ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

カリギュラ効果:心理学から学ぶコピーライティング

 

禁止されると、かえって気になってしまう心理学の要素をカリギュラ効果と呼びます。禁止される分だけ「それを見たい」、「行ってみたい」という衝動に駆られてしまいます。

 

例えば、写真を他の人に渡す役を頼まれた時に「絶対に中を見ないで!」と言われれば、中を確認したくて仕方がなくなると思います。少なくとも、私は120%の確率で見てしまいます。人は言われたことと反対の動きをしようとするのです。

 

実際にビジネスを動かす場合、このカリギュラ効果をコピーライティングとして上手く取り入れることにより、一瞬のうちに売上を上げることができます。

 

 ビジネスで商品を買わせるために
雑誌を立ち読みしていると、袋とじに出会うことがあります。「丸秘!!」のようなマークがでかでかと書いてあり、その雑誌を購入しないと中身を見ることができません。これは、カリギュラ効果の一種です。また、テレビで行われる「ピー」というモザイク音も同じです。

 

京都の由緒正しい料亭であると、一見さんお断りの店があります。既に何度も行ったことのある人であれば何とも思わないでしょうが、贅沢な生活をしていない人間にとっては「一度は行ってみたい」と思ってしまいます。

 

このように、敢えて禁止することによって興味をそそることができるのです。

 

金を稼ぐためには自分の商品を売る事が必要不可欠となります。この時に行うオファーの仕方によって成約率が全くもって異なってきます。

 

多くの人は「買ってください」と頼みます。しかし、実はそれよりも「買わないでください」とオファーした時の方がより大きい成約率を出すことができます。

 

例えば、あなたは以下のようなオファーを受けた時にどのように思うでしょうか。

 

弊社の商品は最高です。特別です。言うことありません。なので買ってください。こんなに良い商品を買わないあなたは間違っています。

 

今がチャンスです。とてもお買い得です。決断は早くしてください。

 

商品が魅力的なら話は別ですが、よほどのことがない限り財布のヒモを開けることはないと思います。ただし、これが世の中に溢れかえっている一般的なオファーです。大企業であっても、このようなオファーを平気でします。

 

それでは、次のような文章ではどうでしょうか。

 

このダイエット商品は多くの人に使って欲しくありません。数に限りがあるため、本当に価値の分かる人だけ手に取ってください。

 

少なくとも、「簡単に痩せたい」と思っている人には確実に向いていません。そのような人はお金の無駄なので買わないでください。

 

いかがでしょうか。ダイエットをしようと思っている人であれば、少しは興味が出ると思います。

 

しかし、実際にはこれだけでは不十分です。本来はここからさらに「理由」を付けなければいけません。具体的には、今回出した2つの例を組み合わせます。ここに理由を付け、購買へと導きます。

 

例えば、以下のようになります。

 

このダイエット商品は7日間だけの限定販売です。今までの検証結果から、モニターの実に97.6%で1ヵ月の間に平均5.2kg以上のダイエットに成功しています。もちろん、送料無料です。満足頂けない場合は返金保証までつけます。

 

ただし、このダイエット商品を多くの人に使って欲しくありません。この商品は1つ1つを手作りで丹精込めて作っているため、数に限りがあります。そのため、売れすぎてしまうと本当の意味でこの商品を望んでいるお客様の手に届かなくなってしまいます。

 

そのため、本当に価値の分かる人だけ手に取ってください。

 

少なくとも、「簡単に痩せたい」と思っている人には確実に向いていません。そのような人はお金の無駄なので買わないでください。

 

ただし、本気でダイエットを成功させたいと思っている方であれば、間違いなく満足のいく結果を得ることができます。私たちは自信を持ってこのような商品をお届けします。

 

このように、「買ってください」とオファーするだけでなく、そこに「手作りで丹精込めて作っているため、数に限りがある」、「売れすぎると、本来のお客様が手に取れない」などの理由を付け加えています。つまり、カリギュラ効果として「買わないでください」と敢えて逆の事を言います。

 

こうすると、反応率が上がります。こちらからのメッセージとしては「本当に必要だと思う人だけ購入して欲しい」という気持ちを伝えることができます。

 

このように心理学を学べば、大企業であっても多くの間違いをしている事に気が付くと思います。カリギュラ効果を分かりやすく表現すれば「絶対に見ないでください」とオファーする事になりますが、実はビジネスでも大いに取り入れることができるテクニックの一つです。

 

コピーライティングでは心理学が重要となりますが、なぜ心理学を学べばコピーライティングの能力が飛躍的に上昇するか分かって頂けたかと思います。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

コピーライティングとは一体何者か
コピーライティングは繊細である
読まない・信じない・行動しない(三つのNOT)
コピーライティングはラブレターである
文章の力だけで人を動かすために必要なこと
お客様はあなたの商品を欲しくない
リサーチをしなければ、良いコピーを書くことはできない
神話の法則で人の心を動かすための共感を得る
限定性を付けて、お客様を行動させる
「敵」と「欲」を聞き出すコピーライティング:テクニックは不要
具体的な数値の魔力:数値を取れ入れたコピーライティング
「未来」や「恐怖」を見せて反応率を上げるコピーライティング
「アクセスを集める文章」と「人を動かす文章」の違い
コピーライティングを上達させるための近道とは
広告から学ぶコピーライティング
本物のコピーライティングを学べばどうなるのか
ブレット(ボレット)の書き方:セールスレターのコピーライティング
お化け屋敷から学ぶ「想像」「妄想」のコピーライティング
3Bの法則:イラストや写真の効果を最大化させる方法
お客様が感じる価値を上げれば、高くても商品は売れる
高額商品でも低額商品でも、理由を付ければ勝手に売れていく
文章・動画でお客様に理念や想いを伝えるとビジネスで成功する
常識を覆す正直なコピーライティングは反応率が高い
コピーライティングを行う上で気をつけるべき3つの点
分かりやすい文章の書き方
仮想敵を作り、共感を得る文章を書くには
物語(ストーリー)を取り入れ、人に読ませるコピーライティング
認知的不協和:矛盾によって魅了するコピーライティング
アンカリング効果:最初の交渉が重要となる