ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

税金とは一体何者なのか:累進課税制度と課税所得

 

個人事業主(フリーランスなど)として独立するとき、何をすればよいのか分からない人は多いです。税金や保険など、サラリーマン時代はすべて会社が行ってくれていました。しかし、独立した瞬間にすべて自分で行わなければならなくなります。

 

会社員のとき、給与明細を見て「こんなにも税金がかかるのか」という怒りが込み上げてきたと思います。ただ、独立すればさらに大きな税額に愕然とすることでしょう。

 

そこで、税金の仕組みや節税のポイントについて、簡単にでもおさえておく必要があります。税金の流れを知れば、無駄な税金を払わなくて済むようになります。節税のためには、とても重要な知識です。

 

 累進課税制度と課税所得
会社員にとってみれば、「会社から支払われるお金=給料」となります。給料の額がそのまま年収に直結するため、年収に対して課税すれば良いことが分かります。

 

しかし、個人事業主では「取引相手から支払われるお金=給料」とはなりません。支払額がそのまま年収には直結しないのです。

 

これは、「経費」がかかるからです。例えば、1,000円の売り上げがあったとします。しかし、仕入れに600円かかれば、実際の利益は400円です。お客様への郵送代や事務所の家賃などを含めると、経費はさらに大きくなります。

 

このように考えると、自らビジネスをしているフリーランスや個人事業主に対して、「売上(相手先から支払われるお金)に税金をかける」というのは不公平であることが分かります。経費の額が大きい職業の場合、利益が少ないにも関わらず税額が大きくなってしまうのです。

 

そこで、全体の売上ではなく、経費を差し引いた利益に対して税金がかけられます。個人事業主にとってみれば、このときに出される利益が所得に該当します。「その年の利益=所得(個人事業主が自由に使えるお金)」という図式です。利益(所得)は次の計算式によって導きだされます。

 

売上 - 経費 = 利益(所得)

 

所得に対して税金がかけられます。ただし、世の中には「各種控除」というものがあります。税金を計算するためには、控除する額まで考えないといけません。

 

例えば、「一人暮らしの人」と「四人家族の家」であれば、後者の方が多くのお金を必要とすることが分かります。同じ所得であれば、四人家族の方が生活はきついことは明白です。

 

子供をきちんと育てて家族を養っているにも関わらず、いつまでも一人暮らしの人と同じ税額では不公平です。そこで、家族を養っている人など、ある一定の条件を満たした人に対して税金を差し引くことが認められています。これが各種控除であり、次の式によって計算されます。

 

利益(所得) - 各種控除 = 課税所得

 

課税所得とは、「税金を課せられる所得」という意味です。要は、課税所得の額が大きくなるほど、税額も増えます。

 

また、課税所得が大きくなると、その分だけ税率も高くなります。年収の大きい人であるほど、税額も高くなることを聞いたことがあると思います。このような制度を累進課税制度といいます。高給取りの人からたくさん税金を徴収し、低所得者の税額を減らすというものです。

 

累進課税制度では、以下のようになっています。

 

課税所得

税率

控除額

以下

 

195万円

5%

0円

195万円

330万円

10%

97,500円

330万円

695万円

20%

427,500円

695万円

900万円

23%

636,000円

900万円

1,800万円

33%

1,536,000円

1,800万円

 

40%

2,796,000円

 

課税所得の額が上がると税率も急激に上昇することが分かります。このようにみると、節税ポイントが見えてきます。節税では「課税所得を抑える」ことを考えれば良いのです。もっといえば、「経費を多くする」「各種控除を多くする」などを行うことが節税です。

 

大多数の人にとって、売上は自分で調節できるものではありません。売上にはお客様が関わっているため、お客様の数を調節するのは難しいです。

 

一方、課税所得であれば自分で調節できます。経費を増やすことは可能ですし、自ら勉強して各種控除を多くする努力もできます。

 

納付する税額は「課税所得 × 所得税率 = 納付税額」で求められます。見た目の所得を少なくすれば税金を小さくできるため、ここに節税の全てが詰まっていると考えてください。あとは「何が経費になるのか」「各種控除に何があるのか」「税金の制度はどうなっているのか」などを学んでいくだけです。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

フリーランスに自由はなく、全責任を負う:ノマドスタイルの嘘
フリーランス側が契約書を用意し、対等な立場で話を行う
白色申告(しろしん)と青色申告(あおしん)の違いを理解する
個人事業主の税金を学ぶ:所得税、住民税、事業税、消費税
フリーランスで重要な医療保険とは:健康保険と国民健康保険
フリーランスで重要な年金保険とは:厚生年金と国民年金
税引き前の金を手にする素晴らしさを理解する
最初に会社設立を行う人は失敗する
フリーランスとしてビジネスを始めるため、まずは税務署へ行く
個人事業主にとって、領収書は15%を払い戻せる金券である
フリーランスによる消費税の計算法:広告、アフィリエイトなど
個人事業主と法人での節税対策の違い
ビジネスで必要な会計は「経費」を学ぶことである
「何でも経費で落とせる」という概念を理解する
生活を支える代わりに給料を抑えると、会社も従業員も得をする
コンサートチケットやスポーツクラブ会員費を経費で落とす方法
資格や英語学習など、勉強費用を経費で落とす方法
車を購入して経費で落とす方法
経費精算のとき、必ずしも領収書は必要ない:レシートでもOK
記帳作業は簡単であり、勘定科目は間違えても問題ない
固定資産と減価償却を理解する
確定申告では、損益計算書(収支内訳書)が必要になる
青色申告の「65万円控除」を目指すには
有能なフリーランスは事業主貸、事業主借を有効活用する
青色申告のメリットとは:青色専従者給与、純損失の繰越控除
会社への税務調査の注意点と適切な申告の重要性
個人事業主が法人化で節税する「利益50万」の分岐点
固定電話を設置せず、携帯(IP電話)で新たな番号を取得する
会社設立1ヶ月で新規に法人クレジットカードを作成するには
フリーランスが会社設立(法人化)を行う3つの手順
法人化による税理士の選び方と税理士活用のメリット
法人化による節税:役員報酬を駆使する
法人保険(経営者保険、生命保険)で退職金を作る:法人の節税