ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

本を出すと批判する側から批判される側になる

 

世の中には「人を批判すること」が大好きな人間がいます。それしか能がないのかと言わんばかりに人をけなすことしか考えていません。

 

ただ、そのような人であるほど出版は難しいです。なぜなら、本を出すということは「批判される側の人間になる」ことを意味するからです。

 

 他人を批判しないことが出版への第一歩
本を出す前であれば、あなたは出版社にとって単なるお客様の1人でしかありません。読者として大切に扱ってもらいます。他人の本をどれだけ批判しても文句を言われることはありません。

 

しかし、出版を行えば「あの本は面白くない」と批判していた側から一変し、今度は「あなたの本は薄っぺらだ」と批判される側になります。

 

これは、それまでに他人の本を批判することの大好きな読者であった人ほど要注意です。なぜなら、批判が好きな人は批判に弱いからです。自分が弱い人間だからこそ、先回りして他人の批判を行おうとします。そのため、批判が好きな人間であるほど出版は向いていません。

 

現在では、インターネット上に不特定多数の人が本の批評を書けるようになっています。このネガティブな意見に耐えらないのです。

 

女性の中には、本を出すことによる批判に耐えられずに本を書くことをあきらめてしまう人がいるくらいです。そのため、「批判」というのは深刻な問題でもあります。

 

ただ、本を出す以上は批判をゼロにすることはできません。そのためには、まずはあなたが他人の本を批判しないことから始まります。そして、たとえ批判の声が届いたとしても、鋼の心をもって動じずに対処できるようになる必要があります。

 

 最初に編集者からこき下ろされる
初めて出版を行おうとする著者の原稿は間違いなく面白くありません。どれだけあなたが「素晴らしい内容だ!」と思っていたとしても、それはあなたの頭の中で想像した内容にすぎません。判断するのは読者であり、その前には最初の読者である編集者がいます。

 

そのため、編集者に原稿を提出すると間違いなくきびしいコメントと共に原稿が付き返されてきます。「この内容はつまらない」、「これでは売れない」、「内容が難しすぎる」とボロクソにいわれます。

 

実際に行ってみれば分かりますが、原稿が真っ赤になって返ってきます。赤で埋め尽くされすぎて、原型をとどめていません。何十ページにもわたる原稿がバッサリと切り捨てられ、「方向性を変えて、文章を書き直してください」といわれることも頻繁にあります。

 

このような厳しいコメントを編集者からもらったのであれば、あなたは心の中で「良かった」と思わなければいけません。

 

原稿が真っ赤になるということは、それだけ丁寧にあなたの原稿に手をかけてもらっているという意味でもあります。著者として本を出す見込みのある人間だと認められたのです。

 

これが全くもってどうしようもない文章力であれば、かなり丁重に扱ってもらいます。「読者として批評を行うお客様の立場でいてもらった方が良い」と出版社に判断されたからです。その場合は本を出すこともなく、読者の立場に居続けることになります。

 

だからこそ、編集者から真っ赤な原稿が返ってきたときは安心しなければいけません。

 

ただ、最終的には一冊の本として形にする必要があります。中には「本を出すためのレベルに達していない」と判断され、原稿執筆が途中で頓挫してしまうことがあります。私の編集を担当してもらった編集者が言っていたので、これは間違いない情報です。

 

そうならないため、特に初出版の場合は編集者のことを全て聞き入れ、改善点を探し、もっている全ての知識を一冊の本に捧げましょう。

 

人から批判されることは良いことです。これが編集者にこき下ろされるのであればなおさらです。ただし、あなたは読者として他人の本の批判を今後は一切行わないようにしましょう。このような考え方を取り入れていくと、本を書くための心構えが少しずつ構築されていきます。

 

出版コンサルティング


ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

書店に行けば、ビジネスで必要なすべての動向を理解できる
出版したい奴は最初にサイトを作れ!
無名著者でも出版デビューは可能
ベストセラーの基準を理解する
印税で稼ごうと思う人は出版に向いていない
原稿を書き上げた後に出版を考える
ビジネス書のほとんどはゴーストライターが書いている
ブログやサイトを更新し、雑誌投稿まで行うことが出版への近道
出版は最高のブランディング化ツール
本を出すとあなたのビジネスが加速する
出版でお客様を増やし、人材採用を円滑にする
出版するとマスコミから取材や講演依頼が入るようになる
出版したいことを宣言し、行動し続けると本を出すことができる
一般公募している出版社へ応募して本を出す
出版企画書に必要な項目と中身
出版セミナーや著者講演会に行くと本を出しやすくなる
出版コンサルタントを介して本を出す
ポータルサイトや雑誌へ記事を寄稿して出版する
出版社と編集者の特徴を知る
自費出版は無意味である理由
本はコンセプトが重要:類書を読んで差別化する
本を売るにはプロフィールが重要
本を売るにはタイトルが重要
一冊目の出版(処女作)に全ての力を注ぎこむ
最初の出版(処女作)は「得意なこと」で勝負する
冒頭に最も面白い話を書いた本が売れる
売れる本は読者の「読みたいこと」が書かれている
大量の文章を書いてスリム化させた本は内容が濃い
初の出版(処女作)は増刷させろ:印税は全て広告費(販促費)へ
本の増刷を狙うためには初速が重要
著者による書店営業(書店回り)を極める
Amazonのランキングを上げる方法
Amazonキャンペーンは無意味である
著者による大量買いは本の販売促進の基本
有力な人のメルマガ広告は本を売るために有効
インターネット広告で口コミを起こし、本を売るためには
新聞の半五段広告は本の販売に効果あり
出版したら地元のマスコミを回って献本し、取材依頼を頼む
発売日までの準備で本の売れ行きが決まる
ノウハウが凝縮された本だけがロングセラーになる
ベストセラーの出し方は誰も分からない