ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

楽しく仕事できる環境や仕組みに「努力」や「才能」は勝てない

 

何かを成し遂げるためには、必ず継続した行動を続けなければいけません。努力をしなければ、何かしら良い結果は生まれないのです。

 

世の中には、圧倒的な成果を出している人がいます。例えば、スポーツの世界でいえば「メジャーリーグで84年間破られなかった安打記録」を更新した日本人としてイチロー選手が知られています。

 

彼は野球のドラフト指名で4位であり、当初はまったく注目されていなかったことで有名です。しかし、その後に大きな活躍をしました。

 

こうした活躍をする人をみていると、共通点があることに気が付きます。それは、どれだけ本気になっているのかということです。

 

 努力と天才ではどちらが優れているのか
天才肌の人がいれば、努力によって補おうとする人もいます。あなたは、天才と努力のどちらが最終的には勝つと思うでしょうか。答えをいえば、努力が勝ちます。

 

どれだけ天才的な才能をもっていたとしても、練習をすることで技能を伸ばす必要があります。これを怠れば、圧倒的な努力をしている人には勝てません。いくら才能があっても、それを成長させる努力をしなければいけないのです。そのため、天才は努力に勝てません。

 

それでは、天才としての才能をもつ人が努力をすればどうでしょうか。この場合は大きな成績を残すレベルにまで成長します。もっている才能が開花されるのです。

 

ただ、実は天才の人でも努力をしている人でも勝てないものが一つだけあります。それは何であるか知っているでしょうか。これは、小学校で誰もが習ったことのある漢字2文字で表すことができます。少し考えてみてください。

 

……

 

…………

 

……………………

 

特定の状態になっている人に対しては、どれだけ努力したとしても勝つことはできません。その状態とは「夢中」です。夢中になっている人はある意味で最強です。

 

「努力する」というのは、どういう感情で動いているのでしょうか。いわゆる、必死で頑張っている様子であるといえます。たとえ興味がなかったとしても、何とか行動しようとしている状態が努力です。確かに行動をしているものの、そこに楽しさなどの感情はありません。

 

それでは、夢中になっている人はどうでしょうか。この場合、本人は努力しているとはまったく感じていません。それを行うことが楽しいため、食事や寝る時間さえ惜しいと感じています。何時間でも集中して取り組むことができるため、頑張らなくても継続して行動を起こすことができます。

 

先ほどのイチロー選手は、まさに野球に対して夢中になっていた人だと推測できます。本当に大きなことを成し遂げる人は全員、夢中になっています。

 

 努力や才能は「夢中」に勝てない
夢中になっている人は、楽しみながら行動しているといえます。結果を出したり新たな挑戦をしたりすることに対して、喜びを覚えるのです。スポーツであれば、練習するほど記録が向上する様子をみてうれしくなり、夢中になって行おうとするようになります。

 

それでは、これを仕事に置き換えてみましょう。仕事に対して努力してもいいですが、それだけでは不十分です。それよりも、自分が本当に好きだと思っている分野で働き、さらには夢中になっている人であるほど大きな成果を出せます。

 

例えば、営業職の人を考えてみましょう。営業は人と会うことが仕事ですが、同じことの繰り返しになっている人がほとんどです。ただ、トップセールスであるほど刺激的な人と毎日会うことができ、新たな気付きを得ながら普通の人では考えられないような営業成績を出します。

 

成果を上げるほど周りからの賞賛を得ることができ、さらに人が集まってくるという好循環が生まれます。そのため、営業で成績を残している人は「営業職は最高に楽しい職業」と全員が答えます。自らを夢中にさせる環境に置き、そのような仕組みを構築しているのです。

 

それでは、今度はお客様の立場になって考えてみましょう。「仕方なく営業活動をしている人」と「楽しみながら営業をしている人」の2人がいた場合、あなたはどちらから商品を購入したいと思うでしょうか。

 

夢中になっている営業マンの方が、アフターフォローまでしっかりと行ってくれるように感じます。会社を辞めることもないだろうと予測できるため、何か困ったことがあってもすぐに連絡がつくとお客様は考えます。そのため、夢中になって営業活動をしている人から商品が売れていきます。

 

重要なのは、どれだけ楽しく仕事できる環境や仕組みを構築できるかにあります。本当の意味で成功するには、「夢中になれる仕組み」を何とか作り上げることが必要不可欠です。

 

こうした概念は、これまで何かを成し遂げたことのない人にとっては理解しにくいかもしれません。ただ、誰もが認めるような成果を出した人であれば、全員がその通りだと感じる内容です。

 

まずはこの考え方を知り、夢中になれる仕事環境や仕組みを考え出してください。そうすることによって、「成功」へと近づいていくことができるようになります

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

起業で成功する人の共通点を探る
成功者がもつ「内なるモチベーション」の原理
相手の「本当の望み」を知ることが人間関係の第一歩になる
実行に移さず、想像だけで自分の行動を決定してはいけない
強い意志力をもち、本気で取り組めば成功をつかめる
他人であっても、人間は真剣に努力している人を応援する
「集客したい客層」を決めると、ビジネスが動き始める
古いことの実践に新規アイディアが隠れている
企業と組めば、ネットビジネスでの報酬が加速していく
経験が増えて初心(コアビジネス)を意識すると迷いがなくなる
人材採用・雇用では「収益を創る人」の見極めが重要
社長や医師など、一流の人たちと簡単に仲良くなる方法
子供に勉強させる方法:学びを止めた人間に成長はない
給料・収入を増大させるには、労働環境(働く場)を変えればいい
成果報酬型の保険営業マンが圧倒的な契約数を達成するには
異常なほどの行動力が成功体験になり、人間性を形作る
大きな成果を出す秘訣は「高い目標設定」にある
起業や転職時に必ず生じる「周囲の反対」を乗り切るには
スポーツで頂点を極め、栄光を勝ち取った人の共通点
一時期の流行・ブームよりも、長く売れるロングセラー商品が重要
成長していないのは、自分の限界を決めて慢心しているから
少し儲かって社長が贅沢を始めると会社は倒産する
無駄をそぎ落とし、複雑さを解消するほど「本質」が見えてくる
ダメな部分を補うのではなく、長所を特化させることの重要性
保険営業で人を紹介してもらうための極意
市場が飽和しているときに新ビジネスを創出する思考法
キャラ作りや設定を間違えると、ビジネスで矛盾を生じる
日本野球とメジャーリーグの違いから学ぶビジネス理念の重要性
企業と提携したいときは、決裁権をもつ人にアプローチする
ワンランク上げて少し背伸びすると、成功者たちと知り合える
大企業志望の就活生より、中小・ベンチャーを目指す学生が優秀
大学の研究とビジネスでの成功法則は同じ
士業などの有資格者や専門職種は人生の幅を狭くしやすい
人を動かし行動させる6つの基本法則
プレゼンテーションで1番重要な「空気感」とは何か
感動を与えるディズニーのホスピタリティー
本当のプロフェッショナルとは何か
高額セミナーやビジネス合宿・塾への参加なしに起業で成功しない
コンビニやスーパーからビジネスを学ぶ
自社サービスが「知られていない」ことを前提にビジネスをする必要性