ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

青色申告の「65万円控除」を目指すには

 

個人事業主の場合、その年の利益額を報告するために確定申告を行います。確定申告で提出した額に応じて、税金が決まります。

 

ただ、その年に稼いだ利益すべてに対して税金を課せられるわけではありません。人によっては、いくらか控除された上で税金を納めます。どうせならば、納める税金は少ないほど良いです。このような節税の中でも、青色申告の65万円控除は最も一般的です。

 

 青色申告には種類がある
確定申告では、白色申告か青色申告を選択しなければいけません。白色申告は「税金の控除がない」など、メリットが一つもないので必ず青色申告を行うようにしてください。

 

青色申告には「10万円控除」と「65万円控除」の2種類があります。10万円控除であれば、単式簿記という家計簿をつけるような感じで行えばすみます。そのため、記帳をしたことのない初心者であっても、誰でも簡単に記帳作業を始めることができます。

 

税率が最も安い15%(所得税5% + 住民税10%)で考えると、「10万円 × 0.15 = 1万5,000円」だけ余分な税金を納めなくてすみます。かなりの額を稼いで税率がもっと上がるようであれば、節税できる額はさらに上がります。

 

一方、中には65万円控除に挑戦する方もいます。この場合、「65万円 × 0.15 = 9万7,500円」の節税が可能です。10万円控除と比べると、8万2,500円も節税額に差があります。

 

ただし、65万円控除の青色申告を目指そうとすると、ハードルはかなり高くなります。家計簿のような記帳方法ではなく、複式簿記という記帳をしなければいけないからです。簿記3級くらいの知識をもっていない限り、複式簿記で行うのば厳しいと思ってください。

 

そうはいっても、ビジネスを動かして拡大しようと考えている人であれば、簿記3級の知識は必須です。将来の勉強だと思い、複式簿記を選択するのも考え方の1つです。現在では複式簿記を行うための会計ソフトがあるため、これを購入して記帳を行うのが普通です。

 

前述の通り、10万円控除と65万円控除を比べると、節税額の差は8万2,500円(税率15%の場合)です。ただ、記帳作業に追われてビジネスが滞ることも考え、作業の煩雑さを見極めた上で費用対効果を考えながら選択してください。

 

以下に10万円控除と65万控除を行うときの記帳イメージを記します。

 

※青色申告(10万円控除)のイメージ

日付

摘要

収入

支出

残高

  前月繰越     20,000円
1/3 A社からの売上入金 50,000円   70,000円
1/10 新聞図書費   10,000円 60,000円
1/13 旅費交通費   40,000円 20,000円
1/17 B社からの売上入金 20,000円   40,000円
1/23 サーバー管理費   10,000円 30,000円
  ……     ……

 

※青色申告(65万円控除)のイメージ

日付

摘要

借方

貸方

1/3 A社からの売上入金 普通預金(50,000円) 売上(50,000円)
1/10 新聞図書費 新聞図書費(10,000円) 事業主借(10,000円)
1/13 旅費交通費 旅費交通費(40,000円) 未払金(40,000円)
1/17 B社からの売上入金 普通預金(20,000円) 売上(20,000円)
1/23 サーバー管理費 通信費(10,000円) 普通預金(10,000円)
  …… ……

 

……

 

65万円控除では、このように一般人から見れば何のことだか分かりにくい記帳を行っていきます。逆に言えば、これを理解できれば大きな節税が可能です。65万円控除の青色申告では、貸借対照表の提出も求められますが、これらの記帳をしっかり行えば後は会計ソフトが全部計算してくれます。

 

ちなみに、ビジネスを動かして稼いでいる人であっても、簿記の概念を理解している人は少数です。稼げるようになって法人化を行い、税理士と話を行うときも「未払金?」「発生主義?」というレベルです。

 

複式簿記は難しいことは確かですが、たかだか簿記3級レベルです。個人で小さくビジネスを行っていこうと考えているフリーランスであれば、10万円控除でも問題ありません。ただ、さらに稼いでビジネスを拡大していきたいのであれば、複式簿記を行える能力は必須です。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

フリーランスに自由はなく、全責任を負う:ノマドスタイルの嘘
フリーランス側が契約書を用意し、対等な立場で話を行う
税金とは一体何者なのか:累進課税制度と課税所得
白色申告(しろしん)と青色申告(あおしん)の違いを理解する
個人事業主の税金を学ぶ:所得税、住民税、事業税、消費税
フリーランスで重要な医療保険とは:健康保険と国民健康保険
フリーランスで重要な年金保険とは:厚生年金と国民年金
税引き前の金を手にする素晴らしさを理解する
最初に会社設立を行う人は失敗する
フリーランスとしてビジネスを始めるため、まずは税務署へ行く
個人事業主にとって、領収書は15%を払い戻せる金券である
フリーランスによる消費税の計算法:広告、アフィリエイトなど
個人事業主と法人での節税対策の違い
ビジネスで必要な会計は「経費」を学ぶことである
「何でも経費で落とせる」という概念を理解する
生活を支える代わりに給料を抑えると、会社も従業員も得をする
コンサートチケットやスポーツクラブ会員費を経費で落とす方法
資格や英語学習など、勉強費用を経費で落とす方法
車を購入して経費で落とす方法
経費精算のとき、必ずしも領収書は必要ない:レシートでもOK
記帳作業は簡単であり、勘定科目は間違えても問題ない
固定資産と減価償却を理解する
確定申告では、損益計算書(収支内訳書)が必要になる
有能なフリーランスは事業主貸、事業主借を有効活用する
青色申告のメリットとは:青色専従者給与、純損失の繰越控除
会社への税務調査の注意点と適切な申告の重要性
個人事業主が法人化で節税する「利益50万」の分岐点
固定電話を設置せず、携帯(IP電話)で新たな番号を取得する
会社設立1ヶ月で新規に法人クレジットカードを作成するには
フリーランスが会社設立(法人化)を行う3つの手順
法人化による税理士の選び方と税理士活用のメリット
法人化による節税:役員報酬を駆使する
法人保険(経営者保険、生命保険)で退職金を作る:法人の節税