ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

お客様はあなたの商品を欲しくない

 

お客様が商品を買う時、なぜお客様がその商品を買うのかを考える必要があります。つまり、「本当にその商品が欲しいのかどうか」という事です。

 

例えば、女性に化粧品を売る場合であると、多くの人は「お客様は化粧品が欲しいはず!!」と勘違いをします。

 

それに対して、本当にビジネスが分かっている人は「もしかしたらお客様は化粧品なんか欲しくないのかもしれない」という思考ができます。

 

 お客様は商品なんか欲しくない
なぜ女性客は化粧品を買うのでしょうか。それは、化粧品が欲しいのではなく、化粧品を使うことによって「美しくなれる」という結果が欲しいのです。

 

つまり、美しくなれるのであれば別に化粧品でなくても良いはずです。

 

もしこの世に「塗るだけで生まれたての赤ちゃんのような透き通る肌を1ヶ月維持できる」という正真正銘本物のクリームが5000円で売られていたとすれば、化粧品はこの世からなくなってしまいます。

 

結果が手に入るのであれば、商品はどうでも良いです。今回の場合であると、別に化粧品でなくても良いです。お客様は化粧品なんか欲しくないのです。本当に欲しいのは「美しくなりたい」という結果だけです。

 

だからこそ、コピーライターとして文章を書くにしてもお客様は「読まない、信じない、行動しない」の心理に基づいている事を認識しなければいけません。お客様はその商品を必要としてなく、むしろ疑っています。

 

これを理解していないので多くの人は何をするかと言うと、商品の利点や機能だけを説明し始めます。今回の例であれば、化粧品の原料や研究結果などを必死で説明することで、なんとかして納得してもらおうとします。

 

だから売れません。 本当はどうしなければいけないかと言うと、例えば化粧品を手に入れた後に「この商品をこう使うことによって、あなたの『美しくなりたい』という未来を達成することができますよ」という事を想像させなければいけません。

 

もっと言えば、さらにその先の未来を知ることも必要です。美しくなった後に結婚相手を探したいのであれば、化粧品でなくても「友達からの紹介」や「結婚相談所」でも良いはずです。

 

このお客様の未来を理解していないのに、化粧品の機能だけを説明するから商品が売れません。これを読み取った上でコピー文章を書かなければ、売れる文章を書くことはできません。

 

 全ての営業で通用する思考
ちなみに、今回の内容は全ての営業活動でも通用します。

 

多くのお客様に商品を売る敏腕営業は何をしているかと言うと、「お客様のことだけ」を聞きだします。つまり、「いかにお客様の将来に対して頭を置くか」だけを考えます。
しかし、多くの人は「自分の商品は最高だから売れるはず」という勘違いの元に、商品の機能だけを説明し始めます。

 

例えば、車を売る場合を考えます。できる営業の人はどうするかと言うと、パンフレットはどうでも良いと考えます。その代わり、お客様の話を聞いて「それだったら、この車をこのように使えば有用ですよ」と話します。

 

つまり、その車を使うことでお客様にとって将来どのようなメリットがあるかだけを話します。お客様の話を聞くことで、「お客様が何を望んでいるか」のリサーチをしているのです。

 

このように、まずは「お客様は商品を欲しくない」という心理があることを叩き込まなければいけません。

 

これを理解せずに「俺の商品最高!!」と多くの人が思っているから営業成績が下降線を辿っていくのです。ビジネスを開始したとしても、全く売れない商品が出来上がってしまいます。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

コピーライティングとは一体何者か
コピーライティングは繊細である
読まない・信じない・行動しない(三つのNOT)
コピーライティングはラブレターである
文章の力だけで人を動かすために必要なこと
リサーチをしなければ、良いコピーを書くことはできない
神話の法則で人の心を動かすための共感を得る
限定性を付けて、お客様を行動させる
「敵」と「欲」を聞き出すコピーライティング:テクニックは不要
具体的な数値の魔力:数値を取れ入れたコピーライティング
「未来」や「恐怖」を見せて反応率を上げるコピーライティング
「アクセスを集める文章」と「人を動かす文章」の違い
コピーライティングを上達させるための近道とは
広告から学ぶコピーライティング
本物のコピーライティングを学べばどうなるのか
ブレット(ボレット)の書き方:セールスレターのコピーライティング
お化け屋敷から学ぶ「想像」「妄想」のコピーライティング
カリギュラ効果:心理学から学ぶコピーライティング
3Bの法則:イラストや写真の効果を最大化させる方法
お客様が感じる価値を上げれば、高くても商品は売れる
高額商品でも低額商品でも、理由を付ければ勝手に売れていく
文章・動画でお客様に理念や想いを伝えるとビジネスで成功する
常識を覆す正直なコピーライティングは反応率が高い
コピーライティングを行う上で気をつけるべき3つの点
分かりやすい文章の書き方
仮想敵を作り、共感を得る文章を書くには
物語(ストーリー)を取り入れ、人に読ませるコピーライティング
認知的不協和:矛盾によって魅了するコピーライティング
アンカリング効果:最初の交渉が重要となる