ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

初の出版(処女作)は増刷させろ:印税は全て広告費(販促費)へ

 

出版するとなると、多くの人は「自分の本が書店の一等地に何冊も平積みされている姿」を想像します。しかし、あなたが既にもの凄い実績を出している大御所でない限り、そのようなことはありえません。

 

むしろ、書店にあなたの本が置かれていないことの方が多いです。書店で平積みされているのであれば100点満点であり、実際はほとんどは誰も立ち寄らないコーナーの隅に背表紙を向けて入れられているだけです。もちろん、誰もあなたの本に気が付いてはくれません。

 

 処女作は必ず増刷させる
これが、出版業界の現実です。2週間を過ぎれば、あなたの本はどの書店にも見えなくなることでしょう。通帳に数十万円の印税が振り込まれて終わりです。

 

ここまでの文章を読んで、「それはヤバい!」と思ったのであればセンスがあります。少なくとも出版が決まった後、何も対策を行わないような愚かなことはしないと思います。そこで、最初の印税を全て販売促進のために回しましょう。あなたの目的は印税で稼ぐことではないため、これは問題ないはずです。

 

まずは、広告を出すことを考えてください。あなたがターゲットとする属性にもよりますが、ネット広告や新聞広告などが有効です。出版社に「著者が本を売るために行うべきこと」を聞きだし、何とかして本を売っていくのです。

 

こうして、本の増刷を行うようにしてください。初版の本を売っていき、編集者から「2刷がかかりました」という電話やメールを何とかしてもらうのです。ここまですれば、ひとまずは合格です。

 

ちなみに、増刷がかかって2刷までいく本は全体の2割程度です。ほとんどの本は増刷がかかることなく、そのまま誰にも知られることなく消えていきます。そう考えれば、増刷がかかることがどれだけ素晴らしいか理解できると思います。

 

私の場合、発売二週目で編集者から「おめでとうございます」というタイトルで増刷がかかったという内容のメールが届きました。これで処女作の出版部数が合計1万5000部になり、そのときはかなり震えました。

 

私はビジネスに広告をほとんどかけない人間です。広告を出さなくても、いくらでも集客ができるからです。ただ、出版だけは別です。初版の印税は全て販促にまわし、あなたの本を増刷させることだけを考えてください。

 

 3刷までもっていく
編集者と話していると、「2刷で満足してはいけない」と言われます。本は発売直後が最も売れるため、ここでどれだけ本を売るかが勝負です。このときのちょっとした勢いで2刷までいきます。

 

ただ、同じ増版でも3刷は「本物」です。2刷は多少の運で行くことはあっても、3刷にまぐれはありません。本当に長く売れている本でない限り、3刷というのは起こらないからです。発売直後の勢いがあり、長期で読者が手に取ってくれる本だけが3刷となります。

 

前述の通り、世の中にある本のほとんどは初版で消えていきます。ただ、残りの本もそのほとんどが2刷までです。3刷というのは滅多にありません。

 

小さい書店に並んでいる本は、どれも「売れている本」だと思って問題ありません。本を置くスペースが限られているため、売れない本を置いても仕方がないのです。

 

本が売れて3刷までになると、そこでようやく書店で本が恒常的に置かれるようになります。これが、「3刷がかかると4刷、5刷と売れる流れができる理由」です。

 

ちなみに、たとえベストセラーにならなくても3刷を越えれば他の出版社から声をかけてもらえる可能性が高くなります。一方、処女作が初版で終わるともう一度出版するのは厳しくなります。だからこそ、著者は本を売ることに本気になった方が良いです。

 

まずは、なんとしてでも増版させて2刷にしてください。2刷まで達成したら、それで満足することなく3刷、4刷まで狙ってください。何も対策をしなければ、あなたの本は誰の目にもとまることなく静かに消えていきます。

 

出版コンサルティング


ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

書店に行けば、ビジネスで必要なすべての動向を理解できる
出版したい奴は最初にサイトを作れ!
無名著者でも出版デビューは可能
本を出すと批判する側から批判される側になる
ベストセラーの基準を理解する
印税で稼ごうと思う人は出版に向いていない
原稿を書き上げた後に出版を考える
ビジネス書のほとんどはゴーストライターが書いている
ブログやサイトを更新し、雑誌投稿まで行うことが出版への近道
出版は最高のブランディング化ツール
本を出すとあなたのビジネスが加速する
出版でお客様を増やし、人材採用を円滑にする
出版するとマスコミから取材や講演依頼が入るようになる
出版したいことを宣言し、行動し続けると本を出すことができる
一般公募している出版社へ応募して本を出す
出版企画書に必要な項目と中身
出版セミナーや著者講演会に行くと本を出しやすくなる
出版コンサルタントを介して本を出す
ポータルサイトや雑誌へ記事を寄稿して出版する
出版社と編集者の特徴を知る
自費出版は無意味である理由
本はコンセプトが重要:類書を読んで差別化する
本を売るにはプロフィールが重要
本を売るにはタイトルが重要
一冊目の出版(処女作)に全ての力を注ぎこむ
最初の出版(処女作)は「得意なこと」で勝負する
冒頭に最も面白い話を書いた本が売れる
売れる本は読者の「読みたいこと」が書かれている
大量の文章を書いてスリム化させた本は内容が濃い
本の増刷を狙うためには初速が重要
著者による書店営業(書店回り)を極める
Amazonのランキングを上げる方法
Amazonキャンペーンは無意味である
著者による大量買いは本の販売促進の基本
有力な人のメルマガ広告は本を売るために有効
インターネット広告で口コミを起こし、本を売るためには
新聞の半五段広告は本の販売に効果あり
出版したら地元のマスコミを回って献本し、取材依頼を頼む
発売日までの準備で本の売れ行きが決まる
ノウハウが凝縮された本だけがロングセラーになる
ベストセラーの出し方は誰も分からない