ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

Amazonのランキングを上げる方法

 

店舗運営で展開している書店がすべてではなく、現在はインターネットを活用して本を取り寄せることが可能です。これらネット書店の中でも、最もシェアの大きい書店がAmazon(アマゾン)です。

 

Amazonで売り上げランキングの上位に入れば、それだけであなたの本が売れるようになります。そこで、どのようにしてAmazonランキングが上がっていくのかについて解説していきます。

 

 注文冊数ではなく、注文回数でランキングが動く
「Amazonランキングを上げる」とはいっても、何もせずにランキングが上がることはありません。ランキングが動くためには、当然ながら「あなたの本がAmazonで売れる」という条件が必要です。ただ、どのようにすれば効率よくランキングが動くのか説明します。

 

まず、Amazonランキングが動くためには「注文回数」が多いほど良いです。1回注文を受けるよりも、2回、3回とたくさん注文を受けた方が有利です。

 

これは、「注文冊数」ではないことに注意が必要です。例えば、10冊の注文がAmazonに入ると仮定します。このときは1人が10冊購入するよりも、10人が1冊ずつ購入した方がAmazonランキングは上がりやすいです。理由は先に述べた通り、注文冊数よりも注文回数の方が重視されるからです。

 

もしあなたが献本を行うためにAmazonで本を取り寄せる場合、一度に何冊も注文するのではなく、面倒でも1冊ずつ注文してください。そうすれば、ランキングに大きな影響を与えることができます。

 

 「なか見! 検索」は必要
書店で本を買うとき、多くの人は立ち読みをします。しかし、ネット書店では立ち読みが難しいです。そこで、Amazonでは「なか見! 検索」というシステムが導入されており、本の中を立ち読みできるようになっています。

 

「なか見! 検索」があるかないかによって、本の売り上げが相当違ってきます。それは絶対に行うようにしましょう。「なか見! 検索」で立ち読みできるようにするには、出版社から作業をしてもらわないといけないため、ぜひとも担当してもらっている編集者と相談してください。

 

 レビューは数が多くて評価数が高ければ良い
Amazonには「レビュー」という制度があります。その本を実際に読んだ方が星マークで評価し、さらにコメントを載せるというものです。誰でも想像できますが、レビューの数が多いほど、また本の評価が高いほど売れていきます。

 

もしあなたがメルマガなどによってファンを抱えているのであれば、「レビューを書いていただけないでしょうか?」とお願いしてみるのも有効な方法です。

 

ただし、絶対にヤラセをしてはいけません。ビジネス書の中には発売直後に本を絶賛するコメントがズラッと並ぶことがありますが、誰が見てもヤラセだと分かります。

 

レビューを書いてもらうとはいっても、お願いする程度に留めましょう。私も他の人にレビューを強要させたことは一回もありません。辛口コメントも含めて、自然なレビューで多くの声を集めることがAmazonランキングを押し上げることに繋がります。

 

あなたがこれまでに有益な情報発信を心がけていれば、自然とファンが付きます。これらのファンがレビューを書いてくれるかもしれませんし、周りの友達に働きかけてくれるかもしれません。

 

ヤラセで埋められたレビューは異様な雰囲気を発するようになりますが、自然に増えたレビューはその後の資産になります。小手先のテクニックに走ることは考えないようにしましょう。

 

このように、Amazonランキングに影響を与える重要な要素を解説しました。Amazonランキングを好きなように上げる魔法の方法は存在しませんが、このような知識をもてば、より効果的にランキングを上げることができます。後は、あなたが本を売るためにマーケティングを仕掛けるだけです。

 

出版コンサルティング


ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

書店に行けば、ビジネスで必要なすべての動向を理解できる
出版したい奴は最初にサイトを作れ!
無名著者でも出版デビューは可能
本を出すと批判する側から批判される側になる
ベストセラーの基準を理解する
印税で稼ごうと思う人は出版に向いていない
原稿を書き上げた後に出版を考える
ビジネス書のほとんどはゴーストライターが書いている
ブログやサイトを更新し、雑誌投稿まで行うことが出版への近道
出版は最高のブランディング化ツール
本を出すとあなたのビジネスが加速する
出版でお客様を増やし、人材採用を円滑にする
出版するとマスコミから取材や講演依頼が入るようになる
出版したいことを宣言し、行動し続けると本を出すことができる
一般公募している出版社へ応募して本を出す
出版企画書に必要な項目と中身
出版セミナーや著者講演会に行くと本を出しやすくなる
出版コンサルタントを介して本を出す
ポータルサイトや雑誌へ記事を寄稿して出版する
出版社と編集者の特徴を知る
自費出版は無意味である理由
本はコンセプトが重要:類書を読んで差別化する
本を売るにはプロフィールが重要
本を売るにはタイトルが重要
一冊目の出版(処女作)に全ての力を注ぎこむ
最初の出版(処女作)は「得意なこと」で勝負する
冒頭に最も面白い話を書いた本が売れる
売れる本は読者の「読みたいこと」が書かれている
大量の文章を書いてスリム化させた本は内容が濃い
初の出版(処女作)は増刷させろ:印税は全て広告費(販促費)へ
本の増刷を狙うためには初速が重要
著者による書店営業(書店回り)を極める
Amazonキャンペーンは無意味である
著者による大量買いは本の販売促進の基本
有力な人のメルマガ広告は本を売るために有効
インターネット広告で口コミを起こし、本を売るためには
新聞の半五段広告は本の販売に効果あり
出版したら地元のマスコミを回って献本し、取材依頼を頼む
発売日までの準備で本の売れ行きが決まる
ノウハウが凝縮された本だけがロングセラーになる
ベストセラーの出し方は誰も分からない