ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

人を動かし行動させる6つの基本法則

 

ビジネスを行うとき、必ず人を行動させなければいけません。例えば、お客様が商品を購入するときを考えると、「あなたから商品を買う」という行動を起こさせる必要があります。従業員に対しても、やる気を起こさせて動かすことが重要です。

 

つまり、人を動かし行動させなければビジネスはまったく成立しません。そこで、人を動かす6つの基本法則(良い法則:3つ、悪い法則:3つ)を紹介します。

 

 良い意味で人が動く3つの法則
他人に口コミを起こさせる(友達にあなたのサービスを紹介させる)ためには、「感動」「信頼」「応援」のどれかがなければいけません。

 

 ・感動の法則
感動では、予想をはるかに超えるサービスを提供します。友達や恋人関係であれば、サプライズがこれに該当します。予期せぬサプライズによって感動すれば、あなたは周囲の人に対して「あのとき、こういうサプライズをしてくれて感動した」と話すはずです。人が動くとき、感動が最も強い影響を与えます。

 

 ・信頼の法則
次に影響力が強いのは「信頼」です。営業職の人では、信頼関係が重要といわれます。これは、ビジネスでは「多少値段が高くても、あなたから商品を買いたい」という現象が頻繁に起こるからです。ビジネス初心者ではこの感覚が分かりにくいですが、それだけ信頼関係は重要です。

 

商品は買って終わりではありません。例えば、車であればその後のメンテナンスが必要です。保険であっても、何か事故があったときに処理をしてもらわなければいけません。このときのアフターフォローが不適切であれば、いくら安い商品でも購入されることはありません。

 

そういう意味では、商品に値段は関係ありません。「この営業マンから購入すれば、メンテナンスまでしっかり行ってくれる」と思わせれば高くても売れます。これが、信頼関係が重要であるという意味です。

 

 ・応援の法則
そして最後に「応援」です。要は、人から応援されるようになるのです。応援はさらに、「見た目(振る舞い)」「共感」「努力(頑張り)」の3つに分かれます。

 

見た目というのは、イケメンだとか美人などの意味ではなく、立ち振る舞いのことを指します。礼儀などをしっかりとしていることが、応援されるための第一条件です。

 

さらに、ここに共感が加わります。いわゆる、共通点のことです。人は共通部分の多い人を応援したいと思います。

 

例えば、国体(国民体育大会)や都道府県別駅伝などが開催されるとき、あなたはどの選手に注目するでしょうか。多分、あなたの出身県の選手を応援するはずです。オリンピックであっても、日本選手にエールを送ります。

 

このときの選手はこれまで会ったこともない他人ですが、あなたと密接な共通点があるので応援してしまうのです。

 

そして、努力も重要です。人は必死に努力している他人を応援します。プロの試合に興味がなくても、甲子園や箱根駅伝などを必死で観戦する人は多いです。これは、彼らの本気度がプロの試合を凌駕しているからです。

 

他人に対して、感動を与えるのは正直難しいです。また、信頼を得るには時間が必要です。ただ、「応援を得る」であれば今すぐ行動できます。何とかして応援される人間になれば、これほど簡単にビジネスが回るものなのかと実感するはずです。

 

 悪い意味で人が動く3つの法則
先ほどは、他人を動かすため、良い循環を引き起こす法則を解説しました。今度はその反対に、悪い循環を起こす法則を紹介します。悪い意味で人を動かす法則には、「義理」「同情」「強要」があります。

 

 ・義理の法則
義理では、何とかお願いすることで「あいつの頼みだから仕方ないか」と思わせる行動です。ただ、これでは次に続きません。一回きりの関係で終わり、下手をすれば連絡が途絶えてしまう恐れがあります。

 

 ・同情の法則
また、同情でも人は動きますが、これも一回だけです。少なくとも、二回目以降はありません。

 

 ・強要の法則
そして、最も悪いのは強要です。何とか力でねじ伏せることで、人は行動します。しかし、このときの行動にはやる気がなく、強要を長く続けると反発していきます。このように、義理や同情、強要で人を動かそうとしてはいけません。

 

そうではなく、まずは「応援」を鍛えるようにしましょう。応援されるように努力すれば、ビジネスで簡単に他人から紹介をもらうことができます。

 

もちろん、これはビジネスに限りません。先輩後輩や夫婦間でも通じる法則です。例えば、部活の先輩であれば、後輩に強要することは簡単です。しかし、必ず反発を受けます。

 

一方、誰も見ていないところで努力を重ね、実力を格段に伸ばして実績を出した先輩の姿を見た後輩はどのように思うでしょうか。後輩は「あの人のようになりたい」と考え、その先輩を応援しながら、先輩を目標にして努力するようになります。これが、人を行動させるという意味です。

 

人を動かし行動させるには、原理原則となる6つの法則があります。この法則には、良い法則があれば悪い法則もあります。そこで良い部分だけを抽出すれば、あなたのビジネスは今よりも大きな発展を遂げるようになるはずです。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

起業で成功する人の共通点を探る
成功者がもつ「内なるモチベーション」の原理
相手の「本当の望み」を知ることが人間関係の第一歩になる
実行に移さず、想像だけで自分の行動を決定してはいけない
強い意志力をもち、本気で取り組めば成功をつかめる
他人であっても、人間は真剣に努力している人を応援する
楽しく仕事できる環境や仕組みに「努力」や「才能」は勝てない
「集客したい客層」を決めると、ビジネスが動き始める
古いことの実践に新規アイディアが隠れている
企業と組めば、ネットビジネスでの報酬が加速していく
経験が増えて初心(コアビジネス)を意識すると迷いがなくなる
人材採用・雇用では「収益を創る人」の見極めが重要
社長や医師など、一流の人たちと簡単に仲良くなる方法
子供に勉強させる方法:学びを止めた人間に成長はない
給料・収入を増大させるには、労働環境(働く場)を変えればいい
成果報酬型の保険営業マンが圧倒的な契約数を達成するには
異常なほどの行動力が成功体験になり、人間性を形作る
大きな成果を出す秘訣は「高い目標設定」にある
起業や転職時に必ず生じる「周囲の反対」を乗り切るには
スポーツで頂点を極め、栄光を勝ち取った人の共通点
一時期の流行・ブームよりも、長く売れるロングセラー商品が重要
成長していないのは、自分の限界を決めて慢心しているから
少し儲かって社長が贅沢を始めると会社は倒産する
無駄をそぎ落とし、複雑さを解消するほど「本質」が見えてくる
ダメな部分を補うのではなく、長所を特化させることの重要性
保険営業で人を紹介してもらうための極意
市場が飽和しているときに新ビジネスを創出する思考法
キャラ作りや設定を間違えると、ビジネスで矛盾を生じる
日本野球とメジャーリーグの違いから学ぶビジネス理念の重要性
企業と提携したいときは、決裁権をもつ人にアプローチする
ワンランク上げて少し背伸びすると、成功者たちと知り合える
大企業志望の就活生より、中小・ベンチャーを目指す学生が優秀
大学の研究とビジネスでの成功法則は同じ
士業などの有資格者や専門職種は人生の幅を狭くしやすい
プレゼンテーションで1番重要な「空気感」とは何か
感動を与えるディズニーのホスピタリティー
本当のプロフェッショナルとは何か
高額セミナーやビジネス合宿・塾への参加なしに起業で成功しない
コンビニやスーパーからビジネスを学ぶ
自社サービスが「知られていない」ことを前提にビジネスをする必要性