ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

本の増刷を狙うためには初速が重要

 

本は著者自ら売らなければいけません。出版社へ任せきりにしているようでは、どれだけ中身が良くても売れることはありません。最初に振り込まれる印税を最後に、あなたの本は誰にも読まれることなく消えていくことでしょう。

 

そうならないためには、自ら率先して宣伝していく必要があります。そこで、初版の印税は全て販促費にまわしましょう。

 

 2つの期間に分けて本を売る
本を売ることを考えたとき、出版直後が最も売れやすいです。これは、当然と言えば当然です。このとき、「最初にどれくらい本が買われていくか」によって、その本が継続的に売れるかどうかが左右されます。

 

初速をつける」と表現されますが、発売直後にできるだけたくさん本を売ることでスピードをつけるのです。こうすることで、書店が本を継続して置いてくれるようになります。

 

出版業界にはジェット返品という言葉があります。出版社から書店へ本が配られたとしても、ジェット返品では「あなたの本が入っている箱」が開けられもせずに返品されます。まずは、これを防ぎましょう。そのために初速をつけるのです。

 

初速をつけるためには、出版してから「最初の1週間」と「最初の1ヶ月」という2つの期間に分けます。

 

発売直後が最も売れることは先に述べた通りですが、もっと言うと「発売後に迎える最初の土日」が1つの区切りです。この土日にどれだけ買われるかによって、「売れる本かどうか」を判断されるからです。当然、売れ行きによって出版社の営業による力の入れ具合も変わってきます。

 

最初の1週間かもしれませんが、この短い期間が1つの大きな節目になります。この間に露出を増やし、できるだけ本を買ってもらうように仕向けなければいけません。

 

たとえ運よく書店に本が並んだとしても、「売れない本」と判断されればすぐに返品されてしまいます。そこで、あなたの本が多少は売れる本であることを書店員に印象付けなければいけません。

 

そして、もう1つの節目が「発売後、最初の1ヶ月」です。あなたが広告を出したりプロモーションを行ったりする際は、1ヶ月の間に集中させるようにしましょう。1ヶ月にどれだけ売れるかによって、書店にあなたの本が継続して置かれるかどうかが決まります。

 

また、この間に初速をつけることができれば増刷までもっていくことができます。出版直後のちょっとした勢いで増刷が可能なため、何としてでも増刷をかけさせるようにしてください。

 

 初版の印税で広告を出す
あなたが本を出す目的は印税で稼ぐことではなく、出版によってビジネスを加速させることです。見込み客と商談する時であっても、出版した本を出して「売れています」と紹介するだけで、その後の話がスムーズに進みます。

 

この状態を実現するためには、これまで話してきた通り本を著者が売っていく必要があります、そこで、広告を出してください。このときはターゲットによって出さなければいけない広告の媒体が異なります。若者向けの本であれば、インターネット広告が有効です。新聞は見なくても、若者はインターネットであれば見ます。

 

一方、お年寄り向けの本であれば、新聞広告を検討してください。お年寄りはインターネットを利用していなくても、新聞であれば毎日読んでいます。あなたの出したい本によって広告を選んでください。

 

新聞といっても、主にビジネスマンが読む新聞があれば、主婦をメインとする新聞もあります。これはあなたが見極めてください。新聞を見れば、本の広告がたいてい載っています。あなたの本と似た属性の広告が載っている新聞を狙ってください。

 

ちなみに、私はインターネット広告と新聞広告の両方を出したことがあります。私の処女作は薬に関する本でしたが、インターネット広告はほとんど反応がありませんでした。考えてみれば分かりますが、薬を頻繁に飲まない若い世代には本のメッセージが刺さりにくかったのです。

 

そこで新聞やラジオなどで本を宣伝したら、それなりに高い反応を得ることができました。薬に興味があるのはお年寄りであるため、そこにアプローチできる適切な媒体を選ばなければいけませんでした。

 

あなたの本の属性に合った広告を出せば、初速をつけるための大きな手助けとなるはずです。最初に振り込まれる数十万円の印税を頼りにして、著者自ら本を売っていきましょう。

 

出版コンサルティング


ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

書店に行けば、ビジネスで必要なすべての動向を理解できる
出版したい奴は最初にサイトを作れ!
無名著者でも出版デビューは可能
本を出すと批判する側から批判される側になる
ベストセラーの基準を理解する
印税で稼ごうと思う人は出版に向いていない
原稿を書き上げた後に出版を考える
ビジネス書のほとんどはゴーストライターが書いている
ブログやサイトを更新し、雑誌投稿まで行うことが出版への近道
出版は最高のブランディング化ツール
本を出すとあなたのビジネスが加速する
出版でお客様を増やし、人材採用を円滑にする
出版するとマスコミから取材や講演依頼が入るようになる
出版したいことを宣言し、行動し続けると本を出すことができる
一般公募している出版社へ応募して本を出す
出版企画書に必要な項目と中身
出版セミナーや著者講演会に行くと本を出しやすくなる
出版コンサルタントを介して本を出す
ポータルサイトや雑誌へ記事を寄稿して出版する
出版社と編集者の特徴を知る
自費出版は無意味である理由
本はコンセプトが重要:類書を読んで差別化する
本を売るにはプロフィールが重要
本を売るにはタイトルが重要
一冊目の出版(処女作)に全ての力を注ぎこむ
最初の出版(処女作)は「得意なこと」で勝負する
冒頭に最も面白い話を書いた本が売れる
売れる本は読者の「読みたいこと」が書かれている
大量の文章を書いてスリム化させた本は内容が濃い
初の出版(処女作)は増刷させろ:印税は全て広告費(販促費)へ
著者による書店営業(書店回り)を極める
Amazonのランキングを上げる方法
Amazonキャンペーンは無意味である
著者による大量買いは本の販売促進の基本
有力な人のメルマガ広告は本を売るために有効
インターネット広告で口コミを起こし、本を売るためには
新聞の半五段広告は本の販売に効果あり
出版したら地元のマスコミを回って献本し、取材依頼を頼む
発売日までの準備で本の売れ行きが決まる
ノウハウが凝縮された本だけがロングセラーになる
ベストセラーの出し方は誰も分からない