ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

無意味な読者増サービス:リストの増やし方

 

リストが少ない人の場合、お金さえ払えばリストを劇的に増やしてくれるサービスがあります。これを読者増サービスと言います。

 

ただし、この読者増サービスはそこまで効果的ではありません。あまりこのサービスを利用しない方が良いです。これにはきちんとした理由があります。

 

 なぜ読者増サービスを利用しない方が良いのか
メルマガアフィリエイトを行いたい場合、読者が読んでくれなければ意味がありません。「自分からアドレス欄に登録する」、「無料レポートスタンドでダウンロードする」であれば、比較的読者になってくれる可能性が高まります。

 

しかし読者増サービスでは、読者にとっていきなり知らない人からメールが届くようになります。そのため、読者増サービスを利用しても大量に解除されますし、解除されなくても読者にはなってくれません。

 

たとえ5000人分の読者増サービスを利用したとしても、その内で読者になってくれるのはよくて2~3人です。このような事を考えると、何十万円も支払って読者増サービスを利用するのは本当に意味があるのかという疑問が生まれます。

 

ちなみに、読者増サービスの中でも「懸賞系の読者増サービス」は絶対に利用しない方が良いです。懸賞系では以下のようなフォームを利用してメールアドレスを獲得し、読者増サービスに利用しています。

 

読者増サービス:リストの増やし方

 

当然ですが、このような懸賞系に応募する人が読者になってくれる可能性はとても低いです。

 

また、ただ効果がないだけなら良いですが、大量のアドレス解除や怪しいアドレスへメルマガ配信を続けることによって、あなたが送るメールが届かないようになります。

 

このような現象をいわゆる「サーバーのIPアドレスが汚れる」と表現されます。この結果として、メルマガ配信を行っても迷惑メールフォルダに入れられてしまいます。また、最悪の場合は不達になってしまいます。

 

このようなリスクがあるため、無意味な読者増サービスは利用しない方が良いです。

 

 読者増サービスのメリットはあるのか
唯一読者増サービスにメリットがあるとすれば、相互紹介を利用する時にハッタリをきかせることができるくらいです。

 

読者増サービスによってほぼメルマガを読んでくれない薄いリストが集まりますが、リスト数が増えていることには変わりがありません。そのため、リスト数だけで考えればある程度の読者数を持っている人に相互紹介を頼みやすくなります。

 

このように、ハッタリという意味でリストを増やすくらいしか読者増サービスは効果がありません。大金を支払ってまでこのようなサービスを利用する価値があるのかどうかはとても疑問です。

 

それよりもブログやサイトを更新することで資産をより強固にした方が良いです。また、無料レポートスタンドで地道に読者を集めた方が最終的には報われます。

 

結局のところ、泥臭いことを繰り返してきた人が最終的には一番強いです。あまり裏技やテクニックに走るのではなく、小さな積み重ねを行って稼げるようになってください。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)