ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

フリーランス側が契約書を用意し、対等な立場で話を行う

 

サラリーマンとフリーランスは大きく異なります。給与の安定性や社会保険などの観点から考えると、サラリーマンの方が圧倒的に優れています。フリーランスは個人事業主であるため、すべて自分で何とかしなければいけません。

 

これまで従業員として働いていた人が脱サラした場合、考え方を大きく変える必要があります。雇われの立場ではなく、企業と対等に話すようにスイッチを切り替えるのです。

 

 契約書はこちら側が用意しても問題ない
サラリーマンであれば、仕事に必要なものはすべて会社が用意してくれます。文房具やパソコン、プリンターに至るまですべてです。得意先との交渉がある場合、そのための交通費まで支給してくれます。

 

そのため、会社員にとってみれば、「会社から振り込まれるお金(給料) = あなたが自由に使えるお金」となります。

 

一方、フリーランスであれば、仕事の道具を含めてすべて自分で用意しなければいけません。完全なる個人負担であるため、相手先から振り込まれるお金(報酬)がそのまま自由に使えるわけではありません。売上からあらゆる経費を差し引いた後に、ようやく手元にお金が残ります。

 

そのため、フリーランスになって支払われる報酬が高くなったことに喜んでいてはいけません。報酬の中から必要経費を引く必要があるので、実質はサラリーマンのときよりも手元に残るお金が少ないことは頻繁にあります。

 

これを防ぐため、経費を引いたとしてもそれなりのお金が残るように、相手先と交渉しなければいけません。

 

仕事の交渉を行うとき、同時に報酬や労働条件まで決める必要があります。ここを放置したまま仕事を進めるフリーランスは多いです。確かに、お金の交渉(報酬の交渉)は難しいです。できるだけ高い報酬の方がうれしいですが、相手側にとっては違います。

 

ただ、立場としては対等です。

 

会社員であれば、嫌な仕事であっても引き受けなければいけません。しかし、フリーランスであれば、気に入らない仕事なら引き受けなければ良いのです。会社員の場合とは立場が違うことを認識して、堂々と接するようにしましょう。

 

報酬条件の交渉を行うとき、口約束だけは危険です。「業務の範囲と内容」「報酬」「支払い条件」などをしっかりと明記した契約書を用意しましょう。フリーランス側から契約書への印を求めて問題ありません。

 

私の場合、契約書を用意するほどでもないときはメールで記録を残しています。「○○の報酬は1件につき△△円」などを記したメールを相手側に送り、証拠として残しておくのです。確認メールがあるのとないのでは、大きく違います。

 

 報酬(ギャラ)の設定も自分で行う
フリーランスは自分の報酬を自ら決めることができます。仕事の単価を引き上げてもいいですし、仕事を外注してより高度な仕事に取り組んでもいいです。収入を伸ばす方法はいくらでも存在します。

 

安易に単価の低い仕事を受けてはいけません。あなたの価値を下げることになるからです。収入を落としても、単価を引き上げる決断をしなければ成功は厳しいです。

 

ある程度のリスクを取り、1つの分野を極めてトップを取ることができれば、いくらでも高単価の仕事を受注することができます。

 

このときは時給4,000円を意識しましょう。時給4,000円というと高いように思います。ただ、年収600万円のサラリーマンの給料を時給で考えると、これくらいになります。

 

時給4,000円にサラリーマンの平均労働時間をかけると、売上は720万円になります。ここから経費が差し引かれることを考えると、年収600万円程度だということです。フリーランスは多くの経費を必要としない場合が多いので、これは妥当な数字です。

 

年収600万円のサラリーマンの時給が4,000円であることを考えると、これくらいの付加価値を目指すのは当然ともいえます。

 

フリーランスで行う大きなメリットは、時間や場所に関係なく働けることにあります。しかし、収入が少ないのであれば、何のために会社員からフリーランスに転向したのか分かりません。

 

そういう意味では、上から降ってくる仕事をこなすだけで給料を貰えるサラリーマンがいかに素晴らしいか理解できるはずです。フリーランスで独立して食べていくためには、それなりの価値を加えながらビジネスを動かさなければいけません。

 

そのためには、報酬の単価を上げる必要がありますし、契約書などで条件をあらかじめ明確にしておかなければなりません。ライバルとの差別化も必要です。こうした努力を続けることで、少しずつビジネススキルを磨いていきます。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

フリーランスに自由はなく、全責任を負う:ノマドスタイルの嘘
税金とは一体何者なのか:累進課税制度と課税所得
白色申告(しろしん)と青色申告(あおしん)の違いを理解する
個人事業主の税金を学ぶ:所得税、住民税、事業税、消費税
フリーランスで重要な医療保険とは:健康保険と国民健康保険
フリーランスで重要な年金保険とは:厚生年金と国民年金
税引き前の金を手にする素晴らしさを理解する
最初に会社設立を行う人は失敗する
フリーランスとしてビジネスを始めるため、まずは税務署へ行く
個人事業主にとって、領収書は15%を払い戻せる金券である
フリーランスによる消費税の計算法:広告、アフィリエイトなど
個人事業主と法人での節税対策の違い
ビジネスで必要な会計は「経費」を学ぶことである
「何でも経費で落とせる」という概念を理解する
生活を支える代わりに給料を抑えると、会社も従業員も得をする
コンサートチケットやスポーツクラブ会員費を経費で落とす方法
資格や英語学習など、勉強費用を経費で落とす方法
車を購入して経費で落とす方法
経費精算のとき、必ずしも領収書は必要ない:レシートでもOK
記帳作業は簡単であり、勘定科目は間違えても問題ない
固定資産と減価償却を理解する
確定申告では、損益計算書(収支内訳書)が必要になる
青色申告の「65万円控除」を目指すには
有能なフリーランスは事業主貸、事業主借を有効活用する
青色申告のメリットとは:青色専従者給与、純損失の繰越控除
会社への税務調査の注意点と適切な申告の重要性
個人事業主が法人化で節税する「利益50万」の分岐点
固定電話を設置せず、携帯(IP電話)で新たな番号を取得する
会社設立1ヶ月で新規に法人クレジットカードを作成するには
フリーランスが会社設立(法人化)を行う3つの手順
法人化による税理士の選び方と税理士活用のメリット
法人化による節税:役員報酬を駆使する
法人保険(経営者保険、生命保険)で退職金を作る:法人の節税