ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

固定電話を設置せず、携帯(IP電話)で新たな番号を取得する

 

実際に行ってみれば分かりますが、個人事業主や起業したての頃は多くの問題が立ちはだかります。そもそも、ビジネスを始める前につまずいてしまう人は多いです。

 

その中の1つとして、電話番号があります。個人にとって、電話番号の公開は大きなリスクです。会社の番号を公開するのは抵抗ないにしても、自宅や携帯の番号をインターネット上に公開したくはありません。ネットビジネスを行っている私であっても絶対に載せたくはありません。

 

それでは、具体的にどのようにして電話番号の問題を解決すれば良いのでしょうか。番号を公表せずにビジネスを始めるには、実はそこまで難しく考えなくても解決できます。

 

 携帯電話を活用し、転送させる
これからビジネスを始める人にとって、電話回線は大きな問題の一つです。特に自宅でビジネスをしている人の場合、同じ家に電話回線が2つという状況は現実的ではありません。また、単身赴任の方で副業を考えている場合、電話手段が携帯電話しかない方は多いです。

 

しかし、ビジネスを行う以上は電話番号が必要です。リアルビジネスは当然にしても、これはインターネットを活用したビジネスでも同様です。現在は特定商取引というものがあり、ECサイトなどを使ってネット上で商品取引を行う場合は、電話番号を含めた情報の公開を行わなければいけません。

 

そのため、「自分の携帯番号をネット上に公開したくはない」と思う人は多いです。

 

そこで、「新たな番号を取得し、その番号にかかってきたときに携帯電話へ転送させる」という考え方をします。「090」や「080」から始まる自分の携帯番号以外に、もう一つの番号を取得するのです。

 

このサービスを行っているものとして、NTTが提供している「050 plus」があります。いわゆるIP電話と呼ばれるサービスであり、「050」から電話番号が始まります。

 

050 plus

現在は050 plusを管理するためのアプリが存在し、「新たな電話番号」にかかってきたときにアプリが起動するようになります。

 

また、「新たな電話番号」から発信する場合は、アプリを起動して電話をかけたい番号を押すだけです。月額300円(税別)なので、このような低価格で携帯とは別のもう一つの電話番号を取得できます。

 

ビジネスを行う場合、自宅の固定電話や携帯とは異なる番号が必須です。そこで、050 plusを有効に活用することを検討してみてください。

 

なお、新たに店舗を構えてリアルビジネスを行う人にとっても大きな意味があります。電話回線を引くには多額の費用が必要です。そこで、安い携帯電話と契約して050 plusを活用すれば、初期投資を抑えながら新たな電話番号を取得できます。

 

 携帯電話の番号では取引が難しい
既に仲の良い取引先とビジネスを行う場合、携帯の電話番号でも問題ありません。しかし、ある程度の大企業と取引を行うとき、携帯電話では拒否されることがあります。

 

例えば、私は書籍出版を行うときに新聞広告を出したことがあります。私の会社名で広告を出したとき、広告代理店から「携帯番号では新聞社から広告出稿を拒否されます」と言われました。ただ、私は自宅でビジネスを行っていたものの、050 plusによるIP電話を使っていたので、問題なく審査を通過できました。

 

法人化に伴い、クレジットカードを新たに作る場合も同様です。携帯番号を記載すれば、審査で落とされることがあります。固定電話があればいいですが、携帯電話しかもっていない人は多くの場合、法人カードを作れません。

 

そこで、IP電話を新たに契約して、かかってきたときだけ携帯に転送させます。私の場合、「050」から始めるIP電話の番号を記載してクレジットカード会社に提出したところ、設立1ヶ月目にも関わらず無事審査を通過しました。

 

このように、個人事業主や法人化したての起業家などにとって、IP電話は重宝する存在です。今でも私は050 plusを活用しています。従業員が多くなれば、新たな事務所を構えて固定電話を引けば良いです。ただ、一人でビジネスを始めている初期の頃はIP電話を有効に活用しましょう。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

フリーランスに自由はなく、全責任を負う:ノマドスタイルの嘘
フリーランス側が契約書を用意し、対等な立場で話を行う
税金とは一体何者なのか:累進課税制度と課税所得
白色申告(しろしん)と青色申告(あおしん)の違いを理解する
個人事業主の税金を学ぶ:所得税、住民税、事業税、消費税
フリーランスで重要な医療保険とは:健康保険と国民健康保険
フリーランスで重要な年金保険とは:厚生年金と国民年金
税引き前の金を手にする素晴らしさを理解する
最初に会社設立を行う人は失敗する
フリーランスとしてビジネスを始めるため、まずは税務署へ行く
個人事業主にとって、領収書は15%を払い戻せる金券である
フリーランスによる消費税の計算法:広告、アフィリエイトなど
個人事業主と法人での節税対策の違い
ビジネスで必要な会計は「経費」を学ぶことである
「何でも経費で落とせる」という概念を理解する
生活を支える代わりに給料を抑えると、会社も従業員も得をする
コンサートチケットやスポーツクラブ会員費を経費で落とす方法
資格や英語学習など、勉強費用を経費で落とす方法
車を購入して経費で落とす方法
経費精算のとき、必ずしも領収書は必要ない:レシートでもOK
記帳作業は簡単であり、勘定科目は間違えても問題ない
固定資産と減価償却を理解する
確定申告では、損益計算書(収支内訳書)が必要になる
青色申告の「65万円控除」を目指すには
有能なフリーランスは事業主貸、事業主借を有効活用する
青色申告のメリットとは:青色専従者給与、純損失の繰越控除
会社への税務調査の注意点と適切な申告の重要性
個人事業主が法人化で節税する「利益50万」の分岐点
会社設立1ヶ月で新規に法人クレジットカードを作成するには
フリーランスが会社設立(法人化)を行う3つの手順
法人化による税理士の選び方と税理士活用のメリット
法人化による節税:役員報酬を駆使する
法人保険(経営者保険、生命保険)で退職金を作る:法人の節税