ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

Amazonキャンペーンは無意味である

 

著者が本を売るためのプロモーションの1つとして、Amazon(アマゾン)キャンペーンがあります。Amazonキャンペーンとは、著者が「Amazonで本を買ってください」とキャンペーンをすることです。決して、Amazonが勝手に行うキャンペーンではありません。

 

Amazonキャンペーンでは特典を用意します。Amazonで本を買ってくれたお礼として、後で特典を送付するのです。これにより、たくさんの人に本を購入してもらうように仕向けるのです。

 

キャンペーンを行うことにより、Amazonの順位(ランキング)が上がります。ランキングで上位表示されるため、それだけあなたの本が売れやすくなります。ただ、Amazonキャンペーンをしたとしても、ほぼ意味がないことを知っておいた方が良いです。

 

 Amazonキャンペーンは意味がない
メルマガ読者をたくさんをもっている人であるほど、Amazonキャンペーンに強いです。メルマガに登録してまでその人の情報が欲しいということは、言い換えれば「ファン」であるといえます。メルマガ読者の多い人はファンをたくさん抱えているため、Amazonキャンペーンの時に大人数を動員させることができます。

 

Amazonのランキングは短期間の間に購入してくれた方が上がりやすいです。そのため、Amazonキャンペーンを実施するとき、「特定の2日間に限定してキャンペーン」を行う人が多いです。

 

ただし、前述の通り現在ではAmazonキャンペーンはあまり効果はないです。ある程度ネットマーケティングに精通している人であっても、いまだにAmazonキャンペーンを行っていますが、あなたは絶対に行わないようにしてください。

 

かつては、全国の書店員さんはAmazonの順位をチェックしていて、それを書店の仕入れに反映させていた時期がありました。その時期はAmazonキャンペーンによる効果が高く、「Amazon総合1位を取った」という実績だけで本が売れていました。

 

一方、現在のようにAmazonキャンペーンがたくさん行われるようになると、書店員さんもAmazonの順位を参考にすることはなくなっています。

 

もちろん、ずっとランキング上位にあるのであれば、大きな意味があります。しかし、Amazonキャンペーンによる効果は数日で消えます。すぐにランキング外へ飛ぶため、書店の仕入れには反映されないのです。

 

本が売れるのは、圧倒的にリアル書店です。Amazonの影響が大きいとはいっても、そのシェアは約2割程度です。本を売るためには、書店員さんを動かさなければ意味がありません。Amazonで上位表示させたとしても限界があるのです。

 

 書店購入キャンペーンを行う
Amazonキャンペーンは意味ないですが、その代わりに「書店購入キャンペーン」を実施してください。要は、Amazonで本を買うのではなく、リアル書店で本を購入してもらうように仕向けるのです。私も本を出すときは書店購入キャンペーンを行いました。

 

「紀伊國屋書店 新宿本店」や「丸善 丸の内本店」など、キーポイントとなる大型書店が世の中にはいくつかあります。地方の書店によっては、これらの大型書店のランキングを仕入れに反映していることもあります。

 

これらの書店で本を買ってもらうようにすれば、ランキングを上げることが可能です。さらに、書店員さんに「本が売れている」という肌感覚を植え付けることができるため、そのまま継続して本を置いてくれるようになります。

 

Amazonキャンペーンでは、購入後に送られてくる「注文番号」を特典フォームに入力させることが基本です。一方、書店購入キャンペーンでは、注文番号の代わりにレシートの写メを特典フォームに添付させます。レシートが本を購入したという証拠になるのです。

 

このように、あなたが本を出版したときにキャンペーンを行う場合、Amazonではなく書店購入キャンペーンを行いましょう。

 

Amazonキャンペーンをしている人はマーケティングの素人です。本を売るため、「書店で本を置いてもらうようにするには?」を必死で考えましょう。そうすれば、Amazonではなく書店購入キャンペーンを行うことくらい、自然に理解できるはずです。

 

出版コンサルティング


ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

書店に行けば、ビジネスで必要なすべての動向を理解できる
出版したい奴は最初にサイトを作れ!
無名著者でも出版デビューは可能
本を出すと批判する側から批判される側になる
ベストセラーの基準を理解する
印税で稼ごうと思う人は出版に向いていない
原稿を書き上げた後に出版を考える
ビジネス書のほとんどはゴーストライターが書いている
ブログやサイトを更新し、雑誌投稿まで行うことが出版への近道
出版は最高のブランディング化ツール
本を出すとあなたのビジネスが加速する
出版でお客様を増やし、人材採用を円滑にする
出版するとマスコミから取材や講演依頼が入るようになる
出版したいことを宣言し、行動し続けると本を出すことができる
一般公募している出版社へ応募して本を出す
出版企画書に必要な項目と中身
出版セミナーや著者講演会に行くと本を出しやすくなる
出版コンサルタントを介して本を出す
ポータルサイトや雑誌へ記事を寄稿して出版する
出版社と編集者の特徴を知る
自費出版は無意味である理由
本はコンセプトが重要:類書を読んで差別化する
本を売るにはプロフィールが重要
本を売るにはタイトルが重要
一冊目の出版(処女作)に全ての力を注ぎこむ
最初の出版(処女作)は「得意なこと」で勝負する
冒頭に最も面白い話を書いた本が売れる
売れる本は読者の「読みたいこと」が書かれている
大量の文章を書いてスリム化させた本は内容が濃い
初の出版(処女作)は増刷させろ:印税は全て広告費(販促費)へ
本の増刷を狙うためには初速が重要
著者による書店営業(書店回り)を極める
Amazonのランキングを上げる方法
著者による大量買いは本の販売促進の基本
有力な人のメルマガ広告は本を売るために有効
インターネット広告で口コミを起こし、本を売るためには
新聞の半五段広告は本の販売に効果あり
出版したら地元のマスコミを回って献本し、取材依頼を頼む
発売日までの準備で本の売れ行きが決まる
ノウハウが凝縮された本だけがロングセラーになる
ベストセラーの出し方は誰も分からない