ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

どのように無料オファーを紹介すれば良いか

 

無料オファー(オプトイン)の紹介文は紹介者が既に考えてくれています。そのため、その文章をそのままコピペするだけでも問題ありません。

 

実際、大量のリストを保有しているためにコピペした文章を流すだけで月収が何千万に達している人もいます。

 

ただし、より成約率を上げたいのであれば自分の言葉で紹介したほうが良いです。そのほうが成約率も上がりますし、特に初心者は文章を書く練習になります。

 

何万リストも保有して他にも多数のビジネスを動かしているために文章を考えている暇がない人であれば良いですが、ほとんどの人がそうでないと思います。

 

そのため、最初は無料オファーの内容を自分の目で確認し、紹介者が作成した紹介文と照らし合わせながら自分の言葉で無料オファーのレビューを書いていくことをお勧めします。

 

 まずは文章能力を上げていきましょう
ネットビジネスで生きていくにはコピーライティングの能力が必ず必要になります。リアルビジネスでもコピーの力だけで売上を10倍に出来てしまいます。ネットビジネスでは、これが顕著に出ます。

 

そのため、コピーライティングの基礎を勉強した上で大量のアウトプットをしていく必要があります。このような事を考えると、やはりコピペではなくて自分で文章を考えましょう。

 

ネットビジネスでは「文章」または「トーク」しかありません。その中でも文章がそのほとんどを占めています。

 

この「文章としてアウトプットする媒体」が人によってブログになったり、メルマガになったりするだけです。私の場合、最初にサイトから入りました。サイト作成を行う上で文章能力を磨いたために、メルマガやSNSでも同じように上手くいくことが出来たのです。

 

まずは文章能力を磨きましょう。ブログやサイト、メルマガとアウトプットする媒体は人によって異なるかもしれませんが、全て文章であることには変わりがないです。

 

これが、たとえ他人が用意した紹介文を参考にしてレビューを書く場合でも問題ありません。実際、私も本に書いてある内容を自分の言葉に訳してサイト上に載せています。

 

むしろ、私が保有する薬学系サイト(役に立つ薬の情報~専門薬学)に載ってある内容は全て難解な教科書から引っ張ってきた内容です。そのため、極端な言い方をすれば「私がサイト上に載せている内容は、全て他人が書いたものである」と言うこともできます。

 

ビジネス系サイト(ビジネス思考への転換)にしても同じです。本に書いてある事やセミナーでの内容を参考にして、自分の言葉に言い換えてアウトプットしているだけです。

 

しかしそれで良いのです。全く新しい内容はほぼ存在しませんし、多くの情報は所詮他人が話した事の言い回しです。重要なのは、その情報を「自分の言葉で話しているかどうか」になります。

 

他の人が話している内容や本に書いている事であったとしても、そこにあなた自身の意見や経験談を混ぜれば、それは完全なるオリジナル記事となります。他人の記事を完全にコピペするのは問題ですが、自分の言葉であれば問題ありません。

 

そのため、紹介者が考えた文章のコピペではなく、まずは無料オファーのレビューでも良いので自分の言葉で書いてみてください。

 

これを繰り返していくと、「どのような文章を書けば反応率が上がるか」という事が見えてきます。これが分かるようになると、コピーライティング能力が上がっている証拠となります。

 

こればかりは大量の文章を書いて自分で感覚を掴んで行くしかありません。そこまでは歯を食いしばって頑張ってください。

 

私自信は無料オファーを行うことは全くありませんし、無料オファーの中にまともな内容はありません。そのためにオススメはしませんが、知識としてもっておくこと自体は必要です。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)