ビジネス思考への転換

ネットワークビジネスのメリットとデメリット

世の中にはさまざまなビジネスが存在します。その中のひとつとしてネットワークビジネスが存在します。私はネットワークビジネスを推奨する立場ではなく、むしろあまり「行わない方がいいのでは」と考えています。ネットワークビジネスは一見するとねずみ講であり、友達を失いやすく周囲の理解を得にくいからです。

ただ、私はネットワークビジネスのすべてを否定しているわけではありません。そこで、まずはネットワークビジネスとは何かを説明し、そこからビジネスの概要についてさらに解説していこうと思います。ビジネスを考えるうえで、こうしたビジネス形態が存在することを学んでおくことは重要です。

ネットワークビジネスのビジネス形態

通常のビジネスであれば、取引した人に対して報酬が発生します。例えば、100円のりんごを仕入れて150円で売れば、50円の儲けになります。これは一対一で行うビジネス形態であるため、シングルレベルマーケティング(SLM)といわれます。世の中で行われているほとんどのビジネスがこの形態です。

一方、報酬が発生したときに複数の人間で分け合う形態が存在します。この場合、ある一人の人間がいて、その下に紹介者がつき、またその下に紹介者がつくという形になります。これを図式化したものが以下になります。

aesg2

この場合、先ほどのりんごの例であれば、儲けである「50円の利益」を複数の人間で分け合います。例えば、「自分の取り分は30円」にして、残り20円を「自分よりも上のランクの人に渡す」ということを行います。このように、一つの商品の利益を複数の人間で取り分けることをザックリとマルチレベルマーケティング(MLM)といいます。

いくら自分が頑張って商品を売ったとしても、そのうちの大部分は上の人間に吸い取られていきます。そのため、自分が大きな収益を上げるためには、頑張って商品を売るよりも、「自分の下にたくさんの人を付けて彼らに頑張って商品を売ってもらう」という形態を取らなければいけません。

このビジネス形態はねずみ講とまったく同じです。ただ、ねずみ講は商品などを一切介さない方法であるのに対して、ネットワークビジネスではサプリメントや化粧品などの商品を流通させることで法律を逃れています。

ここまでを理解したうえで、ネットワークビジネスのメリットとデメリットについて解説していきます。

権利収入を得られるが、正直苦労する

ネットワークビジネスの最大の利点は権利収入を得られることにあります。要は、不労所得のことです。自分が頑張って動かなくても、他の人が商品を頑張って売ってくれたり、人のスカウトや採用を行ってくれたりする仕組みを構築できれば、自動でお金が舞い込んでくるようになります。

こうした不労所得は、「不動産」「会社経営」「ウェブサイト運営」などさまざまな事業で、その権利収入を構築することができます。その中のひとつがネットワークビジネスであり、収入に上限がありません。また、ビジネスが上手く回って成功者になるほど、時間とお金が生まれます。

このように時間とお金に縛られない働き方を実現可能なのがネットワークビジネスです。

ただ、大きな問題点があります。それは、最初はかなり苦労するということです。当然ですが、ビジネスに楽なものはありません。不労所得といえば聞こえはいいですが、それを構築するには多大なる労力が必要なのです。

よくネットワークビジネスを語る人は「夢を叶える」とか、「仲間を作る」などの聞こえの良いことを言いますが、実際のところ行うとなればかなり現実的なビジネスの壁が立ちはだかるだけです。

ネットワークビジネスというのは、いわゆる「営業」と同じです。売る商品が「ネットワークビジネスへの勧誘」になっただけであり、人との信頼関係を築いて自分のコミュニティを築くという意味では、生命保険や不動産などの敏腕営業マンが行っていることと同じ行動を実践する必要があるわけです。

そのため、ネットワークビジネスで成功するためには大きな営業スキルが必要ですし、努力も必要です。そのため、実際にネットワークビジネスで上手くいっている人は全体の数%程度です。「夢を叶える」とはいっても、全体のトップ数%に入らなければ夢は叶えられないという現実が待っています。

多くの人は勧誘方法を間違えている

また、ネットワークビジネスを実践すると友達をなくすといいますが、これは半分正解であり、半分は間違いです。多くの人は間違った方法で勧誘するため、友達を失うのです。

例えば、ネットワークビジネスをしている人であれば、数回しか会っていない人でも「あなたのことを考えてこのビジネスに誘っている」ということを平気で言います。ただ、昔からの旧友ならともかく、まだ信頼関係も構築していない段階から「あなたのことを考えている」と言われたとしても、ウソにしか聞こえません。

これと同じように、昔の友達に連絡していきなりネットワークビジネスに誘ったとしても嫌悪感しか抱かれません。あなたがいきなり昔の友達から電話がきて、「生命保険に入ってくれないか!」といきなり売込みをされたら嫌がるのと同じように、急にネットワークビジネスに誘っても拒否されるのです。

自分がされたら嫌だと分かるにも関わらず、ネットワークビジネスの人はなぜか他人に対しては平気で嫌がることを行います。これが、ネットワークビジネスをしている人が嫌われる原因です。

ただ、中にはネットワークビジネスで感謝される人もいます。これは、必要な人を見極めて営業をしているからです。

例えば生命保険であれば、節税に悩んでいる社長に提案すれば喜ばれます。生命保険など、普通なら嫌がられる商品であっても、それを望んでいる人に提案すれば感謝されるのです。これと同じことは、ネットワークビジネスにもいえます。

「必要な人にだけ、必要なものを売る」というのは、営業の基本です。だからこそ、ネットワークビジネスでは営業能力が要求されるのです。

ネットワークビジネスの商品は高品質である

なお、ネットワークビジネスで流通している商品は高品質であることを述べておきます。しかし、世の中には高品質の商品を保有しているものの、それを売る力のない人が多いです。

「完全オーガニックの化粧品」「アトピーに大きな改善効果を示す健康食品」など、世の中には素晴らしい商品がたくさんあります。ただ、どれだけ高品質の商品があったとしても、それが売れるかどうかは別の話です。ビジネスにおいて、「商品が良ければ勝手に売れる」というのは幻想なのです。

ビジネスでは、商品の売り方を知っている人が勝ちます。どれだけ良い商品や技術をもっていたとしても、結局のところ広告宣伝を含めて集客できる人がビジネスで強いです。

実際、日本には高度な技術力をもった町工場がいくつも存在します。ただ、それらの会社は自らの力でお客様を集めることができないため、大企業の下請けとして細々と仕事を行っているのです。こうした状況はどの業界にも共通しており、サプリメント・健康食品や化粧品業界にも同じことがいえます。

それでは、先ほどのような「高品質のサプリメントや化粧品を保有しているものの、売り方が分からない会社」はどのように考えるでしょうか。その答えはさまざまですが、回答のひとつに、ネットワークビジネスの会社に自社商品を流すという選択肢があります。

ネットワークビジネスの会社に商品を流通させれば、会員が口コミによって商品を一気に宣伝してくれます。その結果、サプリメント会社や化粧品会社は何もしなくても勝手に商品が売れていくようになるわけです。

良い商品を保有していても売り方を知らない企業が多いため、そうした会社が自社商品をネットワークビジネスに流すことはよくあります。こうした理由から、ネットワークビジネスで流通している商品は高品質のものが多いのです。そのため、ネットワークビジネスの会員ではあるものの、勧誘活動などは一切せず、ネットワークビジネス会社が販売している商品だけ活用している人も中には存在します。

本気でサポートしてくれるチームに入る

そして、本気でネットワークビジネスで成功したいのであれば、当然ですがきちんと「成功する方法を教えてくれて、さらにはサポートしてくれるチーム」に入る必要があります。例えば、「ネットワークビジネスアカデミー」というサイトを運営しているチームのように、トータルでサポートしてくれるチームに入らなければ成功は難しいです。

成功する一番の方法は「最短で成功する方法を知っている人に聞く」ということです。これと同じように、ネットワークビジネスでも適切なチームメンバーに入らなければいけません。

少なくとも、これまで述べてきたような強引な勧誘を行ったり、「あなたの夢は何ですか?」のような薄っぺらいことを平気で言う人が多いチームに入ったりしても成功はありません。メリットやデメリットを含めてすべてを正直に話してくれ、さらには真っ当にネットワークビジネスを実践している人からビジネスを学ぶのが成功への近道です。

一見すると当たり前のようですが、意外とこれらを行っている人は少ないです。そのため、当たり前のことを愚直に実行すれば、ネットワークビジネスであっても成功できてしまいます。

このように、ネットワークビジネスに関するメリットとデメリットを述べてきました。ビジネスである以上、ネットワークビジネスで夢を叶えるには並大抵の努力では足りませんし、営業力を磨く必要もあります。もちろん、真っ当なビジネスを教えてくれる適切なチームに入ることも重要です。

ネットワークビジネスに取り組むのであれば、こうしたことを理解しておくべきです。権利収入を得られるのは本当ですし、商品の品質が高いのも間違いありません。ただ、聞こえのよいことばかりを信じるのではなく、もっと現実的に物事をとらえるようにしましょう。そうすれば、ネットワークビジネスであっても成功できるはずです。

運営している主なポータルサイト


役に立つ薬の情報~専門薬学

 サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

 2006年2月:薬学系サイトの運営開始
 2012年7月:サイト運営でビジネスが出来ることを知り、
 本格的にビジネスを行い始める

 コンセプト:
 誰からも感謝される
 社会的地位の高いポータルサイト運営


ポータルサイト構築法:メルマガ登録



サブコンテンツ

このページの先頭へ