ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

リアルビジネスで行われるプロダクトローンチ:告知を活用する

 

プロダクトローンチを簡単に考えれば、「いきなり売り込みをしない手法」となります。教育期間を設け、売り込みの要素を消すことによってその後の成約率を大幅に上げることができます。

 

リアルビジネスでもプロダクトローンチの手法を使っている企業はいくらでもあります。ただ単にネットビジネスではプロダクトローンチと言われているだけであり、リアルビジネスで商品を売る場合であってもその手法や本質はどれも変わりません。

 

この時、プロダクトローンチに限らず重要となる要素として「告知」があります。

 

 告知によって成約率を大幅に上げる
「商品を買わせる」、「口コミを意図的に起こさせる」など、見込み客に対して何かしらアクションを起こさせたい場合、「告知」という行為がとても重要になります。

 

なぜなら、告知をするのとしないのでは商品の売れ行きが全く異なるためです。

 

告知によって何が行えるかと言うと、告知を受けた人に「期待感」を持たせることができます。例えば、次のような告知文章になります。

 

・2日後に重要なお知らせをします

 

・明日の17:00に○○の販売を開始します

 

全ての人ではないですが、一部の何人かは告知された後にその時間になるのを待ってくれています。

 

何でもそうですが、告知も何もなしにいきなり売り込んではいけません。成約率が著しく落ちてしまいます。そこで、「売ります」という告知をした後にお客様が待っている状態を作り出すのです。

 

プロダクトローンチでは、この状態を長く漂わすことによって爆発的な売上を出すことが可能になっているのです。

 

 ドラクエ手法
アップル社やウォルトディズニーなど、プロダクトローンチの要素を取り入れている企業はたくさんあります。

 

その中でも、テレビゲームとして有名なドラゴンクエスト(通称:ドラクエ)を売る時の方法がリアルビジネスで行うプロダクトローンチを説明する上で最も分かりやすいのではないかと思います。

 

ドラクエが発売される時に何をするかと言うと、まず告知します。

 

「ついにあの名作が再びあなたの元へ!!そしてまた新たな伝説が始まる、ドラゴンクエスト」のような感じになります。

 

次にどうするかと言うと、主人公の姿が発表されます。その後、主人公の苦悩や周辺の人との関係性などのエピソードが明らかになっていきます。

 

その後、どうやら何ヵ月後かに発売されることが分かり、ラスボス(ラストに登場するボスキャラクター)との関連性も発表されていきます。最後に、価格と正式な発売日が決定されます。

 

このように、ゲームの発売が告知された後に少しずつその内容を明らかにしていきます。イメージとしては、謎に包まれているベールを一つずつ剥がしていくような感じになります。これによって、徐々に本質に近づいていくのです。

 

このように考えると、ネットビジネスで行うプロダクトローンチと同じ手法であることが分かります。少しずつ情報を出していき、期待感を持たせます。つまり、何だかよく分からない状態から徐々に明らかになっていく状態を作り出すのです。

 

これと同じように、ドラクエを売る時もいきなり発売するのではなく、商品が発売されることを長く漂わせます。簡単に考えれば、もったいぶらせる作戦を取っているのです。

 

さらにここでどのようにするかと言うと、発売日を延期します。発売延期はドラクエの常套手段です。これにより、枯渇感を生み出します。「どうしても欲しい」と思っていた客に発売延期を聞かせることによって、さらに欲しいと思わせるのです。

 

私がまだテレビゲームに没頭していた中学・高校生の頃、ドラクエの発売延期が頻繁にありましたが今ではこの理由が分かります。

 

普通に考えて、何年も前から計画している発売を数ヶ月延期したところでそこまで変わらないはずです。本当にお客様をがっかりさせたくないのであれば、商品が完成した後で告知して売れば良いのです。

 

これをしないのは、わざと枯渇感を出させるためです。

 

しかも、これだけでは終わりません。何をするかと言うと、初回の出荷本数をわざと少なくします。どの店も商品を完売している状態を作らせることで、商品を手に入れた人とそうでなかった人を作り出します。これによってもまた枯渇感を生み出します。

 

さらに商品を一つの店だけに納入させて告知をすることで、その店に行列を作らせます。そこにマスコミを動員させて行列の様子を全国放映させ、さらなる口コミと枯渇感を植えつけます。

 

ここでようやく大量の商品を再入荷させ、一度に爆発的な売上を出すことができるのです。これがリアルの世界で行われているプロダクトローンチです。

 

なお、「枯渇感を生み出す」という意味では行列のできるラーメン屋も同じです。

 

行列のできるラーメン屋では店内をわざと狭くして、店の外に行列を作り出します。これによって口コミを起こさせ、「早く食べたい」という枯渇感まで作り出します。これが、行列のできるラーメン屋の簡単な仕組みです。

 

このように考えると、コンサートのチケットなどにしても「なぜ、先行販売があるのか」を理解することができます。これはチケットを買えた人とそうでない人を意図的に生み出すことで枯渇感を植えつけ、一般販売で爆発的に売るために行なっています。

 

ただし、これらの手法はある程度知名度のある人だけが行える戦略でもあります。ドラクエは発売されると分かった時点でその商品を欲しいと思う人が大量に出てきます。

 

これは行列のできるような知名度が既に出来上がっているラーメン屋も同じです。有名歌手のコンサートチケットもそうです。

 

それでは個人でネットビジネスをしており、知名度や信頼のない人はどのような戦略を取らなければいけないかと言うと、前述の通り「売り込みの要素を消す」という方法を取らなければいけません。

 

そのため、最高の無料情報を何日にも渡って提供し続け、できるだけ得をしてもらうことで見込み客との距離を縮めていく必要があります。その後、ようやく商品販売の告知を行い、その後に商品を売り抜くのです。

 

このように、プロダクトローンチ一つを学ぶことによっても、リアルビジネスにおいて企業がどのような作戦を取っているかを理解できるようになります。

 

ビジネスの基本は全て同じです。これを理解すれば、ネットビジネスやリアルビジネスに関係なくどの分野でも大きな利益を出すことができます。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

肌感覚マーケティングの重要性:分析手法は必要ない
お客様の将来像を想像すれば勝手に商品が売れていく
商品が売れていく原則を学ぶ:お客様は商品を欲しくない
商品が売れるには、その価値に全ての答えがある
競合は業界内だけではない:マーケティング戦略
戦場が変わると自社の強みも変わる:マーケティングの基礎
一度でも関係するサービスを利用した人は強力な見込み客になる
ビジネスで成功するブルーオーシャン戦略
ド田舎の町を活性化させるためのビジネス戦略
USPによるポジショニングの確立
思考停止に陥るビジネスでの要注意ワードとは
優れた戦術の違いは「想像力」にある
口コミが一瞬で広がって認知度が急上昇する「爆発点の理論」
売れない商品の典型例と売れる商品の条件
ネットビジネスで行うリサーチ手法
競合分析を行うためのリサーチ手法
第三者の目から商品のリサーチを行う
集客と収益を分け、爆発的な利益を出す手法
クロージングの基本と考え方
画期的な戦略を組み立てる方法
付加価値をつけて商品を売る方法
特典の付け方を工夫して商品を爆発的に売る方法
分野を絞れば売上が上がる:顧客セグメンテーション
マーケティングでの差別化とは一番を狙うことである
市場を開拓して、見込み客を倍増させる思考法とは
ビジネスで1位になれない場合の対処法
無料では最高の物を提供しなければいけない
問題解決メソッド:原因を「他人のせい」にすると思考停止に陥る
ペルソナマーケティング:ペルソナを意識して商品を売るビジネスメソッド
水漏れ分析:新規顧客よりリピート客の方が重要
アンケートだけではお客様の「本当に欲しい商品」は分からない
Youtubeによる動画マーケティング
動画マーケティングのデメリットと活用方法
バズマーケティングとは(口コミを起こす方法)
ビジネスで稼ぐ近道を作る:自分のブランディング化
炎上マーケティングによるブランディング化
意図的に口コミを起こすバズマーケティング手法
自社サービスの認知度拡大には、「仕組み」と「簡便さ」が必要
プロダクトローンチとは一体どのような手法か
プロダクトローンチを行うための基本的な思考法
プロダクトローンチの最大の利点はコメントにある