ビジネス思考への転換

ももクロの戦略:ファンを使って口コミ(バイラル)を起こす

ももクロというアイドルグループをご存じでしょうか。私はアイドルに全く興味がなく、詳しくありません。ももクロのメンバー名はもちろん知らないですし、スーパー戦隊シリーズのように赤とか緑の人たちがいたような気がします。

顔もあまり思い出せません。AKB48の後に出てきた(ような気がする)、アイドルユニットです。ただ、彼女たちの戦略から学ぶべきものはたくさんあります。

 ファンが口コミになる

彼女らのスタイルはプロレスの世界観を取り入れたものです。メンバーやファンを驚かせるためのストーリーを作り、ただのライブを物語に仕立て上げました。あるライブでは大量の水を観客席に向けて放水し、前列のファンをずぶ濡れにしたと言います。

このように、何かを組み合わせることは重要です。ただのライブでは面白くありません。2つ以上を組み合わせたビジネスを行うと、ようやく差別化が可能になります。

そして、彼女らの良いところは、「ファンたちと交流した時の写真を自由にネット上へアップさせた」ことです。

通常、アイドルと一緒に撮影した写真を公開することを事務所は禁止しようとします。握手だけにとどまり、写真すら撮らせてくれないこともあります。一方、ももクロはこれを全てOKにしました。

するとどうなるでしょうか。ファンたちは喜んでその様子を公開しようとします。多分、ものすごく自慢げに友達に言いふらしたのではないでしょうか。こうなると、ネット上での拡散も早まります。

分かりやすく言うと、口コミを起こしたというわけです。この様子を見た人たちは、「自分もあのライブに行きたい」と思うようになります。そして、このマーケティング通り、ももクロのライブは超満員になるまでに成長したというわけです。

通常、広告費には莫大な費用がかかります。しかし、この広告費を支払わなくても、無料で影響力の大きい口コミをしてくれる人が大勢います。それが、「アイドル好きのファンたち」だったというわけです。

マーケティングの最初は「認知」から入ります。この「認知」の部分を最大限にするため、ももクロは写真の公開などを許しました。そこから後は、ライブへ誘導することで収益を回収していくという流れです。

いくら写真や動画で公開されたとしても、「生で会いたい」「動いている姿を見たい」という部分だけはライブに行かなければ達成できません。だからこそ、口コミで認知させた後の有料商品への流れがスムーズにいくのです。

この場合、無料で認知させればさせるほど、ライブという有料商品への流れにもっていくことができます。そのため、積極的な写真の公開を推奨したのです。

 情報を公開する人ほど稼げる

これはリアルビジネスの話ですが、全てのビジネスは共通しています。ネットビジネスでもリアルビジネスでも同様です。

私がビジネスを教えるとき、まずは「全ての情報を公開してください」と指導します。ただ、頭では理解していても、実際に行動できる人は圧倒的に少数です。

「ここから先はメルマガの特典にしようと思っています」

「出版しようと思っているため、一部までしか出せません」

このようなケチな思考に陥っている人は多いです。しかし、情報を公開できる人の方が稼げます。それは、情報を公開することにより、マーケティングで一番最初の部分で必要となる「認知」が圧倒的に楽になるからです。

本来であれば広告費をかけなければいけませんが、これが全て無料になります。しかも、一回でもそのシステムを組んでしまえば永遠と稼働し続けます。この「全公開」というマインドセットができると、ビジネス思考が動き始めます。

ちなみに、彼女たちはリアルでの交流を大切にします。

インターネットが発達することで、多くのことができるようになりました。しかし、感情や思っていることまで正確に伝えることはできません。そのため、メールでも絵文字を使ったり、スタンプ機能を利用したりして感情を伝えようとします。

一方、対面であれば全てがリアルタイムで伝わります。インターネットは素晴らしい技術ですが、インターネットが優れているものとそうでないものがあります。これを理解しなければいけません。

例えば、私であっても、コンサルであれば基本的に対面で行います。もし場所の問題で難しければ、メールではなくて電話で行います。

他にも、私はバイトに文章を書かせることもありますが、給料を渡すときは対面での手渡しです。これには「信頼関係を築く」というきちんとした意味があります。在宅で可能なバイトを動かす時、上手くいっていない人は多いです。この理由は、単に信頼関係が築けていないからです。

便利な世の中ではありますが、インターネットの得意な部分とそうでない部分を見極めないといけません。

例えば、ももクロにとっての口コミは「ファンとの交流」というリアルの場から生まれ、口伝えやネットでの拡散を通して認知されていきました。これと同じように、リアルとネットを交えてビジネスを行わなければいけません。

運営している主なポータルサイト


役に立つ薬の情報~専門薬学

 サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

 2006年2月:薬学系サイトの運営開始
 2012年7月:サイト運営でビジネスが出来ることを知り、
 本格的にビジネスを行い始める

 コンセプト:
 誰からも感謝される
 社会的地位の高いポータルサイト運営


ポータルサイト構築法:メルマガ登録



サブコンテンツ

このページの先頭へ