ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

誰でも簡単に売上を上げる方法

 

全てのビジネスはシンプルに考えるほど成功しやすいです。実際、私が行なっているビジネスも全てシンプルです。

 

私が行なっていることは、「大量にアクセスが集まるサイトを作成して広告を貼る」、「企業に代わって集客を手伝い、その見返りを貰う」、「たまにセミナーを開き、セミナー料で稼いだり、その後にコンサルを行ったりする」などがあります。

 

どれもシンプルです。難しい事は一つも行っていませんが、これによって莫大な利益を生み出すことができます。結局のところ、ビジネス構造を複雑にすればするほど成功できなくなります。単純であるほど良いです。

 

その点で言えば、「情報を売る」という事だけをビジネスにすれば、在庫の問題や仕入れ、商品の償却など経営で問題となる全ての面倒なことを省くことができます。

 

その中で、「売上を上げることはもの凄く簡単である」ということがあります。売上というのは全て以下の三つで成り立っています。

 

売上 = 客数 × 客単価 × 購入回数

 

それでは、この公式を知った上で売上を倍にするにはどうすれば良いでしょうか。理論上であれば、「客数」、「客単価」、「購入回数」のどれかを二倍にすれば売上は倍になります。

 

しかし、現実世界ではとてつもなく難しいです。客数に二倍にするには新規顧客を獲得しなければいけず、その分だけコストがかかります。

 

客単価を倍にするには、よほど凄いサービスでない限り競合がいる中で客単価を倍にはできません。購入回数も同じであり、いきなりそんなに何回も商品を買ってくれるような事は起こりません。

 

※客単価:顧客が一度に支払ってくれる金額

 

これを理解した上で、世の中にいるコンサルタントがなかなかクライアントの売上を上げることができないのは理由があります。それは、この三つの要素のうち「どこか一ヶ所だけしか行っていない」ということです。

 

一番多いパターンが「客数」を二倍にしようとする方法です。これにより、莫大な広告費をかけようとします。その結果、一瞬でお金が消えていきます。 それでは、どうすれば良いでしょうか。

 

答えはとても簡単です。三つの要素を「全て少しだけ上げる」という事です。実は、これらの要素を全て0.25ずつ上げれば売上はほぼ二倍になります。

 

売上 = 客数 × 客単価 × 購入回数

 

どれか一つだけを上げようとするから無理が生じるのです。そこで、全てを少しずつ上げるように努力すれば良いです。

 

つまり、「客数」、「客単価」、「購入回数」の回数を聞き出して、どうすればこれらの要素を少しずつ底上げできれば良いかを考えるのです。

 

それでは、具体的に「どうすればそれぞれの要素を上げることができるのか」を考えます。それぞれ以下のようになります。

 

 「客数」を上げる

 

客数 = 既存客数 + 新規客数 - 流出客数

 

今までに商品を買ってくれていた「既存顧客」がいるはずです。ここに新しく入ってくる「新規顧客」がいれば、買わなくなってしまった「流出客数」がいるはずです。

 

こう考えれば、既存客数は変わらないので「新規客数を増やす」か「流出客数を減らす」のどちらかをすれば良いことが分かります。

 

よくある残念なコンサルタントは新規顧客を増やすことしか考えていません。しかし、実のところビジネスを行う上で新規顧客の獲得が最も大きいコストになります。そのため、既にいる流出客数を減らす方がコストも少なく簡単です。

 

こう考えれば、客数を増やすのは何も「新規顧客の獲得だけではない」と分かるはずです。

 

・新規客数を増やす方法:広告やサイトを見直してマーケティングを強化する

 

・流出客数を減らす方法:ダイレクトメールや電話でフォローする

 

これらを少しだけ強化していけば良いです。

 

 「客単価」を上げる

 

客単価 = 購入点数 × 一点当たりの単価

 

客単価は二つの要素しかありません。

 

そのため、例えば商品が一つしかないのであれば「一点当たりの単価」を増やしても納得できるように、「特典をつける」、「何かの保証をつける(返金保証・修理の保証)」などを行います。

 

健康食品・サプリメントであれば「増量する」などでも構いません。これによって一つの商品当たりの単価を上げることができます。

 

 「購入回数」を上げる
購入回数は「できるだけ多く商品を購入してくれるように工夫する」しかありません。そこで、「次に購入してくれたら、ある物をプレゼントする」などがあります。この時のプレゼントはお客様が「欲しい」と思わせるものでないといけません。

 

また、化粧品やサプリメントではよく使われる手法ですが、「毎月購入してくれた方には、一万円の商品を八千円にします」などの定期販売を行なっています。つまり、少し安くなったとしても何回も買わせるようにします。

 

これによって、購入回数を少しだけ増やすことができます。

 

 売上1.3倍はもっと簡単
ちなみに、売上を1.3倍にするのはもっと簡単です。全ての要素を1.1倍にすれば良いだけです。0.1倍だけ上げるのであれば、出来そうな気がしませんか?

 

どれか一つだけを上げようとするから無理が生じるのです。三つの要素をちょっとずつ上げれば良いだけです。

 

例えば、「キャッチコピーだけを直す」などのように勘で行うと売上は上がりません。知っている業界であればまだ良いですが、知らない業界では全くもって通用しません。そこで、何回も言っているように全部を平均的に上げようとするのです。

 

この公式はどの業界に行っても同じです。家を買う場合は購入回数が一回になるだけであり、どのサービスでも物販でも同じです。

 

この考えによって自社の売上を上げることもできますし、コンサルタントとして活躍することもできます。別にMBAへ通ったり難しい経営書を読んだりしなくても、それぞれの要素を上げるヒントは世の中にいくらでも転がっています。

 

例えば、以下のようなものがあります。

 

・なぜ、インターネット契約を行う際に全て無料で行ってくれるが、その代わりとして二年間は解約できないようになっているのか。

 

・なぜ、通販会社は何回も懲りずにダイレクトメールを送ってくるのか。また、なぜ電話でのフォローがあるのか。なぜ一つの商品の値段を下げてまで、定期販売を行おうとするのか。

 

・なぜアマゾンなどで商品を買うと、「この商品を購入した人はこの製品も買っています」という見出しが出てくるのか

 

これを考え始めると、ようやく世の中のビジネスがどのように回っているかを理解できるようになります。これに気がつかないでいれば、情報弱者として金を取られる側で終わってしまいます。

 

なお、今回の概念を理解してビジネスの本質が分かれば、誰でも超有能なコンサルタントになることができます。

 

化粧品や健康食品の分野はこれらマーケティングがかなり進んでいますが、私が属している医療業界を始めとしてマーケティングやビジネスの基本が全くできない分野はかなりあります。

 

そのため、この文章を読んでいるあなたが自分の力で稼げるようになり、あなたがターゲットとする分野に属する企業のコンサルを始めれば稼ぐスピードが一気に加速します。

 

まずは私のビジネス系サイト(ビジネス思考への転換)に書いてある内容を全て読み、ビジネスの基本概念を理解した上で稼げるようになってください。

 

なお、メルマガ内ではこのサイトにも載せていないような深い話をしています。本気でビジネス思考を身につけたい方はメルマガの内容からも学び取って勉強・行動をしてください。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

学ぶ人ほど富める人間は平等である
そもそもビジネスとは何をする物か
なぜネットビジネスを行う必要があるのか
ネットビジネスの基本は広告業である
情報発信のビジネスでは著作権のことを考えなくても良い
私がネットビジネスで稼げる一番の理由
経営者思考の基本を理解する
「金儲けは悪い」という日本人の悪しき習慣
なぜ私がビジネス手法を公開しているか
情報ビジネスは最強のビジネス
ビジネスを行う上でのリストという概念
DRM(ダイレクト・レスポンスマーケティング)とは
リストには属性がある
素人目線で不満を感じれば、ビジネスアイディアが湧き出てくる
絶対に稼げるようになるたった一つの思考法とは
フロントエンドとバックエンド
アップセルとクロスセル
ゴミビジネスを学び、情報が現金に変わる仕組みを理解する
なぜ私が薬学の分野で稼ぐことができるか
起業や副業を行う前に考えるべきこと
金持ちになれるたった一つの条件とは:「資産」と「負債」
「消費」と「投資」の違いを理解して稼げる頭脳を手に入れる
元本保証型のビジネスは存在するのか
稼ぐ仕組みを構築し、自動収益化を行う方法
在庫問題とネットビジネス
ECサイトで問題となる在庫問題:商品の出庫
ECサイトで問題となる在庫問題:商品の入庫
ECサイトで問題となる在庫問題:在庫の売れ残り問題
ECサイトで問題となる在庫問題:運転資金の問題
なぜ黒字倒産が起こるのか
ECサイト運営で在庫をなくす方法