ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

売掛金の増加や大量の棚卸資産で「黒字倒産」が起こる仕組み

 

世の中には、黒字倒産という言葉があります。会社が黒字であるにも関わらず、倒産してしまうのが黒字倒産です。なぜ、黒字であるにも関わらず会社が潰れてしまうのでしょうか。これを理解するためには、「会社が倒産する条件」を最初に学ぶ必要があります。

 

その後、「どのような場合で黒字倒産が起こるのか」を理解すれば、現金の回収がどれだけ重要なのか分かるようになります。

 

 黒字倒産の仕組み
利益が出ているにもかかわらず、会社が破産してしまうのは不思議な気がします。ただ、現実に黒字倒産をする企業はたくさんあります。

 

そもそも、赤字や黒字は倒産に関係ありません。黒字でも倒産する会社があれば、毎年赤字でも何とか凌いでいる会社もあります。この違いは何かというと、「会社の中に現金があるかどうか」です。

 

いくら売上や利益が出ていたとしても、現金を回収できていないことはよくあります。多くの企業はツケで商売するからです。商品を売ったとしても、それは「お金を受け取れる権利が発生した」というだけであり、相手先が支払ってくれなければ現金は入ってきません。

 

例えば、あなたが現金100万円をもっていたとします。ここから、90万円を使って商品を仕入れ、200万円で売ったとします。このときの利益は「200万円(売値) - 90万円(仕入れ値) = 110万円」です。ただ、商品を送ったとしても、実際の入金が数か月後であればどうでしょうか。

 

後で200万円の入金が約束されているにしても、手元には「100万円(元々のお金) - 90万円(商品の仕入れに使ったお金) = 10万円」しかありません。200万円が入ってくるまで、10万円で家賃や経費の支払いなどを工面する必要があります。

 

このとき、「急に銀行からお金の返済を要求された」「相手先から、1年後でいいと言われていた請求書の支払いを明日中にして欲しいといわれた」などの非常事態が起こると、会社は倒産します。「お金の支払いが滞る=会社の倒産」を意味するからです。

 

このように、たとえ利益が出ていたとしても、社内に現金がなくてお金を支払えなくなれば、会社は潰れてしまいます。これが、黒字倒産が起こる仕組みです。

 

赤字だから倒産するのではなく、お金の支払い能力がなくなるから会社は倒産するのです。社長の財布からまかなうことができれば倒産を免れますが、それでも限界はあります。次に、黒字倒産が起こるケースをみていきます。

 

 大量の売掛金がある場合
企業間での商売はツケ払いが基本です。企業が商品を売り上げたとき、ツケにしておいて後でお金を回収するのです。このとき、「ツケておいたお金」のことを売掛金といいます。売掛金は「後でお金を受け取ることのできる権利」ともいえます。

 

先に示した例では、90万円の商品を200万円で売っていました。このときは「200万円の売掛金が発生した」となります。言い換えれば、「後で200万円を受け取る権利が発生した」といえます。ただし、売掛金によって売上を計上したとしても、入金はまだまだ先です。

 

お金が入ってきていないため、その間は何とかしてやり繰りしなければいけません。つまり、売掛金が多いとその分だけ資金不足に陥ります。このときに銀行への返済や急なお金の請求をされたとき、支払い能力がないと会社の命はそこで終わります。

 

 大量の棚卸資産がある場合
他にも、大量の棚卸資産が存在するケースでも黒字倒産が起こります。棚卸資産とは、簡単に考えると「在庫」のことだと思ってください。商品がないとビジネスができないため、売るための商品や材料をストックしておく必要があります。これが在庫です。

 

在庫を仕入れると、その分だけ相手先への現金の支払い義務が発生します。これについては、問題ないはずです。ただ、売上を計上するときに問題が発生します。

 

売上として数字を上げるためには、実際に商品が売れなければいけません。このときの利益は「売上-売上原価(商品の仕入れ値)=利益」で算出します。

 

商品が売れたときに売上が発生するのと同じように、売上原価も商品(在庫)が売れたときに発生します。商品(在庫)が売れると、それだけ売上原価は増えていきます。逆に言えば、「商品(在庫)が売れ残るほど売上原価が少なくなる」ことを意味します。

 

売上原価は「期首棚卸資産(最初にあった在庫)+当期仕入高(1年で売った在庫)-期末棚卸資産(売れ残った在庫)」で計算します。

 

この式から見て分かる通り、期末棚卸資産(売れ残った在庫)が多ければ多いほど、売上原価の数値が少なくなります。つまり、見た目上の利益額は多くなります。

 

利益額は多くても、在庫がお金になるのは「実際に商品(在庫)が売れて入金されたとき」だけです。しかし、在庫が多いほど利益額が増えるという矛盾が起こるため、黒字であるにも関わらずお金がないという状況に陥ります。

 

見た目の利益額に捉われていると、会社内に現金がない状態に気が付きにくいです。そのため、過剰在庫(大量の棚卸資産)は避けなければいけません。

 

このように、売掛金の増加(入金のタイミングのズレ)や大量の棚卸資産(在庫が増えることで見かけ上の利益が増える)などによって黒字倒産が起こります。他にも黒字倒産の理由はありますが、この2つを理解していればひとまずは問題ありません。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

会計学を学ぶ前に理解すべきポイント
損益計算書で把握する売上と利益の種類
損益計算書から経費(費用)の概念を学ぶ:直接費、間接費
貸借対照表の見方・読み方を学ぶ:資産、負債、純資産
貸借対照表の資産(流動資産、固定資産)を読み解く
貸借対照表の負債(流動負債、固定負債)を読み解く
貸借対照表の純資産(株主資本)を読み解く
売上原価の求め方:在庫(棚卸資産)による罠
決算書から会社の成績・健康状態を把握する
お金の流れ(手元の現金)をみるキャッシュフロー計算書
「営業」「投資」「財務」で分析するキャッシュフロー計算書
決算書の分析法:実数分析、比率分析、時系列分析、他社比較分析
営業利益率は収益性の基本である
総資産利益率(ROA)と自己資本利益率(ROE)の概念
決算書から「付加価値率」や「労働生産性」を読み解く
損益分岐点からみる固定費・変動費の関係
会社が借金をする理由:レバレッジをきかせる
自己資本比率、流動比率、固定比率からみる会社の安全性
キャッシュフロー計算書から把握する会社の安全性
倒産寸前の会社で起こる「債務超過」とは:企業が破産する条件
会社の成長性を読み解く:有機的成長とM&A
会計(アカウンティング)と財務(ファイナンス)の違いとは
リスクとは何か:人間は「不確実」なことを嫌う
ハイリスク・ハイリターンの原則:リスクが高いほど得るものも大きい
リスクは努力によって大幅に減らすことができる
リスク分散の原理・原則を学び、相関と組み合わせを理解する
リスクプレミアムとリスクリーフレートの関係
現在価値と将来価値から考えるリターン(報酬)の考え方
ファイナンスで考えるネットビジネスのリスクは「時間」である
機会費用を大切にして、埋没費用(サンクコスト)は無視する
負債コストと株式資本コストの違いから、資本コストを学ぶ
企業の資金調達コストを示すWACC(加重平均資本コスト)とは
ファイナンス理論から考える「株式会社」の仕組み
株価が上がったり下がったりする理由:株価の変動
ファイナンス理論から考える「保険会社」の仕組み