ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

原稿を書き上げた後に出版を考える

 

出版をしたい人はたくさんいます。しかし、既に原稿を書き上げている人は極端に少ないです。出版したいと思っている人に聞いてみると、「企画はありますが、原稿はまだ書いていません」と平気で言います。

 

ただ、残念ながらそのような人が出版できるようになるとは到底思えません。本気で出版したいと思うのであれば、誰に言われなくても原稿を書いてしまうのが普通だからです。

 

 ぐだぐだ言わずに原稿を書き上げる
「原稿を書いていないが出版はしたい」という人の内容を聞くと、たいてい面白くありません。独りよがりのコンテンツであり、単に自分が書きたいことを本にしようと考えています。本を出した後のことを考えず、出版すること自体が目的になっています。

 

そうではなく、「自分の中にあるコンテンツを世間に伝えたい」という情熱のある人であれば、出版が決まる前に原稿を書き上げます。

 

私もその中の一人でした。コンサル生の中に出版している人がいたため、それをきっかけに「私も本を出したい」と思うようになりました。その2ヶ月後には大手出版社の編集者と打ち合わせをする段階にまでこぎつけることができ、運よくその出版社から本を出すことができました。

 

出版社へ出向くまでの2ヶ月の間、私はそれまでに新たに出版用の原稿を書いていました。このときの文字数は10万文字程度です。1冊の本が10万文字といわれているため、内容としてはそのまま出しても問題ないくらいの量です。

 

実際は新たに原稿を作成することになりましたが、書き上げていた原稿の2割をそのまま使用し、活かせる部分は活用しました。また、出版社と打ち合わせするときに既に書き上げていた原稿の一部を渡し、その場でアドバイスをもらうこともできました。

 

そういう意味では、原稿をあらかじめ書いていたことは私にとって大きなプラスでした。

 

本を出すことのできる人は誰に言われなくても原稿を書いてしまいます。「企画が通らないと原稿を書いても意味がない」という戯言をいう人は多いですが、そうではありません。

 

原稿を書くことで、ようやく企画になります。「このようなストーリーで本を書きたい」と机上の空論を繰り広げるのではなく、既に書き上げた原稿からタイトルや目次を作るのです。そうすれば、出版を通してあなたが伝えたい内容をより明確にできます。

 

また、編集者が最も心配することとして、「この人は本当に原稿がかけるのか」ということがあります。既に原稿をもっているのであれば、この原稿を送ることで編集者の心配をすべて取り去ることができます。原稿から著者の力量をみることができるため、編集者の心配もなくなります。

 

 没原稿は再利用する
本を出したいと思っているのであれば、サイトやブログを行うことは必須です。サイトやブログに記事を書きためて出版に至った人はいくらでもいますし、アクセスが集まる媒体を作れば本を出したときの宣伝ツールになります。

 

出版が決まる前に原稿を書き上げておく重要性は先に述べた通りですが、このときは間違いなく没原稿が大量に出てきます。私であっても、やり取りを行う中で編集者に何十ページにもわたってザクッと文章を削られたことが頻繁にあります。

 

ただ、たとえ原稿を削られたとしても、サイト運営を行っていれば無駄になることはありません。

 

削られた原稿をどのようにするかというと、没原稿をそのままサイト上にアップします。本にならなかった原稿には変わりませんが、あなたが本に載せようと思ったくらいのコンテンツです。その内容をそのままサイトに載せれば、アクセスを集めることができるはずです。

 

私の場合、初出版を果たした本の没原稿をそのままウェブ上に公開しただけで、合わせて月1万PV以上を集めるコンテンツへと成長しました。このように、手元に眠らせておくのではなく、たとえ没原稿であっても有効活用しなければいけません。

 

サイト運営を行っていれば、原稿を書くことによる無駄は一切生まれません。出版を考えている人であるほど原稿を書き上げることから始める必要があります。

 

出版するためのコツを聞いて回っている人は多いです。むしろ、そのような人が大多数です。ただ、残念ながら人にコツを聞いて回っている段階では出版は厳しいと言わざるを得ません。

 

一方、方法によっては私のように2ヶ月で編集者と打ち合わせをするようになり、その半年後に出版してしまうことも可能です。私は他の人に本を出すためのコツを聞いたことはありませんでしたが、出版に向けて2ヶ月という短い間に圧倒的な行動をしたことは確かです。

 

いつまで経っても出版できない人は「出版のコツを聞く」という無駄な行為をします。これを改め、まずは大量の文章を書くことから始めなければいけません。「原稿を持っていない」と言っている時点で本を出す資格はありません。

 

出版コンサルティング


ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

書店に行けば、ビジネスで必要なすべての動向を理解できる
出版したい奴は最初にサイトを作れ!
無名著者でも出版デビューは可能
本を出すと批判する側から批判される側になる
ベストセラーの基準を理解する
印税で稼ごうと思う人は出版に向いていない
ビジネス書のほとんどはゴーストライターが書いている
ブログやサイトを更新し、雑誌投稿まで行うことが出版への近道
出版は最高のブランディング化ツール
本を出すとあなたのビジネスが加速する
出版でお客様を増やし、人材採用を円滑にする
出版するとマスコミから取材や講演依頼が入るようになる
出版したいことを宣言し、行動し続けると本を出すことができる
一般公募している出版社へ応募して本を出す
出版企画書に必要な項目と中身
出版セミナーや著者講演会に行くと本を出しやすくなる
出版コンサルタントを介して本を出す
ポータルサイトや雑誌へ記事を寄稿して出版する
出版社と編集者の特徴を知る
自費出版は無意味である理由
本はコンセプトが重要:類書を読んで差別化する
本を売るにはプロフィールが重要
本を売るにはタイトルが重要
一冊目の出版(処女作)に全ての力を注ぎこむ
最初の出版(処女作)は「得意なこと」で勝負する
冒頭に最も面白い話を書いた本が売れる
売れる本は読者の「読みたいこと」が書かれている
大量の文章を書いてスリム化させた本は内容が濃い
初の出版(処女作)は増刷させろ:印税は全て広告費(販促費)へ
本の増刷を狙うためには初速が重要
著者による書店営業(書店回り)を極める
Amazonのランキングを上げる方法
Amazonキャンペーンは無意味である
著者による大量買いは本の販売促進の基本
有力な人のメルマガ広告は本を売るために有効
インターネット広告で口コミを起こし、本を売るためには
新聞の半五段広告は本の販売に効果あり
出版したら地元のマスコミを回って献本し、取材依頼を頼む
発売日までの準備で本の売れ行きが決まる
ノウハウが凝縮された本だけがロングセラーになる
ベストセラーの出し方は誰も分からない