ただ、実際のところ、その方法を間違っている人がほとんどです。

 

よくあるのが、「ビジネスの仕組みを複雑にしてしまう」ことです。そうではなく、ビジネスはシンプルであるほど上手くいきます。余計な部分をそぎ落とすのです。

 

また、口コミなどによって認知度が広まるための仕組みを考えていない人も多いです。何もしなくてもお客様が集まってくることはないため、頭を使って自社サービスが広まるためのシステムを考えなければいけません。その方法について、ここでは述べていきます。

 

 最も売れている本は何かを考える
世の中で認知されているサービスには、それなりの理由があります。何の戦略もなしに商品が広まり、売れていくことはないからです。

 

そしてこれは、出版業界でも同じです。あなたは、世界で最も売れている本をご存知でしょうか。もちろん、その本は「ハリー・ポッター」でなければ、「星の王子さま」でもありません。答えを言ってしまうと、「聖書」が最も売れている世界的なベストセラーです。

 

それでは、なぜ聖書がベストセラーになったのかを考えたことはあるでしょうか。宗教という意味でいえば、キリスト教の他にもイスラム教や仏教なども有名です。イスラム教の経典にはコーランがあり、仏教にも同じく経典はあります。しかし、圧倒的に聖書が一位です。

 

この理由の一つに、「活字印刷の技術が開発された」ことがあります。ヨーロッパで1445年頃にヨハネス・グーテンベルクによって活字印刷が開発されました。このときに印刷された書物が聖書であり、ヨーロッパ初の印刷物になりました。

 

ただ、当時の中国は文明が高度に発達しており、それより何百年も前に活字印刷が行われています。実際、9世紀には既に中国で大量の印刷物が作成されていました。

 

それにも関わらず、なぜ仏教の教典は大きな広がりがなかったのでしょうか。それは、中国の文字が漢字であったことが関係しています。

 

漢字を用いる場合、何万もの文字が必要になります。印刷するためにそれだけ用意をしなければならず、印刷は大変だったのです。一方、アルファベットはわずか26文字です。漢字に比べると、活字印刷に圧倒的に向いていたのです。

 

印刷技術がない時代、本というのはとても高価なものでした。ただ、活字印刷が開発され、わずか26文字を組み替えるだけで大量に印刷できるようになると、聖書は一般庶民でも手に取れる価格になったのです。

 

 「仕組み(システム)」と「簡便さ」を取り入れる
このように、聖書がベストセラーになったのには、2つの理由があります。それは、活字印刷が開発されたという「仕組み(システム)」が出来あがったことと、アルファベットの文字数がわずか26字という「簡便さ」があったからです。

 

世の中に認知されて口コミで広がるためには、この2つの要素が必要不可欠です。これを無視してビジネスを行おうとしても、必ず失敗します。

 

例えば、これから婚活ビジネスを始めたいと考えます。このとき、当然ですが運営側はできるだけ多くの人を集めたいと考えます。しかし、勝手に人が集まることはないため、「サイトを作成する」「広告を出す」などによって集客の仕組みを構築する必要があります。

 

また、このようなビジネスは信頼が重要視されます。そのため、既婚者は参加できないように排除しなければいけませんし、年収でウソをつくひとも極力少なくする必要があります。

 

ただ、「結婚していないことの証明書を提示する」「年収を示せる書類を用意する」などを婚活パーティーの参加条件に加えると、簡便さが失われます。お客様であれば、「そこまで準備が必要なら参加しなくても良い」と考えてしまうのです。

 

工程を複雑にすると、お客様は逃げていきます。これを避けるため、申し込みはできるだけ簡単にする必要があります。

 

しかしながら、前述の通り信頼性を確保する必要があります。そこで、例えば一度会場へ足を運んでもらったときに面談を行い、信頼関係を築いた後に公的な書類を提出してもらいます。このような「仕組み」を考え、信頼を落とさないようにする必要があります。

 

つまり、「仕組み(システム)」と「簡便さ」の2つが機能すると、ようやくビジネスが動き始めます。

 

ただ、この2つを揃えたとしても、それはあくまでスタートラインに立っただけです。そこからビジネスを拡大するための仕掛けを考えなければいけませんし、システムの改良も重ねていかなければいけません。しかし、スタートラインにすら立っていない人が多いのも事実です。

 

そこで、まずは「あなたが最も伝えたい内容を、より多くの人に適応するには」を考えます。これが、「仕組み(システム)」の構築に繋がります。

 

さらに、「できるだけシンプルに人に伝えるためには」まで考えなければいけません。これが、「簡便さ」に繋がります。こうして、少しずつビジネスを組み立てていきます。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

肌感覚マーケティングの重要性:分析手法は必要ない
お客様の将来像を想像すれば勝手に商品が売れていく
商品が売れていく原則を学ぶ:お客様は商品を欲しくない
商品が売れるには、その価値に全ての答えがある
競合は業界内だけではない:マーケティング戦略
戦場が変わると自社の強みも変わる:マーケティングの基礎
一度でも関係するサービスを利用した人は強力な見込み客になる
ビジネスで成功するブルーオーシャン戦略
ド田舎の町を活性化させるためのビジネス戦略
USPによるポジショニングの確立
思考停止に陥るビジネスでの要注意ワードとは
優れた戦術の違いは「想像力」にある
口コミが一瞬で広がって認知度が急上昇する「爆発点の理論」
売れない商品の典型例と売れる商品の条件
ネットビジネスで行うリサーチ手法
競合分析を行うためのリサーチ手法
第三者の目から商品のリサーチを行う
集客と収益を分け、爆発的な利益を出す手法
クロージングの基本と考え方
画期的な戦略を組み立てる方法
付加価値をつけて商品を売る方法
特典の付け方を工夫して商品を爆発的に売る方法
分野を絞れば売上が上がる:顧客セグメンテーション
マーケティングでの差別化とは一番を狙うことである
市場を開拓して、見込み客を倍増させる思考法とは
ビジネスで1位になれない場合の対処法
無料では最高の物を提供しなければいけない
問題解決メソッド:原因を「他人のせい」にすると思考停止に陥る
ペルソナマーケティング:ペルソナを意識して商品を売るビジネスメソッド
水漏れ分析:新規顧客よりリピート客の方が重要
アンケートだけではお客様の「本当に欲しい商品」は分からない
Youtubeによる動画マーケティング
動画マーケティングのデメリットと活用方法
バズマーケティングとは(口コミを起こす方法)
ビジネスで稼ぐ近道を作る:自分のブランディング化
炎上マーケティングによるブランディング化
意図的に口コミを起こすバズマーケティング手法
プロダクトローンチとは一体どのような手法か
プロダクトローンチを行うための基本的な思考法
プロダクトローンチの最大の利点はコメントにある
リアルビジネスで行われるプロダクトローンチ:告知を活用する