ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

出版するとマスコミから取材や講演依頼が入るようになる

 

あなたのビジネスを飛躍させる方法の1つとして出版があります。出版が大きなブランドになり、大量の見込み客を集めることができます。

 

それだけではありません。マスコミからの取材依頼や外部機関からの講演依頼が入るようになります。これは、私が実際に出版を行って経験しています。それまでマスコミとは無縁だったものの、出版を行ったことで多くのメディアに取り上げてもらいました。

 

 本を出すことがきっかけで取材を受ける
出版では、「本を出した」という事実だけがブランディングになると思っている人は多いです。確かに、本は誰でも出せるものではないため、出版しているという事実だけでも多くの人が集まります。

 

ただ、ビジネスのできる人はさらにマスコミまで活用します。マスメディアを活用すれば、不特定多数の人に向けてあなたのメッセージを伝えることができます。これが、あなたのファンを増やすことに繋がります。マスコミからの取材は積極的に受けるようにしましょう。

 

取材といっても、そこまで難しいことは聞かれません。一冊の本を書けるくらいの専門知識をもっているのであれば、スラスラと答えることができるはずです。

 

東京の近くに住んでいるのであれば、東京まで出向いて新聞社や出版社まで出向いて記者から直接取材を受けることになります。

 

ただ、私のような地方に住んでいる人の場合、わざわざ東京まで出向くのは時間とお金の無駄です。この場合は電話で取材を受けるようにしています。地方に住んでいる人であれば、「本社まで来てくれませんか?」と言われたときは電話取材を打診してみてください。

 

実際の取材では、記者が疑問に思っていることや記事として書きたいと考えていることについて質問してくるため、それに対して返答していくだけで終わります。この時、次のような注意点に気を付ける必要があります。

 

 ・レスポンスは素早くする
「対面や電話による聞き取り」や「質問用紙を受け取り、それに記入して返答する」など、取材の形式はさまざまです。このとき、必ずレスポンスを素早くしてください。

 

記者が作り上げる記事には、必ず締切が存在します。記者は常に締切に追われているため、レスポンスを早くした方が喜ばれます。私の場合、たとえ「10日後までに提出してください」と言われたとしても、その日のうちに書き上げ、次の日に推敲してすぐに提出していました。

 

もちろん、対応が早いので記者の方からは大変喜ばれました。

 

 ・顔写真や本の表紙を載せてもらう
たいていの読者は雑誌や新聞記事を斜め読みしています。じっくりと読む人は少ないため、文字情報だけが表示されても思ったほど効果は高くありません。

 

そこで、写真を入れてもらいます。あなたのビジネスを紹介してもらいたいのであれば、顔写真を入れてもらうようにお願いしてみましょう。もちろん、この時はホームページのアドレスを入れるという依頼も忘れてはいけません。

 

また、本の宣伝を行いたいのであれば、本のタイトルと共に表紙の写真を入れてもらうようにしましょう。文字だけでは記憶に残りにくいですが、画像にすると目立ちますので覚えてもらいやすくなります。

 

 著者自ら宣伝を行う
このように、出版によってマスコミから取材が来ることは本当です。ただ、ここまで読むと多くの人は「何もしなくてもマスコミから取材が舞い込み、外部機関から講演依頼を頼まれる」と勘違いします。もちろん、ビジネスはそこまで甘くありません。

 

取材依頼を受けるためには、自分の媒体を活用して本を出したことを積極的に宣伝する必要があります。私も多くのマスコミ関係者からこれまでに取材を受けましたが、すべて私が宣伝していった結果として取材依頼を勝ち取っています。

 

例えば、大手新聞社から取材を受けた際は私のサイト経由で取材依頼が来ました。放送局で仕事をしたときは、私が放送局へ出向いて献本したことがきっかけです。外部機関からの講演依頼であっても、それまでビジネスで信頼関係を築いていた会社の関係によるものです。

 

考えてみれば当たり前ですが、本を出したという事実だけではマスコミ依頼は来ませんし講演依頼もないです。出版後に著者が動くことで、ようやく大きなビジネスが可能になるのです。

 

ただ、センスの良い人であれば、「出版したというブランドを使えば、マスコミを活用することも可能になるのか」と考えます。

 

それまで一緒に仕事ができるとは考えられなかった人たちであっても、出版を上手く活用すれば、これら一流の人と共に仕事ができるようになります。そのような意味で、出版による威力は大きいです。

 

出版コンサルティング


ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

書店に行けば、ビジネスで必要なすべての動向を理解できる
出版したい奴は最初にサイトを作れ!
無名著者でも出版デビューは可能
本を出すと批判する側から批判される側になる
ベストセラーの基準を理解する
印税で稼ごうと思う人は出版に向いていない
原稿を書き上げた後に出版を考える
ビジネス書のほとんどはゴーストライターが書いている
ブログやサイトを更新し、雑誌投稿まで行うことが出版への近道
出版は最高のブランディング化ツール
本を出すとあなたのビジネスが加速する
出版でお客様を増やし、人材採用を円滑にする
出版したいことを宣言し、行動し続けると本を出すことができる
一般公募している出版社へ応募して本を出す
出版企画書に必要な項目と中身
出版セミナーや著者講演会に行くと本を出しやすくなる
出版コンサルタントを介して本を出す
ポータルサイトや雑誌へ記事を寄稿して出版する
出版社と編集者の特徴を知る
自費出版は無意味である理由
本はコンセプトが重要:類書を読んで差別化する
本を売るにはプロフィールが重要
本を売るにはタイトルが重要
一冊目の出版(処女作)に全ての力を注ぎこむ
最初の出版(処女作)は「得意なこと」で勝負する
冒頭に最も面白い話を書いた本が売れる
売れる本は読者の「読みたいこと」が書かれている
大量の文章を書いてスリム化させた本は内容が濃い
初の出版(処女作)は増刷させろ:印税は全て広告費(販促費)へ
本の増刷を狙うためには初速が重要
著者による書店営業(書店回り)を極める
Amazonのランキングを上げる方法
Amazonキャンペーンは無意味である
著者による大量買いは本の販売促進の基本
有力な人のメルマガ広告は本を売るために有効
インターネット広告で口コミを起こし、本を売るためには
新聞の半五段広告は本の販売に効果あり
出版したら地元のマスコミを回って献本し、取材依頼を頼む
発売日までの準備で本の売れ行きが決まる
ノウハウが凝縮された本だけがロングセラーになる
ベストセラーの出し方は誰も分からない