ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

分野を絞れば売上が上がる:顧客セグメンテーション

 

「分野を絞る」という作業をビジネスでは必ず行ってください。多くの人は分野を絞ることを躊躇しますが、「分野を1/2にすると、売上が2倍になる」という事を認識してください。

 

多くの分野に手を出そうとする人がいますが、マーケティングで言えばゼロ点です。本来はどれだけ特定の分野に特化させることができるかが重要となります。マーケティングでは「顧客セグメンテーション」と呼ばれます。

 

 分野を絞れば売上が上がる
「何でもできます」と宣言する事は「私は何の特徴もなく、何も出来ません」と自己紹介している事とイコールになります。何でもできますという紹介の仕方は最悪であることをまずは認識しなければいけません。

 

例えば、髪を切りに行く時に次のような3つの店がある場合、あなたはどの店を選ぶでしょうか。

 

・男性専門の美容室

 

・女性専門の美容室

 

・ただの美容室

 

多分、男性であれば「男性専門の美容室」に行くでしょう。女性では「女性専門の美容室」のはずです。ターゲットを明確にしていない店であれば、そもそも専門店に負けてしまいます。つまり、「全員に来て欲しい」と思っている店は誰からも選ばれることがないのです。

 

スポーツであっても同じです。例えば、野球をするための道具を買いたい場合、総合スーパーではなく専門店に行くと思います。別に野球に限らず、サッカーやスキーなどでも同じです。

 

私は中学生からずっとバドミントンをしていますが、バドミントンの専門店を経営している知り合いからずっとバドミントン用品やシャトルを購入し続けています。

 

こう考えると、あなたが普段取っている行動から考えても分野を絞ることがどれだけ重要であるか理解できると思います。

 

大企業であれば、あらゆる属性の顧客を呼び込む対策を取っても問題ないかもしれません。しかし、少なくとも中小企業やこれからビジネスを始めようとする人は大企業と同じ事を行っても必ず負けてしまいます。

 

これを回避するために分野を絞り、お客様に対して「自分はある特定の分野の専門家である」という見せ方をする必要があります。

 

 專門家であれば、大企業に対しても勝てる
いくら大企業が勝負しようとも、專門家に勝つことはできません。あなたがこれから何かのスポーツを始める時に総合スーパーではなく専門店に出向く同じように、專門家はそれだけで強力なアドバンテージとなります。

 

分野を絞ることで、特定の專門家であることを見せていく必要があります。こうすることで、ようやくお客様はあなたを選んでくれるようになります。

 

分野を絞れば、その分だけ「あなたが選んだ属性の人がお客様になってくれる確率」が格段に高まるのです。

 

私であれば、薬学系サイトを運営している立場上、薬剤師であることもあって他の人から「薬の專門家」として見てくれます。ビジネス系サイトであっても、「ポータルサイトビジネスの專門家」となります。

 

もし、ビジネス系サイトで「アフィリエイト」に限らず「せどり」や「オークション」の話までしていたら、「この人は一体何をしたいのか」と思われてしまいます。そこで、ポータルサイトの考え方や収益化の方法で話を特化させているのです。

 

このように、私も分野を絞っています。薬学系サイトであれば、「大学課程の薬学」だけを記述しています。「薬の性質」や「薬の値段」など誰でも思いつくテーマではなく、「なぜこの薬が効果を表すのか(薬の作用機序)」などをメインで載せています。

 

ビジネス系ではサイト運営とそれに必要なビジネスの内容(コピーライティングやマーケティングの考え方など)になっています。このように分野を絞っていくことで、ようやくビジネスで成功するための下地が完成されていきます。

 

なお、私が提唱するポータルサイトビジネスでは「テーマが無限に広がっていく」という事を意識しなければいけません。

 

分野を絞らないといけないにも関わらず、テーマが無限に広がっていくとは何だか矛盾しているように思えます。

 

例えば、前述の通り薬学系サイトであれば「大学課程の薬学」と絞っています。しかし、「薬学」はテーマが広く、新薬発売などによって新たな作用機序の薬がいくらでも創出されます。そのため、いくらでも記事を無限増殖させることができます。

 

ビジネス系であってもポータルサイトビジネスに絞ってはいますが、ビジネスに関係するネタはいくらでもあります。そのため、同じように記事を無限に増やすことができます。

 

もしポータルサイトビジネスを行うのであれば、「分野を絞りつつも、テーマは無限に広がっていく」ということを認識しなければいけません。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

肌感覚マーケティングの重要性:分析手法は必要ない
お客様の将来像を想像すれば勝手に商品が売れていく
商品が売れていく原則を学ぶ:お客様は商品を欲しくない
商品が売れるには、その価値に全ての答えがある
競合は業界内だけではない:マーケティング戦略
戦場が変わると自社の強みも変わる:マーケティングの基礎
一度でも関係するサービスを利用した人は強力な見込み客になる
ビジネスで成功するブルーオーシャン戦略
ド田舎の町を活性化させるためのビジネス戦略
USPによるポジショニングの確立
思考停止に陥るビジネスでの要注意ワードとは
優れた戦術の違いは「想像力」にある
口コミが一瞬で広がって認知度が急上昇する「爆発点の理論」
売れない商品の典型例と売れる商品の条件
ネットビジネスで行うリサーチ手法
競合分析を行うためのリサーチ手法
第三者の目から商品のリサーチを行う
集客と収益を分け、爆発的な利益を出す手法
クロージングの基本と考え方
画期的な戦略を組み立てる方法
付加価値をつけて商品を売る方法
特典の付け方を工夫して商品を爆発的に売る方法
マーケティングでの差別化とは一番を狙うことである
市場を開拓して、見込み客を倍増させる思考法とは
ビジネスで1位になれない場合の対処法
無料では最高の物を提供しなければいけない
問題解決メソッド:原因を「他人のせい」にすると思考停止に陥る
ペルソナマーケティング:ペルソナを意識して商品を売るビジネスメソッド
水漏れ分析:新規顧客よりリピート客の方が重要
アンケートだけではお客様の「本当に欲しい商品」は分からない
Youtubeによる動画マーケティング
動画マーケティングのデメリットと活用方法
バズマーケティングとは(口コミを起こす方法)
ビジネスで稼ぐ近道を作る:自分のブランディング化
炎上マーケティングによるブランディング化
意図的に口コミを起こすバズマーケティング手法
自社サービスの認知度拡大には、「仕組み」と「簡便さ」が必要
プロダクトローンチとは一体どのような手法か
プロダクトローンチを行うための基本的な思考法
プロダクトローンチの最大の利点はコメントにある
リアルビジネスで行われるプロダクトローンチ:告知を活用する