ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ECサイトで問題となる在庫問題:商品の出庫

 

物販を行う場合、必ず「在庫」が発生します。在庫がないと商売を行うこともできないため、在庫を置くことは必須となります。

 

経営を行う上で最も難しい問題がこの在庫問題です。ネットビジネスではそもそも在庫がないため、この問題を全て解決することができます。

 

しかし、これがECサイトの運営を行うと話が違ってきます。ECサイト上で商品を販売する以上、在庫が発生してしまうのです。

 

それでは、「なぜ在庫を持つビジネスは難しいのか」について確認していきます。

 

 ECサイトの運営で気を付けるべき点(商品の出庫)
簡単に考えれば、ECサイトとはネット上に存在する店舗のことを指します。ECサイトから商品を選び、お客様が注文を行うのです。

 

ただこの時、ECサイトで何でも売れるかと言うと必ずしもそうではありません。

 

まずECサイトで売ることのできる商品の条件として「物流にのせることが可能である」という事があります。つまり、トラックに載せて運ぶことができる商品のことです。もっと厳密に言えば、宅配便で送ることのできる品物です。

 

そのため、例えば大きい家具を宅配で運ぶとなると、それなりの値段になってしまいます。

 

また、犬などの生き物も特殊な物流に乗せる必要があります。これらを運ぶためにはコストが大きくなってしまうため、ECサイトの運営ではハードルが高くなってしまいます。

 

このような理由から、ECサイトで売られている商品は酒や雑貨など、比較的小さい商品が主流となっています。

 

これら在庫を持つようになると、保管スペースが必要になります。最初は誰もが自宅に商品を置くことからスタートしますが、かなりのスペースを取られるようになります。

 

たとえ一つの商品が小さい物であったとしても、月商1000万にもなると、もの凄いスペースが必要です。そのために、倉庫が必要になります(宝石など小さくて高価な物は例外です)。

 

また、ECサイトから商品の注文があった場合には、倉庫から商品を取ってくる作業が必要になります。これをピッキングと言います。

 

この時、店長であれば商品がどこにあるか分かります。しかし、バイトを雇って倉庫から商品を取ってこさせようとすると大変な作業になります。そこで、倉庫にある棚に名前をつけてシステムを利用します。

 

この倉庫に置いてある商品それぞれの場所をロケーションと呼びます。このロケーションに番号を付けていきます。例えば、横に「A、B、C……」とつけていき、縦を「1、2、3……」と番号を振っていきます。

 

今回の場合、「B-3」であれば下図のようなロケーションを指します。

 

ロケーション

 

商品のロケーション設定を行った後、受注表を書かせて「B-3にある商品を取って来い!!」と指示をするのです。これによって、バイトであってもスムーズに商品を取ってこさせることができます。

 

ただし、商品の中でも似た商品がいくつも存在する場合があります。服のサイズもS、M、Lと規格違いがありますし、商品名の似ている品物があるかもしれません。つまり、誤って他のロケーションにある異なる商品を取ってきてしまう可能性があるのです。

 

そこで、ハンディスキャナーを利用します。

 

まず最初に、ピッキングリストにあるバーコードを読み取ります。つまり、「これから倉庫から取ってこなければいけない商品」を羅列してあるリストにバーコードが貼ってあり、このバーコードをハンディスキャナーで読み取るのです。

 

ピッキングリストに示されたバーコードを読み取った後、今度はそれぞれのロケーションに予め設定していた別のバーコードを読み取ります。

 

ここで商品が正しければ何も起こらず、商品が違えば「ピーピーピー」とハンディスキャナーが音を出して教えてくれます。

 

これらのシステムを導入することによって、在庫管理を行っていきます。これをしなければ誤発送が何回も発生し、クレームになることでより大きなコストがかかってしまいます。信頼を失うことにも繋がります。

 

また、システムなしに感覚で行うと品薄になることが多発し、その逆に発注をミスして一つのロケーションに大量の在庫が出るなどの問題が発生します。これは避けなければいけません。

 

そのため、ECサイトをある程度以上の規模にしようと思うと、システムの導入が必ず必要になります。

 

また、あくまでもECサイトの運営は「ネット上での物販」と捉えることができ、商品が売れるほど梱包や発送などの作業によって自分が忙しくなってしまいます。

 

そこで、インターネットを使って物販を行うが、自社でしっかりした物流システムを構築することで伸びていった会社がアマゾンです。

 

物流システムを組んでいるため、自社で物流の全てを把握することができます。もしこれを外注で行うとなると、もの凄いコストがかかります。

 

ここまでが、ECサイトを運営する上で問題となる商品を出庫する時の問題点です。

 

ただし、問題点とは言ってもリアルビジネスで物販などを行う場合はこれらのシステムを当たり前のように稼動させています。そのため、リアルビジネスでも同じようにこれらの問題が発生していることを認識できます。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

学ぶ人ほど富める人間は平等である
そもそもビジネスとは何をする物か
なぜネットビジネスを行う必要があるのか
ネットビジネスの基本は広告業である
情報発信のビジネスでは著作権のことを考えなくても良い
私がネットビジネスで稼げる一番の理由
経営者思考の基本を理解する
「金儲けは悪い」という日本人の悪しき習慣
なぜ私がビジネス手法を公開しているか
情報ビジネスは最強のビジネス
ビジネスを行う上でのリストという概念
DRM(ダイレクト・レスポンスマーケティング)とは
リストには属性がある
素人目線で不満を感じれば、ビジネスアイディアが湧き出てくる
誰でも簡単に売上を上げる方法
絶対に稼げるようになるたった一つの思考法とは
フロントエンドとバックエンド
アップセルとクロスセル
ゴミビジネスを学び、情報が現金に変わる仕組みを理解する
なぜ私が薬学の分野で稼ぐことができるか
起業や副業を行う前に考えるべきこと
金持ちになれるたった一つの条件とは:「資産」と「負債」
「消費」と「投資」の違いを理解して稼げる頭脳を手に入れる
元本保証型のビジネスは存在するのか
稼ぐ仕組みを構築し、自動収益化を行う方法
在庫問題とネットビジネス
ECサイトで問題となる在庫問題:商品の入庫
ECサイトで問題となる在庫問題:在庫の売れ残り問題
ECサイトで問題となる在庫問題:運転資金の問題
なぜ黒字倒産が起こるのか
ECサイト運営で在庫をなくす方法